【Freedom Destiny】Magenta flame マゼンタフレイム講習

  • HOME »
  • 【Freedom Destiny】Magenta flame マゼンタフレイム講習

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019LOVING文字

 

素直さは、覚醒の重要な才能、資質の一つです。

それだけではありません。

 

素直さの純度こそが、あらゆることが
どんどん上手くいくことになり
調和的に生きる
指針にもなっているのです。

 

素直で生きている人は
世界に調和的なハーモニーを生み出し
素直さに欠けている人は
不調和を生み出し続けているとさえ言えると思います。

 

それは、日常のどういった場面で、繰り広げられていくでしょうか。
例を三つ挙げていきます。

 

1.覚醒における素直さ
2.コミュニケーション、言葉における素直さ
3.現実創造における素直さ

 

順番に説明していきますね。

 

1.覚醒における素直さ
愛に開いて覚醒していく際に
素直さは重要な素質です。

 

自分自身が終わらせていく課題を
受け止めることが出来るかどうかは
素直さの資質にかかっています。

 

例えば、宇宙からのメッセージとして
他者の口を借りて、アドバイスがあったとしましょう。

 

これは、実際、とても良くあることです。
スピリチュアルティーチャーの仕事などをしていると
ハイヤーセルフやガイドが本人に言って欲しいことを
伝言で頼まれることも、良くあります。

 

ところが、そんなの、自分には関係ないや!と
捻くれてしまう状態であれば
他者のアドバイスを活かすことは出来ず
課題は放置されたままになります。

 

逆に、素直なこころで
真摯に受け止めていけばいくほど
アドバイスを活かすことが出来て
どんどん抱えている課題を解決していくことが出来ます。

 

この場面における素直さが発揮できるかどうかは
強さも弱さも抱きとめていける
受容力や許しの能力にもかかっています。

 

そして、覚醒において、
素直さが発揮できれば
覚醒のスピードは飛躍的に上がります。

 

 

2.コミュニケーション、言葉における素直さ
コミュニケーションにおいて
一体、どんなことが起こっているのか。

 

それを本当に見抜いている人は
数多くありません。

 

コミュニケーションにおいては
A どの相手に
B どれだけのタイムラグがあるか
C 誰が思ったかをシンプルに
という三つの要素によって
そのコミュニケーションが調和的であるかどうかを決定します。

 

伝えたい相手本人に、シンプルに伝えられれば
そこには、不調和は発生せず、何の問題もありませんが
伝えたい本人に伝えなかった場合には
不調和が発生します。

 

言い難いために、
他の人間に言って
陰口のようになってしまったりすると


本来言う相手へのベクトルではなく
別の人間にベクトルが生じることになりますから


非常に複雑怪奇な、
不調和のエネルギーが発生するというわけです。

 

このように、本当に伝えるべき人に伝えないことで、不調和が起こります。
言わないで溜めておいてしまうことも不調和の原因です。

ここには本来言うタイミングとのタイムラグ、ズレがあります。

 

ズレがない場合、その場で解決していった場合には
そこまで、大きな問題に発生しません。

 

良い人でいたいとか、相手との関係性を壊したくないと思い
溜めれば溜めるほど、それを抱えきれなくなった時に
いざという時に爆発します。

このように、タイムラグ、時間によっても、不調和が起こります。

 

AとBをクリアした状態であれば
本来伝えたい相手に言えているし
タイムラグもないので、
あと一息の状態です。

 

最後に意識がけることは
<本当に言いたいことを
シンプルに素直に言うということです。>

 

とてもシンプルなことなのですが、これが出来る人が、実は多くありません。
相手のせいにしてしまう時は、言葉が歪んでいます。

最初から捻くれた会話をしてしまう、
これもまた言葉が歪んでしまっています。

 

相手のせいにしている場合は、『あなたが』という他人称から
言葉が始まってしまっています。
例えば、あなたのせいで、こうなったよ。
などです。

 

こうした場合は『わたしが』という一人称で、
コミュニケーションするように意識がけます。

『わたしは、~~なってしまって、
とても悲しかったの。』というようにです。

 

これが出来るかどうかが、
コミュニケーションにおける、素直さの資質になります。

 

段々、わたしが言っている素直さというのが
何を意味するのか、ご理解いただけてきましたか?

 

<素直な人は、捻くれていたり、
拗ねる要素が、皆無なのです>

 

どうせ、わかってくれないのね。とか
きっと、わたしのことなど、
どうでもいいのよ。とか


根底には、「わたしが本当にやりたいことは、世界に止められる」
という確信があり
自暴自棄とも言える、内心の捻くれた感情が
湧き起これば沸き起こるほど
言葉は歪み、本来言いたかった言葉を伝えられなくなります。

 

内心は一緒にいたいし、内心は愛し合いたいのに
『もう、知らない!』と
その場から立ち去ってしまったりする場合も同じことです。

 

言動や行動が、素直じゃないのです。
コミュニケーションにおいて素直じゃない人は
ちぐはぐ。という言葉がぴったりかもしれません。

 

 

3.現実創造における素直さ
素直さに欠けている人は
現実創造においても、困難を極めます。

 

何故なら、本当に向かいたいと願っている場所に
向かっている最中に、ちょっと上手くいかなかったり
少し、思っている通りに、物事が進まかったりすると

 

『ふん。どうせ、わたしはこうなのよ』
と、困っている現状維持の状態に着地して
自暴自棄と諦めの感情を抱いて
辞めてしまうため
本当に向かいたいところに
向かえないからです。

 

世の中の多くの人々が
『本当に自分は何がしたいだろう』
と本当にやりたいことを探しています。

 

その中に、一定数
『実はやりたいことが見つかって取り組んだのだけれど
現実創造に向き合える力がないので、諦めてしまい

 

そのことを受け止め切ることが出来ないため
自分には、他の何かがあるのではないかと探しに行く』
というケースがあります。

 

自分が本当にしたいことを
成し遂げる力が無いと受け止めるよりも
自分には他の何かがあると思った方が、気が楽だからです。

 

このような場合、ずっと探し続けることになります。
例え、見つかったとしても、成し遂げる力が無いからです。

 

 

このように、素直さの純度こそが
あらゆることが上手くいき
調和的に生きる指針にも
なっているのです。

 

どうして、素直になれなくなってしまったのでしょうか。

 

