広報担当のMegumiです。

4月18日(火)『ライトワーカー育成プログラム~上級・平日コース~』2日目が開催されました。

ドラゴンマスター講習の日でもあり、受講生皆さん、興奮気味のご様子でスタートしました。

 

現在、“集合意識が与える影響“が大きくなっているとのお話から、自己確立の重要性が語られました。

集合意識が与える影響が大きくても、自己確立できている人は、揺さぶられない!

最近、毎回の様にお話されていることから、自己確立がどれだけ重要であるかを知ることができますね。

もっともっと使命へ向かう流れになっている為、

①   自分を受け留めることの大切さ

②   プロセスを恐れない、嫌わないことの大切さ

③   内観は時間を決めて行うこと

常に真剣に、後悔しない有り様が求められると述べ、デリケートな側面を持ちつつ、

光と闇を受け留めていくことが、ライトワーカーとして必要なことと説かれました。

霊的指導者であっても人間。あらゆる罪の意識をみんな持っている。

弱さと強さの両方に、人は惹かれ、闇を受け留めきっていることこそが赦しとなり、他者の癒しになる。

どちらもある自分。そのどちらも愛する。

また、今の時代は、生身のその人を問われていること。誤魔化しがきかない。ため、

その人自身を作っていなければいない程、楽であると、語られました。

ないものを欲しようとしていると、辛くなるのだそうです。

覚醒を、流れるプールとして例に挙げ、自分から動く(泳ぐ)は楽。立ち止まって(抵抗している)時は、

苦しくなると、わかりやすくご説明くださいました。

 

能動的に、超重要ですね。

これからは、「見捨てる」ではなく、「自分で選ぶ」時代。

後悔なく生きることが、人生を、生きることを、より愉しくする鍵なのではないでしょうか。

アセンションにより、一人一人に丁寧に進む時代は終わったそうです。

より多くの人が、共に進まなければ、アセンションは成功しない。

自分だけ助かろう!上手く切り抜けよう!では、芥川龍之介作『蜘蛛の糸』の犍陀多の様に、地獄に堕ちてしまう。

と、お話くださいました。

 

自己確立するまでには、無自覚領域の自分(何を仕出かすかわからない)が出てくるプロセスが、必ずあり、

他者のサポート無くしては、超えられない。

自分を知る為には、他者との関わりが必要不可欠であると、改めて、説かれました。

 

後半は、伝授講習です。

初回に伝授された『新サイキックプロテクション講習』の復習です。

ホワイトホール聖域のレクチャーがあり、皆さん、心から望む場所(地上)に、聖域を作られるようになりました。

ホワイトホールは、誰でも入ることができる、愛がわかる・愛に気づく聖域です。

いろんな場所にホワイトホールが出来れば、世の中、心地よい場所が増えますね。

 

次に、いよいよ、ドラゴンマスター講習になりました。

これは、その人自身が龍という側面を持つようになるのです。実現力の達成。

ある程度のカルマ解消が、自力でできるようになるのです。

マスターになったことにより、権限が増し、現実化を阻んでいるカルマを突破していくことで、実現しやすくなります。

ヒーリングだけでは癒されない、外側(実現すること)と内側が、バランスよく癒されることにより、

人は、本当に癒されたことになるのだそうです。

受講生の皆さんが楽しみにされていた伝授タイムでは、感激のあまり号泣する方が続出でした。

私もかつてその一人であったのですが、本当に、「本来持っていた力を取り戻した!」という感覚。

『自由と喜び』を取り戻した瞬間でした。

ドラゴンヒーリングという、カルマによる障害を超えた、

効果と結果をもたらす非常にパワフルなヒーリングが掛けられるようになりました。

このヒーリングは、現実化に至らない要因を思考で探すことなく、望みが実現していくように促します。

望むことによって、その望みの達成を阻害するカルマが解放されていくという優れものです。

これからは、伝授された受講生の皆さんが、自由自在な存在となり、喜びに向かって、躍進されていくことでしょう。

そして、自由で、喜びであることを通じて、世界に対し貢献して行かれることでしょう。

 

最後に、受講生さんそれぞれに『パラダイムシフトパラダイス』が掛けられました。

皆さま今までの世界観(宇宙観)が一新され、ご自身の愛のスケールが拡大したことに、深い喜び

を感じられているご様子でした。

 

『パラダイムシフトパラダイス』を受けてみての変化や、ドラゴンヒーリングを施術されての効果等、

次回、最終回には、どのようなご報告を聴けるのか、とても楽しみです。

0418