広報担当の Megumiです。

10月22日(日)台風迫るドシャ降りの空模様でしたが『ライトワーカー育成プログラム~上級コース~』

2日目が開催されました。

受講生の皆さんは遠方からお越しの方も多く、心配された方もいらしたようですが、

開始時間前には皆さん集合され、受講に向ける想いが形となった開催でした。

 

受講生の皆さんのご様子をチャネリングされたAyaさん

「世界は濃いですが、『パラダイムシフトパラダイス』を受けたおかげで、無事過ごせたのかも(笑)」

とのお言葉から

初回最後に、皆さんが受けられた『パラダイムシフトパラダイス』についての詳細が語られました。

 

Aya さんは、出身星であるケンタウロスが破壊されたこともあり、

“平和”をやりに、地球へいらしたのだそうです。

その為、小さい頃から「光には闇があり、闇には光があるのに、どうして一色にしたがるのだろう?

なぜ違いを受けとめられないのだろう?」と疑問を抱かれていて、周りにそれを伝えるも、

受け入れてもらえずに、いつしか「私がおかしいんだ」と思うようになってしまい、

当時は、皆と同じが良かったことも加わり、その叡智を封印してしまったとのことでした。

スピリチュアルを教えていくようになって、多くの方が、「黒なのか、白なのか目線」による苦しみ

(囚われていることによる苦しみ)を目の当たりにされ、全ては愛という二元性を超えた宇宙視座は、

とても大切なことと感じられた Aya さんは、伝えれば養われるものと信じて、伝え続けられたそうですが、

叡智を持っていない人に伝えても「わからない」ということが判明。

叡智を渡してしまうことにされ、生み出されたのが『パラダイムシフトパラダイス』である

とお教えくださいました。

 

その流れで、今回初めてお話くださった<特別(スペシャル)について>では

「私たちは、『特別な自分』を感じないように、制御してきた。」と述べられ、

特別には、2つあると説かれました。

① 誰かよりも上。自分だけが上。
自分が自分であることの自信がない為、優劣・競争がある。
【理由】⑴自分を知らない。⑵カルマを持っている。
※この状態は、『特別な自分』を感じないように、認めないように、至らないように、制御している。
根本的な解決がされていない。

② 自分が世界や宇宙で唯一無二の存在である。
人間の根本的欲求としてある(魂の望み)。⇒叶えなければならない。
※こちらを高めていく。

私たち人間は、「これが私だ」と感じるために、「これは私ではない」を感じたかった。

分離の形状自体、「これが私だ」を感じたいため。分離は、人間全員が必須経験であり、問題ではない。

また、人間は、特別(スペシャル)を得たくて、それを体験したいがために、“孤独”を選んだ。

と語られました。

「自分しかいない」という思いを抱えてでも、唯一無二の自分を得たかったということです。

“孤独”をもっと受け留めた時、オリジナリティが発揮されるのだそうです。

「私は、唯一無二の存在である」

“孤独”は、受け入れなければ、闇のまま、ネガティブになる。とお教えくださいました。

また、自分が自分であることの『特別』は、なければならない。というところから、

『パラダイムシフトパラダイス』は、宇宙視座で物事が見られるよう伝授することにより、

オリジナリティの発揮と同時に、愛を広げ、違っていても尊重できるようになる。

とご説明くださいました。

“宇宙視座”が、なぜ重要なのか?に関しては、今まで、どうしてアセンションできなかったのか?

に繋がります。

なぜなら「個が極まり、多種多様になっていった時、ジャッジ(正しい、正しくない)が発生すると、

愛が広がっていかない。違うけれど、その人の愛である、その人の愛の有り様である、と思えないと、

争いが起こるから。」 と説かれ

「争いは、摩擦が発生する。⇒加熱すると“変化”になるが、熱が過剰に起こると“戦争”になる。」

とお教えくださいました。

最近では、国レベルでも個が際立ってきていますが、国は、私たちの意識のシンボル化なのだそうです。

「私たちにできることは、私たち自身の摩擦を減らすこと

(摩擦を有として受けとめ、全てを愛として受けとめると、極端な摩擦にならない) 。」と、語られました。

但し「戦争反対!」は、戦争のエネルギーであることも、お教えくださいました。

減少であれば、本当に減らせるのだそうです。
「パーフェクト(100)としなければ、争いが起こらない。」
「オリジナリティを極めていくことは、世界の関係性を変えていくこと。」
「違いってね、「違うんだねぇ~(本当に感心する程の違い)」と受けとめられていると、争いが起こらない。」

 

一人一人が宇宙であり、感じ方・見方・意識次元・癒されているかいないか等によっても違います。

会話が成立しなくなったり、目の前の人が、100自分と同じワケではありません。

でも、一部分共通であれば、他のことが違っていても、一致度が高いということになるのだそうです。

 