拗ねを抱く割合は、「こういう風にやりたい」
「これが自分はやりたい」と
特に幼少期の時、親に対して主張した時に、
確実に諦めさせられたり
認めてもらえず、実行できなかった経験が多ければ多いほど
拗ねの割合が多くなります。

 

また、『愛してもらえない』といったように
愛されなかったという体験が強い場合も
同じように拗ねる割合が多くなります。

 

一つ、声を大にして言いたい事があります。
拗ねてしまう割合が多い人は
ダメな人間でもないし
弱い人間というわけでもありません。

 

ですから、もし、あなたが、これらの項目に
自分は当てはまると思ったとしても
自分という存在自体を否定する必要は全くありません。

 

拗ねの割合が多い状態で生きる事。
これは、とても辛い状態です。

 

幼い頃に、両親や先生や周りの人たちに
自分のやりたい事を徹底的に止められる経験をした人の多くが
拗ねや自暴自棄の感情に陥ってしまうことがあります。

 

こうした拗ねるエネルギーを
完全に解消していないと

大人になってから、
誰かに反対されなくなったとしても

拗ねることで、
心の折り合いをつけることが、
癖になり起こり続けます。

 

そもそも、拗ねは何故発生してしまうのでしょう?
それは、自暴自棄になって、拗ねるという行為を行う事で
現状と本当にやりたい事のギャップに対して、
心に折り合いをつけるためです。

 

例えば、自分が本当に向かおうとしている行動の時に
何か上手くいかなくなると「どうせ私はこうなのよ」
「所詮こうだよね」という風に思うことで
屈折レンズが発動して、心に折り合いをつかせるのです。

 

マゼンタフレイムは
自力で素直になろうとしても難しいレベルの
拗ねと自暴自棄の感情エネルギー、思考パターンを解き放ち
素直なこころを呼び覚ますLOVINGです。

 

屈折レンズは、今まであなたを守ってきました。
でも、大人になったあなたは、屈折レンズ無しでも
世界と対話していくことが可能です。

 

「自分自身のやりたいことをやれる力が、
大人の今のあなたにはあるんだよ」
と教えてあげてください。

 

拗ねという行為を使わずとも
あなたは世界を生きていく力があります。

 

屈折レンズの代わりに
素直さの能力を得て世界と素直に対話していき
歪んでしまったり、捻れてしまったりした
言葉や、コミュニケーションや、目的地などのすべてを
調和的に取り戻していくことが出来るのです。

 

「わたしが本当にやりたいことは、世界に止められる」
という確信を解き放っていきましょう!

 

自分が本当になりたい性格
自分が本当に言いたいコミュニケーション
自分が本当に向かいたい目的地。

 

それらを叶えている人は、幸せです。
幸せに向かう事ができる力。
それが、素直さという力だから。

 

このLOVINGの開発者である、わたし、平野あやは
かつて、1番も2番も3番も、すべて抱えた状態で
途方に暮れて、生きていました。

 

幼少期に沢山傷つき
本当のコミュニケーションや
尊重がない世界に絶望し

「わたしが本当にやりたいことは、
世界に止められる」
と思い込んでいたからです。

 

アトランティスの時の絶望や
過去生での哀しみが
わたしの捻くれと、拗ねを、更に色濃くしていました。

 

どうやったらいいか、解く術もわからなくて
捻くれて、屈折している自分が、大嫌いでした。

 

性格は、最悪だと思っていました。
こんなわたし、美しい欠片もないと思っていました。

 

でも、今なら、わかります。
それらの全ては、わたしそのものではなかったんだと。

 

解き放ち、終わらせる事が出来るものは
自分そのものではなく、課題なだけなのです。

 

幸せに向かえないでいる
非常に大きな要因は
<幸せに向かうことを放棄する>ことにあります。

 

そして、それは、自らの幸せや美しさや豊かさを
阻害する要因になってしまっているのです。

 

「本当は自分はどうしたいの?」

 

マゼンタフレイムは
拗ねと捻くれと
自暴自棄の要因を解き放っていきます。

 

自暴自棄になってしまう、過去生から抱えている重荷を降ろして
ハートを覚醒します。

 

そこには、矛盾が潜んでいます。
矛盾を超えて、あなたが本当に選びたいあなたを生きるのです。

 

拗ね、怒り、自暴自棄をマゼンタの炎で三度、燃やしていきます。

 

マゼンタフレイムの素晴らしさは
それだけではありません。

 

ハートの覚醒をすることで
<矛盾>を解き放っていく効果があるため
迷いや混乱や葛藤といったものが消え去ります。

 

スーッとハートが静かになり
ただ、透明感広がる、あなたという愛が現れる状態になります。
炎のエネルギーを開発時に活用していますが
とても優しいLOVINGです。

 

最近、パワフルで、かつ、優しいLOVING構築に
こだわってしまっているためか、そういうものしか
つくれないのかもしれませんね。

 

そうして、マゼンタフレイムで、素直さに覚醒していったなら
心の深い奥底で、燻っていた愛されなかったことへの怒りが解けて
拗ねてた自分も、満たされなかったあの頃も。

 

投げ出してしまったことも。
逃げ出してしまったことも。
すべてすべて、その自分ごと、
許せていきます。

 

「自分は愛されていない、
大切にされていない、
粗末な扱いをされている」
そんな思いも、すべてすべて、解き放たれていって
拗ねていた自分ごと、愛おしく感じます。

 

素直さへの覚醒は、調和の体現です。

 

素直があなたの新しい運命を切り開き
純粋な愛へ誘ってくれるのです。

マゼンタフレイムのLOVING施術を
実際に受けられた方々から頂いた生の声です。
ご感想アンケートを元に集計しました。
多くの方々が効果を実感されています。

・わたしが本当にやりたいことは、世界に止められるという確信を解き放ちます
・自暴自棄になってしまう思い癖を解き放ちます
・拗ねてしまう要因を卒業できるように解放していきます
・素直な自分を感じられていきます
・純粋な愛らしさを取り戻していきます
・自己創造への自信が湧いてきます
・目標に向かって行きやすくなります
・自己肯定感、自己価値が上がります
・「どうせ私は」という思い癖が解き放たれます
・卑屈や自己憐憫に陥ることがなくなります
・自分に対する否定的な思い込みがなくなります
・世界に対しての諦めがなくなります
・自分を大切に出来るようになります
・本来の自分を生きられるようになります
・より純粋な自分で生きられるようになります
・円滑で素直なコミュニケーションが出来やすくなります
・諦めていた自分を取り戻します
・自分本来の愛を奪還します
・自分の本心を相手に伝えることが出来ます
・諦めていたことにチャレンジする意欲が湧いてきます
・否定された過去の傷を癒すことが出来ます


