広報担当のMegumiです。

3月14日(火)ホワイトデー♡に、ライトワーカー育成プログラム~初級・平日コース~

2日目が開催されました。

受講生の皆さんも2回目ということで、初回のような張りつめた緊張感はなく、穏やかな雰囲気の中、

この1週間の報告タイムからのスタートでした。

サイキックプロテクション(リーブル版)をご自身やご家族(二等親以内)に掛けてみて、

どのように変化されたかのご感想です。

劇的な変化を体験された方もいらっしゃれば、劇的ではないけれど「あれ?変わってる!」との変化

を感じられた方もいらっしゃいました。

初回にAyaさんが掛けられた“神聖の錬金術”により、不要なカルマが上がったことで、

多くの方が、身体が楽になったり、人間関係が良好になったりと、カルマによる影響を受けていた事も

実感されたようです。

また、ガードが外れたことにより、本当の感情や感じないでいた事を感じられるようになったとの体験

をされた方もいらっしゃいました。

皆さんとても熱心で、サイキックプロテクションの掛け方や掛かっているか等、疑問に思ったことを

素直に質問されていました。

Ayaさんから「サイキックプロテクションを掛ける。と口に出さずとも思えば、きちんと掛かるし、

掛かっているから大丈夫です。」「やりたいと思えば、どんどん出来るようになる。」との回答に、

皆さん安心されたご様子でした。

 

今回も『守ることの重要性』ライトワーカーとして、自分のケア、自分を大切にすること!

が熱く説かれました。

Ayaさんご自身の体験から、「多くのセラピストやヒーラーは、自分自身への意識が低すぎる為、

自身が癒されていないことにより、癒し(を提供する)でも何でもない。

むしろ癒されていないセラピストやヒーラーのマイナスなエネルギーを受けてしまう事になりかねない。」

「癒しを施してもらう場合には、きちんと施術者のエネルギー状態やどういう人なのかを見ること。」

「守りができる人が、ライトワーカーになることが前提であり、

影響を受けにくくなる事が、自分を大切にするという意識につながる」との教えがありました。

また、Ayaさんが育てたいライトワーカーは

『最高に満たされて、幸せであり、守られて万全な状態のライトワーカー』であるとの想いも

お話されてました。

Ayaさんが常々、定期サポートの重要性をご案内されているのも、こういった理由なのです。

私自身、2016年3月に上級卒業以来、毎月2回のサポートをしていただいております。

人間ですから、必ず問題があるのです。問題のない人はいません。

この1年で、ほとんどを人間的な問題(課題)の解決に取り組んでいただきました。

だからこそ今の私がおります。

一年前には想像すらできなかった程の『幸せと喜び』の中で生きられるようになった、私の真実です。

故に『感謝』しかありません。それに加え、スーパービジョンにて技術的な指導やサイキック能力の開発

をしていただきました。だからもちろん、向上します。

自分自身のエネルギーを整えることがどういうことか、身をもって体験して参りましたので、

この重要性が伝わってくれたら嬉しいなと思いました。

 

『依存や期待からの脱却』では、自分中心ではなく、外がありきで依存・期待が生まれること。

自分がない状態であること。全ては自分がクリエイションしていることが反映されている等のお話から、

自己確立の大切さが説かれました。

 

ランチ後には、サイキックプロテクションの応用方法のシェアがあり、

皆でコーヒーにサイキックプロテクションを掛けて、前後の違いを実感されていました。

皆さん本当に意欲的で、どんどん質問が出ることに「すごいなぁ」と感心した私でした。

 

屋号でもあるオリジナルLOVING『フリーダムディスティニー』の開発への想い・いきさつ、

臨床研究の成果による2016年1月版の構築までの成り立ち等が語られ、欠乏に関する話へと進みました。

“使命に向かわせるワーク”と同時に“愛”のエネルギーが送られると、止め処なく涙が溢れた私です。

「最も欠乏していることが『使命(ライフワーク)』である」との言葉が、とても印象的でした。

 

Ayaさんはお話しながら、今まで皆さんが忌み嫌っていた様々なモノを浮上させ、一機にエネルギーで

整えてくださいます。

今回の最後は、“(自己受容)統合ワーク”にて、それらが整えられ、皆さん更にスッキリされていました。

 

本当に内容の濃い『ライトワーカー育成プログラム』。

「変わりたい」と望み続け「でも変われなかった」方、「生まれてきた意味を知りたい」方、

「苦しみを終わらせたい」方は、ぜひ!受講されてください!

314