Aya さんが、“自己確立”の重要性を提唱されている理由は、

「自己確立していると、人の場所を占領しようとしない。尊厳を大事にし、欲しない。」からです。

 

“自分の気持ち”に正直に生きる。ということについても、とてもわかりやすく解説してくださいました。

“自分の気持ち”が、60%・70%の時は、断ることも、勇気ある決断。

90%以上であれば、迷いがない状態なので、それが答えである。

“自分の気持ち”が、60%・70%の時は、それに甘んじてしまうから、責任が取れない。

90%までに努力しても埋まらないなら、止める。

 

次に、“協力”についてでは、

“協力”が増えれば、自分だけはあり得ない。“協力”は満たされないと、不満が出てくる。

「一人でいいや」という思いは、“協力”して、自分の問題が出てくることを恐れている状態。

“協力”してしか得られない豊かさ、恩恵がある。

フェアな『愛』の交流が喜びであると思い出す為には、損得勘定(貸し借り)を終わらせることが肝心。

とお教えくださいました。

 

「その時の自分を否定するのではなく、尊重すること。」強く響いたお言葉でした。

 

「世界観をニュートラルにした時、体験したい感情を味わえる。」と仰り

自分の中にある『愛』に気づいた時、『愛』である自分を思い出した時、

世界から愛されていると実感できるので、内外で『愛』を感じられるようになった時、【自信】になる。

そして“感謝”は、自分が『愛』であると感じた時に、湧き出るものであり、理由がない。無理矢理できない。

“感謝”は、『愛』を感じる能力を高めていけば、自然とできるようになるから大丈夫。

と、お教えくださいました。

 

また、「我慢を止める=責任が取れる。」と仰り

「その時どうなるかはわからないけれど、「イヤです!」と我慢を止めることは、世界に宣言したことになり、

その後、引き寄せるものが変わる(スムーズに現実化する)。 」と、説明してくださいました。

だから、宣言することは大事なことなのですね!それが、世界を動かすのですから!

宣言とは、「●●は、もう私を選ばない!」と決めること。

但し、問題が起こるふり幅が大きいので、一色淡にしないこと。

整理(分担)することによって、本当に望んでいることがわかっていき、上手くいく。

と解説してくださいました。

 

宣言することにより、“言って、完了!”の状態になるので、主張ができるようになる。

しっかり伝えることができるようになる。と良いことずくめ。

世界に対して、どんどんニュートラルになり、 「させたい。させよう。 」という思いが無くなるのは、

相手が何かやっているかもしれなかったり、握りしめている状態だったとしても、すっごく楽ですね。

やりたいことだけやる。ということは、しっかり責任が取れるようになる。

ということでもあるのですね。

 

午後は、受講生の皆さんの今後の進路のお話から、スタートしました。

続いて、<実現について>では、望みの質についての丁寧な説明から、

「望みの質を高めていくこと。純度が高い魂の望みであればある程、現実化する。」とお話くださり、

魂の望みと自覚している望みを一体化する(つなげる)こと。光と闇の両方を抱きかかえることが、

魂の望みを叶えるコツであると、お教えくださいました。

 

<創造的に生きる>では、「“欠乏”は、全ての人にある。 」

「自分の魂が進化して、 『愛』に溢れたり、自分らしくなったり、覚醒することによって、楽に生きられる。」

「魂が進化することにより、ブレない。問題が起きなくなる。」 と説かれました。

「リアルは、魂の成長。それ以外は、仮想現実。」と述べられ、

「いかに、自分にとっての真実を見極められるかを体験している。」

「全員に共通することは、進化すること!愛し合うこと!」

「お仕事が既に“遊び”になる。一致している。その状態が覚醒である。」ともお教えくださいました。

 

<自由について>が語られ、ドラゴンマスター講習へと続きました。

今回も最後に実践アドバイスとして

・なりたいなら、なれば良い。やれば良い。全部やれば良い。

・本当にやりたければ、絶対やれる。

・じゃ、今どうする?⇒遊ぶ感じで動く(目の前にあることに熱中して没頭すると、次が出てくる) 。

・ここ担当だけど、フォーカスして楽しんでいると、次の役割が出てくる。

と、熱く語ってくださいました。

 

今回も、『愛』溢れる内容に加え、“魂の望み”、“遊ぶ”というキーワードが、私を刺激し、

涙が止まらない1日でした。

宇宙的に開いてきて、どんな風に生きたいか、ご自分で選択できるようになった皆さん、

ドラゴンマスターにもなられたのですから、より自由で、自分のやりたいクリエイションで、

遊ぶように生きましょうね。

さて、次回はいよいよ最終回。

LOVING による変容と、それぞれのドラマが繰り広げられることでしょう。楽しみです。

171022