・どうせ駄目、どうせわたしはという思考が湧くことがある方
・やりたいことが出てきても上手くいかない瞬間があると
自暴自棄になることが多い方
・幼少期に親からやりたいことを止められた経験が沢山ある方
・目標達成がなかなか出来ない方
・何かに取り組んでみるけれど、途中で挫折して諦めやすい方
・物事を過剰にやり過ぎてしまう方
・やけくそになってしまいがちな方
・自暴自棄になってしまいがちな方
・何をやってもうまく行かないと諦めてしまっている方
・人生は思い通りにならないと思っている方
・無力感を感じている方
・純粋な愛を感じたい方
・本来の自分を生きたい方
・思い通りにならずやるせない思いをしたことのある方
・拗ねたりいじけてしまう自分から卒業したい方

 

マゼンタフレイム2020講習

マゼンタフレイム2020の施術を
ご本人と二親等の家族に対して施術ができるようになる講習です
(プロとして第三者に提供をされたい方は、
別途LOVINGプロヒーラー講習、
またはアセンションライトワーカー覚醒プログラムの受講が必要です)

 

      ~ マゼンタフレイム2020講習の概要 ~

 

1.マゼンタフレイム施術
(施術者の方が、ご自身で出来るようになる部分です)

マゼンタフレイムの施術がご自身で出来るようになります。
施術は無制限に幾らでも、ご自身と二親等のご家族に行っていただくことができます。

 

エネルギーを取り扱ったことがない方でも
事前に必須講習である、ラブプロテクション講習をお受けになられてから、他の講習を受ける流れになりますので、確実にエネルギーを取り扱えるようになります。

 

すべての受講者が、確実にマゼンタフレイムのエネルギーが取り扱えるように、マゼンタフレイムを伝授して、取り扱い方を指導しますので施術できるかどうかの不安は無用です。

 

*講 習 代 金 132,000円
*事前LOVING開発準備ワーク 4日間
*講 習 時 間 90分(人数によっては時間が多少伸びることがあります)
*受 講 資 格 ラブプロテクション講習★2020年5月からは、遠隔Zoomでの開催となっております。

 

【 銀行振込をご希望の方 】

【 クレジットカード支払いをご希望の方 】


ご感想
ご感想枠2上ブルー

1.拗ねについての質問です。自分がやりたいと思ったこと、自分が正しいと思ったアイディアの方向に進む等の度に、自暴自棄になり、拗ねてしまうことが、人生の中で今まであった部分が、マゼンタフレイムを受ける前と受けた後では、どのように変化しましたか?

