《本日のフリーダムメッセージ》

~極端〜

 

行動できなかったり
現実化するのが苦手だったりする人の
特徴の代表例があります。

それは、極端な人です。

0か100かしかなくて
中間が存在しないので
そういった人は
こういう思考で動きます。

『自分には60しかできない。
だから、自分ができることは
大したことではないので
まだやるべきではない』

『自分は、あと20足りない(80)
だから、あと20が手に入るまで
行動を控えよう』

こういった0か100かの思考でいると
100は、自分にとって超難関
だったりしますから、やはり難しいです。

難しいので、やらなくて済みます。
やらないので、いつまでたっても
経験や実践が積めません。

そうすると、益々自信がないので
ハードルなどが高くなっていきます。

実は、この状態の時
完全にループにはまっているのです。

自分が決めた100という基準に惑わされない。
基準は方向性であって
枠になってはならない。

基準というのは
目指す方向性とも成りますし
枠にもなってしまう
どちらにもなりうるものなのです。

逆に全く基準が存在しないと
方向性も失ってしまいますので
方向性を持つことは大事なのですが
基準とは枠やハードルや
ひどい時は言い訳になるものだと知りながら

自分の理想や基準というものと
付き合っていくことが重要です。