▶ 仕事面で変化がありました。どうせやっても無駄だと諦めていたことに対しても、やってみよう!と前向きにアプローチ出来るようになりました。
▶言っても良いかなと相手の様子を伺いながら、なかなか言えない気にしすぎていた事も、今は言いたいことをストレートに伝えられています。
▶困って人にお願いしても、どうせ否定されるだろう。とか、どうせ無理だろう。と思い込んでいました。人にダメ元でも頼むとか聞くということをあまりしてこなかったのですが、ダメかもしれないけど、ダメじゃないかもしれないから言うだけ言ってみよう(聞くだけ聞いてみよう)と、行動できるようになっていました。否定的な憶測で行動を制限していたことに気が付きました。ダメであっても、今まではそれが存在を認められてないと感じてしまう部分がありましたが、人と自分の在り方の違いとしてそこまでショックを受けなくなっています。
▶肝心なところで自分が傷つかないために「どうせ」と言って逃げたくなることがありましたが、今は、自分の願いのために素直に行動すればいいだけなのだと思えるようになりました。
▶自信がない、どうせできないってやりたい気持ちに蓋をしてた。でもやるしかない状況に立たされてしまうと、やるしかないって腹が座った。拗ねてた私からは考えられないくらい、やるしかないって私は輝いてる。
▶どうせいつも自分は上手くいかないと思うことが減り、自分を信じてみようという気持ちが増えたと思います。
▶あやさんの3/26のblogでの「死なない」「永遠を選ぶ」に近い情報を以前から目にしていても受け入れることができませんでした。今は自分のやりたいこととして受け入れて行けそうになっております。
▶自分がやりたいことに対して素直にやりたいと発言できるようになりました。実際にお仕事で私もやりたいと手を挙げて、アイディアを具現化することが出来ましたし、私はこうしたいのだと口にできました。前は、自分がワクワクするアイディアを思いついても誰にも言わずにいました。何かを思いついても最初から諦めていました。どうせ私には無理だって本気で信じていたので、これが拗ねからくる気持ちだとも知らずにいました。
▶どうせやっても無駄だろう、言っても無駄だろうと浮かぶ時がありましたが、そのストップをかける度合いが軽くなりました。
▶仕事がうまくいかないと、現状をあきらめがちだったが、やり方を変えてみようと思えるようになった。
▶受験の失敗から、何事もがんばってもうまくいかないと思い、友だちともうまく付き合えなくなっていた。少し、友だちと関わってもよいと思い始めた。
▶どうせ…と常にネガティブに捉え他者責任にしてそれをしない理由をつけ諦めていましたが、とりあえずやってみよう、やってみてから決めよう、相手の出方が気になるけどとりあえず言ってみようと思えるようになっています。
▶仕事等で上手くいかない事があると「どうしていつも私はきちんと出来ないのだろう」と否定的考えてしまいがちでしたが、受けたあとは、上手くいかない事を経験する事が私には必要でそこから学ぶ事があると前向きに考えられるようになってきました。
▶自分が拗ねていたという事に全く気が付かずに生きてきたように感じます。拗ねたりすると叱られる、怒られるという恐怖が幼少期からあったので、拗ねることを表現するのすら許されていなく、抱え込むしか選択肢はありませんでした。マゼンタフレイムを受けて、とんでもなく拗ねてしまっていたのねと、自覚する事が出来たように感じます。恐怖が解放されたからでしょうか、拗ねる感情が浮上してきました。やっと出てきたんだね、こんなに溜め込んでしまってごめんねと、自分に優しくしていたわってあげようと思いました。
▶昔から母には私からの提案などを却下される事が多く、こうした方がみんな楽になると思うんだけど、言ってもどうせ否定されるんだろう、同じことを別の兄弟が言えば通るだろう、どうせ私の話なんか聞いてはくれない、言っても無駄と思っていましたが、とりあえず言うだけ言ってみようかという感じでそこまで気負ったりせず提案出来るようになりました。
▶拗ねとはズレた答えかもしれませんが、元々何かやってみたいと思ったら「まずやってみよう」とチャレンジしてみるタイプではありますが、最近より失敗する事への恥ずかしさがなくなりました。失敗しても、チャレンジしたからこそ体験できた事があると感じます。
▶「どうせ受け入れてくれない」という思いが強く、拗ねた言い方で訴えることが多かったです。素直に言っても、すぐにそれを打ち消すように拗ねた言い方しか出来ず、素直になることが恥ずかしいという思いもあったんだと気づきました。素直に言って、願いが叶うのも怖かったのかもしれません。恥ずかしくても素直になって言えるようになってきました。
▶今までやりたいことがあっても、どこかで常に諦める気持ちがあって、新しいアイディアを思いついても「たぶんうまくいかないだろうな」と思い、投げやりになって正面から取り組めなくなっていたが、「うまくいかないだろう」という考えがわかなくなり、逆に「必ずやり遂げるんだ」という強い気持ちが生まれた。このようなことは少なくともここ30年はなかったから、意外だった。
▶今まで自分の望みが出たと同時に打ち消していたようで、自分が拗ねていることにも気づいていませんでした。願う前に諦めていたんだなぁと気づくことができました。
▶恋愛についてありました。どうせ愛しても無駄なんでしょ。報われない事件が立て続けにあり、恋愛に自暴自棄になっていました。向き合う事において、もう話し合いすらしても無駄だと諦めていましたが。これだけは諦めきれない。とりあえず、伝えたい。という向き合う力が戻ってきました。
▶子供の頃、自分の考えを言っても親や先生から否定されることが多く、いつの間にかに、自分は何を言っても否定されるなら、人から言われた通りの最低限だけをやればいいのだと卑屈になっていました。マゼンタフレイムを受けてからは、自分の考えや夢を思い切って周囲に話したいと思えるようになりました。
▶どうせ言っても聞いてもらえない、バカにされる。特に仕事関係の話や、仕事関係の話で男性と話すと、など思っていました。が、いまはわたしがバカなわけではなく、その時その話が通じる人では無かっただけだと思えるようになり、わたしの考えはね、と言えるようになりました。
▶自分自身がやりたい事は、本当にやりたいの?って自分に問う時間を持っていなかった事に気付きました。
▶以前は、私には無理と思い、自分のやりたいと思ったことがあっても行動に移したりせず、自分のアイディアがあっても言いわなかったりで拗ねていたように思いますが、少し改善したように感じます。
▶拗れずにそのまま真っ直ぐ取り組むことができた。許可を出して湧いてくるままに出せた。
▶挑戦に対し前向きな気持ちになった気がします。
▶挑戦する意欲がたくさん湧いてきています。
▶いざやりたいことに向かおうとすると、恐れがものすごく出てきて、それと向き合えませんでした。その中にはやはり「自分にはできない」という自己不信が大きかったです。ワーク後は、その恐れと正面から向き合う勇気が湧き、さらに恐れはあるけど一歩踏み出してみようと思えるようになりました。
▶自分が正しいと思うアイディアが湧いて、どうせできないと拗ねることは、以前より、感じづらくなっているかもしれません。
▶どうせ私は頑張っても認めてもらえないと思いがちだったけれど、その気持ちが湧かなくなった。なぜか認められるような機会が増えた。
▶やる前や伝える前に、どうせ私なんてと諦めて行動していませんでしたが、伝えるだけ伝えようと自然と行動するようになった自分がいます。
▶思考の段階で止めてしまう事が多かったのですが、受けた後には余計なことを考えずに行動につなげられるようになりました。
▶拗ねることが今までは多々ありました。マゼンダフレイムを受けてからは、自分ならできる。もしくは拗ねずに現実を受け入れられるようになりました。心が安定したままでいられるようになりました。
▶受けるまで、あまりにも拗ねすぎていて、拗ねていること自体が顕在意識で感じられていなかったことにまず驚きました。痺れて感覚なくなっていた状態だったみたい。振り返ると、人生、全然楽しくない、っていう時期が25年ほど続いていました。やらねばならぬ~!みたいな意識が強すぎて、自分を抑圧してたんですね。この我慢の感情が多すぎて、自分が見えなくなっていました。何年もヒーリングを受け続け、少しずつ良くなってきてたのですが、一番深いところまでは届かなくて。今回の施術でガサ===っ!!!って取ってもらえた感がありました。結果、感情のままに動けるので、日々、嬉しい!楽しい!感情を感じられてるんです。これって自然に思ったことを表現できてるからですよね。あんまり深く考えず生きていて、ちゃんと会社でも仕事進んでる。難しいところは上司に相談し、サクサク解決の流れもできてる。わーい!!!です。
▶私がこんなことを言っても聞いてもらえない、様子を見ながら言わないと、って感じで警戒していたが、これまた過去世かのように、浮かんだらエネルギー全開で言ってた。言ってみたらスイスイともっと楽しい方向に広がっていくものとパートナーとの相違があってもゴリ押ししようとする感じが出てきたのでスイスイとうまくいくものではないこともあるんだとわかった。うまくいかない?という言葉もいいのかわからないけどこの採用されなかった時の悲しみが価値がないみたいに悩んでいたから先に拗ねて言えなかったことにも気づいた。全てがうまくいく、のではなくてすべてはその人の世界だからそこを受け入れていくのが大切だなと気づいた。

2.現実創造についての質問です。自分が本当に向かおうとしている行動の時に、何か上手くいかなくなると「どうせ私はこうなのよ」「所詮こうだよね」という風に思うことでやり過ごしていた部分について、マゼンタフレイムを受ける前と受けた後では、どのように変化しましたか?

▶ 以前はゴリ押しで行動して疲れて傷ついたこともある。さらに今は本当にやりたいことだから逆に結果がどうなるかわからないのにビビって行動するのも嫌だったが、現実化したいと思うものなら焦ることなくタイミングも大切なんだろうな、という感覚になってきた。
▶今まで、我慢が美徳みたいに思い込んできていたので。そもそも自ら現実創造を望めませんでした。物事=しんどい、がセットになってるから、何も望めないんですよね。ところが、2月、3月のLOVINGで、望みを素直に恐れなく願える自分になりつつあります。現実創造に対する不快感が減ってるから現実化可能かも?って思えるんですよね。ありがとうございます!
▶どうせ私は〜と思うことよくありました。受けてからは、そのように思わなくなりました。自分を信用できている感じです。
▶まだ、「どうせこうなの」という思いも湧きますが、その思いに引っ張られる事が以前より少なくなりました。
▶どうせという思いが強かったけど、とりあえず恐れずにメールでも良いから伝えようと行動出来る様になってきました。
▶どうせと思うことがほとんどなくなった。あれ?私でも出来るかもと言うことが増えた。
▶何かに向かおうとする時、先に悪い想像をして、失敗しても想像通りと思って自分を守ろうとしていたところがあったが、それが少し緩和されたような気がします。
▶自分と向き合うことを無意識に避けてしまう要因に、親との問題がありました。やっと自分と向き合えそうになると、親との問題が再浮上する出来事が起こり、やはりまた親の問題に全意識が取られてしまって、自分の人生を諦めかけてしまいそうになりました(大げさですが、、、)。このワークを受けたおかげで、意識が親のほうにいってしまっても、自分自身と向き合う方向にまた戻ることができ、それ自体が私にとってすごく嬉しいです。
▶上手くいかなくなると「どうせ私は」と思っていたけれど、上手く行かない現象からメッセージを読み取り、次のアクションに素直に繋げられるようになった。
▶上手くいかなくなりそうになると、永遠と続かない不安に対する恐れの意識が軽くなり、きっと大丈夫という気持ちが芽生えました。
▶どうせ私なんて…という思い癖がありましたが、私なら大丈夫、上手くいくと思えるようになってきました。
▶自分が本当に向かおうとしていることは、本当に向かいたい事なのか、もう一度自分自身を見つめていきたいと思えるようになってきました。
▶この質問を読みながら振り返ると、どうせ、所詮、思わなくなっています!最近頓挫した仕事の話がありましたが、どうせ、所詮ではなくて コレはコレで良かったんだ!じゃあ今後どうしようか?と考えられています。
▶絵画を学んでいて、10年以上前から使ってみたい画材があるのですが、どうせ自分は使いこなせないだろうとあきらめていました。マゼンタフレイムを受けてからは、自分が本当に表現したいものはその画材を使うからこそ描けるのだと確信し、その画材を取り入れることを躊躇しないと決心できました。
▶ただ単純に、今はその過程である。シンプルにそれだけになり、より何をしたらいいか次の事を考えたり、引きずらなくなりました。
▶何かしようとするときに、悲観的な見方をしていることが多かったのですが、過去のデータに惑わされずに、自分の気持ちに正直に行動できるようになりました。気持ちがとても楽になりました。
▶常に絶望感がどこかにあり、失敗すると「やっぱりこうだよね」と思う繰り返しだったが、そのサイクルがストップして、何かする際に軽く清々しい気持ちになっていて、特に仕事である絵を描くことが素直に楽しめるようになっている。際限なくやれるような気がして、楽に取り組める。
▶「こういう風になったら良いのに」という思いがあるのに、「とはいえ、そうならないんだろうな。高望みかな」と、どこか諦めがありました。そうしているうちに本当に望んでいることがわからなくなったり、いつか叶うと思いながらも諦めがあったり。でも諦めたくない。その葛藤がありましたが、最後の最後で出て来る「やっぱり無理なんだなぁ」「この程度までってことなのか」みたいな諦めがなくなってきました。
▶上手くいかない時に「もういいよ」と感じる事をシャットアウトして、考える事もやめてしまう事がありましたが、今は上手くいかなかった時に、まずは「思った通りに行かなくて、悲しいな。残念だな。」という気持ちをしっかり味わう様になりました。それをすると自然と改善点や次の一歩へのアイディアが浮かぶ様になった様に思います。
▶お付き合いをすれば長く続くのに結婚まで結びつかず、一度も結婚も妊娠もしたことがないままアラフォーになり、どうせ私はだめんずウォーカーですよ、男を見る目がないですよ、と思っていましたし、婚活パーティなどのサイトを見ても軒並み女は35歳以下が対象で、世間の結婚市場からは求められていない人材だという事を突きつけられたようで本気で落ち込み、もうあきらめた方が楽なのかもと思う事が最近多かったのですが、あきらめなくていいのかなあと少し前向きな気持ちになってきました。
▶どうせ私はこんなもの、所詮こんなもんだといった諦めがありました。どんなに望んだって叶いっこないんだ。ほらね、やっぱりうまくいかない、という確信めいたものがあり、それを創造してしまっていたという事に気が付きました。深い悲しみの感情が現実創造の邪魔をしているとも感じました。前に進むとまではまだいっていませんが、少なくとも、相当拗ねていたんだという事は素直に認められるようになりました。
▶どうせ出来ないし…といろいろな理由をつけて諦めていたことに対して、変えられるかも、やってみなければ分からない、他の方法があるのでは、私のやり方でやってみよう等の前向きに向き合っている自分がいます。
▶人との関わり合いで、他人に踏み込んで現実を変えようと思っていなかったが、それを超えて変えていこうと思い、行動できるようになってきた。
▶新しいバイトで、自分のやりたいことをできるようにがんばり始めた。
▶まだ現実創造を自分が出来ると自信を持って言えるほどでは無いですが、どうせ私はこうだからとか、所詮この程度だよねという思いが軽くなりました。
▶例えば、家事とかダイエットとか仕事の企画や人間関係などにおいてうまくいかないことがあった時に、前ならば「あー、もう本当に私はダメだな。やっぱりダメなんだよね、私は。。」とすぐに結論を出していました。そして、その先には進まないでいました。今は、一回ダメでも再スタートする気持ちを持てています。一番わかりやすかったのが、ダイエットと人間関係でこのように前向きに捉えられるようになったことです。
▶LOVING講習を受けた時に願望実現のコツみたいな方法を教えていただきました。その後、いろいろ思い浮かべて願望を一つ選びトキメキましたが、書き留めていなくて忘れてしまいました。同時期に寝起きの時にバタバタせざるを得なくなって拗ねておりました。あやさんの3/26のblogにある「死なない」「永遠を選ぶ」という選択肢に魅力を感じましたので、その願望実現の実行に移りたいと思いました。
▶上手くいかなくなることも自分が創造しているんだと思うようになり、常に上手くいく思考でいようという気になれました。
▶どうせ自分は、と思う回数が減った。でも現実化できるかもと言う自信には至ってない。
▶「どうせ」という言葉にとても違和感を感じるようになりました。自分の人生から「どうせ」という表現を使ってやり過ごす余地がなくなったという感じです。
▶何かに挑戦しても、私には無理かもしれない。と、いつもどこかで逃げ腰だったことに気付きました。希望はあるのに、どうせ私が。と、できない自分をいつも否定していました。どうやって現実創造の方向に自分を向かわせればよいものか、北風と太陽の北風的な自分の考え方で今まで自分に接し、いつも否定的で責めていたな。と感じます。その”どうせ出来ないんでしょ。やらないんでしょ。”といった自分自身への風当たりが和らいだように感じ、やりたい方向へ進むプレッシャーが減りました。
▶何かしら理由をつけたり、誰かのせいにしたりすることがなくなりました。
▶拗ねる感情を抱くのではなく、どうしたらいいかを考えて向き合える様になれました。具体的に発言したり行動したりすることで、自分の状況をわかってくれる人があらわれ、状況についても改善しつつあります。

3.世界に対しての諦めについての質問です。「わたしが本当にやりたいことは、世界に止められる」という確信について、マゼンタフレイムを受ける前と受けた後では、どのように変化しましたか?

▶ 願っても叶わないと諦めていた部分に、希望を持とうとする気持ちが少し生まれた気がします。
▶叶わないと決めつけていた気持ちが緩和されたように思います。
▶私は世界に受け入れてもらえない。理解されるわけがない。くらいの感覚で全力で拗ねて諦めながら微かな希望だけを頼りに生きていたと思います。心の奥底で求めているものが、世界の感覚とはズレているように感じていて、私にそんなことできるわけがない。と現実味のない夢のように真剣に思っていました。そして、一人ではできないことなので、仲間がいないからできない。とまた諦めている部分もありました。今は、きっと一緒に願いを叶えることのできる仲間がどこかに居ると信じて、自分の理想とする世界をあきらめなくても大丈夫だと思えるようになってきました。
▶「世界から止められる」という怖れがなくなり、全ての現実を創造するのは自分でしかないという100%の確信のもとに、自分の望みに向かって行動しようと思えています。
▶本当にやりたい事は、自分次第で現実にできると思うようになった。現実化しないのは、自分の中の熱がまだ低いからだと思う。
▶自分らしさを出すと世間から嫌われるという恐れが少なくなった気がします。もっと自分を出して表現していきたいと思うようになりました。
▶自分が本当にやりたいことなのかわからないのですが、とても心に引っかかっていても、諦めていることがありました。身近なある被害者に対し加害者側からの謝罪を、私から促せる可能性がでてきました。実現するかは、わかりませんが、これまでは表に出せなかったことを出せる可能性が生まれて、驚きと喜びを感じております。
▶やりたいことを否定されて育ってきました。そして、私が本当にやりたいことは悪いことと思ったり、やりたいことをやると周りを不幸にする、どうせ世界(家族)に受け入れてもらえない、止めなければ、、と信じていました。でも、本当はやりたいのでとても苦しかったです。その苦しさの根源である「私はやりたい」という気持ちをずっと見ないふりして、拗ねてやらない理由にばかり気をとられていたことに気が付けました。やりたいことに向かってもいいんだ!と思えるようになりました。
▶本当にやりたいことが世界に受け止められると思う度合いは少なかったのが、50%ぐらいまでの確信になりました!
▶他人を含む共同体として、変えていくことにチャレンジできるようになってきた。
▶自分でもできると思えるようになった。
▶根本に社会、世界に対する不信感や怒りと恨みがあり自分が出来ないでいるのは社会、世界のせいで私は悪くないと思っていましたが、今は誰のせいにすることなく自分のせいにもせず、やりたいことを実行することに対して善し悪しの判断を下さなくなりストレスが減ったように思えます。
▶私が本当にやりたい事は、世界に止められるという確信めいたものはやはりありました。実際にお金を貯めてここぞ!という時に家族が体調不良になって全部出費になってしまったこともありました。内観すると、世界に対する恨みや怒りがあるなと感じます。今までは認められなかったけれど、今はそういう部分もあるんだなと素直に認められるようになりました。
▶昔からある程度の所まではそれなりにいけるのですが、それ以上を望むとダメという事が多く、そのある程度のラインが見えてくるといつも、きっとこれ以上は頑張っても無理だろうし、頑張っても無駄だからここでやめておこうとセーブしてしまう事がよくありましたが、それが軽くなっている気がします。
▶子供の頃は環境に止められ、大人になってからは、師匠に止められてきたことが多かったので、それに対する怒りが強かったです。それを言い訳にしないように、叶えるために準備しても、やっと出来る、やり始めたところで止められることが多かったです。本来の純粋な気持ちから、怒りや見返したいという気持ちにすり替わって取り組んでいたから上手くいかなかったんだと気付いてからは、周りを気にしたり焦ることなく取り組めるようになったと思います。
▶私の本望が聞き届けられることは永遠にないような気がして、世界を恨む気持ちになっていたが、その考えがリセットされて、少しずつでも自分の望みが叶えられてきていると、ありがたく思う時が出てきた。例えば現在、コロナウイルスのことで外出は思い通りにならず、不安のため買い占めに走る人がいる一方で、ニューヨークでは午後7時になると医療従事者をねぎらう歌が歌われたり、また今勤めている店でアーティストへの支援があったりと、心のつながりを感じられることが起きている。この「気持ち」を大切にする流れは、自分が強く望んだことの一つで、そういう時代になりつつあることに深い満足を覚え、世界に対する絶望感が減ってきた。そのため、さらに自分の活動にも希望を抱け、もっと思いついたことを形にしていこうと思え、楽しみながら取り組めてきている。
▶本当にやりたいことは何だろう?と自由に考えられるようになりました。少しずつ行動に移していけそうです。今までは、考えようとすると瞬時に消えてしまうというか、やりたいことを素直に認められない自分がいました。
▶世界がどうであろうと、自分は関係ない。自分はただ自分であるだけ。というシンプルさがあり、ただただ、自分を表現していけばいいだけという感じになりました。
▶自分が表現したいことは誰からも受け入れてもらえないと世の中全体に不信感さえ抱いていました。マゼンタフレイムを受けてからは自分の表現したいものを素直に外の世界に発信してもよいのだという気持ちになりました。
▶どうせ、所詮、振り返るとものすごく思っていたと思います。こんな時期に…ですが、コロナが流行り始めて身近な人たちが真面目に話を聞いてくれることが普通かのようですが…以前は何言ってんの?そんなことあるはずないと聞いてもらえなかったのです。本当に大切なことはとても地味で当たり前で普通のことですが、伝えていけたら、伝えていきたいなと思います。
▶自分には課題が莫大にあり、その問題に今まで向き合っていなかった事に気付きました。
▶以前は、自分のやりたいことは、どうせ叶わないという思いがあり諦めていた部分があったと思いますが、その思いが減少し、挑戦していこうと前向きな気持ちになってきました。
▶やりたいことが調子よくできていれば周りのことは気にならなくなった。でも体調を崩してその意識から落ちると、怠くてできなくなると諦めの方向に向かってしまいそうになってそれはまだ怖い。
▶身内などには昔からやりたいことを反対され心を傷つけられる事があり、誰も味方になってくれない、助けてくれないという気持ちが大人になってもありましたが、自分に対する否定感が軽減した気がしました。
▶世界に対してあきらめがあったが、また違う角度から世界をみることができるようになり、良い解釈ができるようになった。
▶本当にやりたいことは世界に止められるという確信は、まさにそのままありました。というより、子供の頃やりたいことをそのまま認めてもらったり応援してもらった経験が全く無かったので、いつしか自分のやりたいことが何なのかさえ分からなくなっていました。やりたいことが出てきたとしても、それが「本当に」自分がやりたいことなのかが自分でも分からない状態でした。「どうせできない、叶わない」というのが信念のようになっていましたが、とにかくやってみようという気持ちになれました。
▶少しわずかに、前向きに目標に向き合おうと思えている気はします。
▶ちゃんとやりたいことは自分で叶えていくことができるのかも思えるようになった。
▶やる前に諦めて悔いて、どーせと思っていましたが、やりたい事はとりあえずやってみようかなとマイナスな感情が起こらず思えるようになった。前の自分が思い出せない程に自然に出来るようになった。
▶個人的な課題が多すぎて、やりたいことにたどり着く前に途方にくれ諦めるという状態が、受けた後には、その事実は受け止めながらも前に進んでいけるかもという意識に変化しています。
▶私の思いは叶わないと思っていました。拗ねて、その先を思い描くことができていませんでした。その先を思い描くことができるようになったように思います。
▶もともと止められるとは思わないが、特になにも感じることもないです。
▶拗ね⇒抑圧=諦め=停滞の無限ループから抜けられた感があります。実際には、あれこれ頭を使って動くのではなく、感覚感情がメインで動いています。ただ、これは50歳になるまで頭と身体を使ってきて「寝てても社会人スキルが発揮できる」という絶対的な自信の元、自由に自分を泳がせる事が出来ているという気もします。ようやくバランス整ってきた~~~っていう喜び。無目的に生きる=自分がその時その時で喜べる動きが取れるが出来そう。最高の気分です。
▶本当にやりたいことは叶わないというか叶えられなかった時の自分を見たくない、みたいなところの恥さらしや拗ねの自分がいた。しかし昨日まさにそうだったけどハワイ島を行き来したりビジネスやりたいっていう元々のビジョンがクリアに入ってきて、そのためには苦手だと思ってる英語も徐々に学ぼうかな?と初めて軽やかに受け入れることができた。

4.現実創造における、自己肯定感、自己受容についての質問です。マゼンタフレイムを受ける前と受けた後では、どのように変化しましたか?

▶ 『本当にやりたいことができなかったらこの世の終わりだからやらない方がいい』っていう頑なな基盤があったように思う。この例のように、ワクワクしたらいつでもいつからでも『やっていい』という感覚へと解け始めてるような気がする。
▶余計な感情がなくなれば、自然と自己肯定の状態になるのだな、を実感しています。素晴らしい。今、とっても居心地の良い人が現れたんです。でも妻帯者。でもね!絶対良い関係でいれるはず、という根拠ない自信が出てきているのです。お互い、というよりすべての人にとって良い結果になる。何故ならば、私が喜びにあふれた感情が溢れてきているから。喜びの感情は喜びの結果をもたらす、でしょう?どんな状況であっても、未来を限定せず、ただ喜びの感情にフォーカスする、の実験を始められました。わーいわーい(#^^#)
▶今までは、自分を信じることが出来ずに条件付きで自分を好きでいましたが、受けてからはどんな自分がいてもいいんだ。と受け入れることができるようになりました。それにより、肯定感も出てきて、やりたいことをやり続けることができると思えるようになりました。
▶ニュートラルになり、過去の状態に引っ張られる事なく、やるべきことをやりながら前に進んでみようという意識に変化しています。
▶自分を責める事が多くて、私だからこの結果になったんだ、私の何が悪いのだろうと思ってたけど、悪いと思っていた自分も素直に受け入れられている自分がいます。
▶自己否定が今まで強かったと思う。私の意見は聞き入れてもらえないと言う気持ちがたくさんあったと思う。ワークを受けて次の日に子どもが友達のママにお願いがあって、言いにくいのでずっと我慢していたのだけれどもう我慢出来ないから友達と一緒に自分たちの主張をしたそうなんです。そうしたらそのママが受け止めてくれて、ごめんねと言ってくれたのです。子どもでも、自分の言いにくい相手や事柄をちゃんとまっすぐに相手に伝えることができて、相手もちゃんと否定せずに聞いてくれたことで、私がとても癒されたんです。こんな癒され方もあるのだな、と思いました。
▶マゼンダの炎で拗ねが燃えているようなイメージを持つと、なんだか解放されるような感じがしました。まだ、ワークの実感が湧かないので、普段の生活のなかで少しずつ内観しながら感じていくワークのような気がします。
▶元々、自己不信がすごく強かったのですが、今の自分を受け入れるほうに意識が向いてきて、そういう状態になってきたことが本当に嬉しいです。
▶いつも新しい自分で、やりたいことに集中できるようになった。
▶焦る気持ちがなくなり自己肯定が上がり自分を大切にすることを一番にしたいと考えられるようになりました。
▶自分は変でもいいと思えた。それが素敵だとおもった。これだけ面白いアイディアがあって、自分が楽しくてできてるなら、人から変だと言われても気にしないと思えた。
▶自分にも出来る、叶えられるという思いが増してきて、希望が持てるようになってきました。
▶自己受容ができてない自分がいることがわかりました。
▶好きなことしていいんだよ、と思えるようになったと思います。何をしてもいいんだよ、大丈夫だよって自分に思えるようになりました^^
▶今まで自分自身に対しても、他人に対しても、世の中に対しても素直に向き合えず、八方塞がり、がんじがらめになって能動的に動くことを忘れていました。マゼンタフレイムを受けてからはまず自分の気持ちに素直になれ、たくさんのインスピレーションが降りてきて、それらを実現させたい、今の私ならきっとできると前向きになりました。
▶うまくいかなかった事で自分を責めていたりしていましたが、それはそうではなく、ただ単純にそんなタイミングだったというだけで、自分がバレる事なく安定はそのまま。不安もなくなったと思います。
▶ありのままの自分をもっと好きになりました。何もなくても、ネガティブな考えが顔を出しても、気持ちを無理に押さえつけずに、自己受容できるようになりました。
▶いつも自分が悪かった、間違っていたのではないかという気持ちがあったが、一つも間違っていないで愛に生きているという感じがして、心が折れなくなった。仕事についてだけでなく、人との関係についても、そう感じられるようになった。
▶今の実力を素直に認められるようになりました。周りがどんどん進んでいる中、自分は取り残されているようで焦ったり、出来るように認められるように過度に頑張ったりしていましたが、今出来ることをそのまま出せるようになりました。焦らなくても必ず出来ると信頼できるようになったと思います。
▶私は、思って行動したら、きっと叶うんだろうなぁと思えます。
▶世間的にそうである事と、自分がそうであるという事を切り離して考えられるようになったと思います。
▶以前でしたら、事始めにまずネガティブなシナリオ想像をしてから対策を練るというパターンがありましたが、本当にやりたい事はやれるしやってみればいいと不安や恐れにかられることなく前向きな気持ちでやってのけそうな力強さを自分の内側から感じています。
▶今までもできていたことを素直に認められるようになってきた。
▶自分の可能性をあきらめないと思えるようになってきた。
▶無意識の自暴自棄や拗ねているのが軽くなりました。自分で認知出来ないぐらい、たくさん抱えていたことに気づけてとても良かったです。
▶本当に勝手に思っているだけなのですが、自分がやりたいことをやる!と決めたら流れがそうなるように感じています。前は、やるぞ!と思っても心のどこかで「いや、やりたいけれど、私はやりたいことしちゃダメなんだよ」と信じていたので、やりたいことを行動に移しても移さなくても苦しかったです。でも、マゼンタフレイムを受けた後は、行動しても苦しくなくなりました。「やりたいことをやってもいい」という許可がやっと肚に落ちた感じがします。
▶現実創造に対し、いつも「どうせ私は」という斜めの姿勢でしたが体勢が変わり、素直に正面から向き合っているような方向性のエネルギーを感じられるようになりました。
▶今まで自分がやりたいと思っていた事は実は世間の目や常識を気にしてやっていた事なのかもと感じるようになり、本心からやりたい事は何なのかと考えるようになりました。
▶過去の失敗や上手く行かなかったことを別物として考えられるようになった。またそれが今の自信になっていると捉えようになった。
▶過去に行ってきた拗ねや諦めに対しては、深い受容と許しが起こりました。その上で、望みを諦めずに進んでいける気がしています。
▶自己受容感が増したように感じています。今までできていないことにしかフォーカスせず、自分自身を受け入れるということをおろそかにしてきたな、と感じるようになりました。出来たこと、できることに対しては、無かったことにして無視していました。”いままでだって、随分と苦しみもがきながら、いっぱいできたこともあったし頑張って乗り越えてきたよね。”と、自分に対してのいたわりの気持ちが生まれています。それから、”やりたいこと、やってもいいよ。大丈夫だよきっと。”と、余計な縛りなく思えるようになっている気がします。
▶まず自分がどうしたいかわかるようになって、きちんと伝えられる様にもなって、そうなってからは現実化出来る様になりました。
▶以前失敗してトラウマになった部分について、また調整出来るかな?という気持ちになっています。

5.マゼンタ  フレイムを受けようとご検討している方に向けて、一言メッセージをお願い致します。

▶ 希望を持てる様になれました。ずっと変わらないと思っている人達に受けてもらいたいです。
▶オススメします!
▶マゼンダフレイムを受けて、人と関わることへの恐れと緊張がかなり軽減され、何かに捕らわれることなくそのままでいられ、伝えられるようになりました。そして、必要以上に自分を人に合わせなくなっています。自分から発する言葉もより素直に変化しています。自分自身の不調和を終わらせ、調和させていくLOVINGだと思います。拗ね、いじけ、諦め、卑屈、自暴自棄、やけくそ、無力感、過剰にやり過ぎる、自分に対しての否定的な感情、、、当たり前にあり過ぎて、それが自分だと思っていたのに、終わりにすることができるなんて夢のようなLOVING。そんな感情を終わりにしたい方にお勧めです!世の中落ち着きませんが、数々のLOVINGのおかげで不安に飲み込まれることなく過ごすことができています。あやさんはじめ、フリーダムディスティニー社のみなさんのメッセージにいつも希望をいただいています。
▶マゼンダフレイムの施術を受けて、「どうせ」という拗ねと「所詮」という諦めの言葉が自分の中からなくなりました。本当に叶えたいあらゆる望みに対して、素直に表現したり、行動していきたい方にとてもおすすめのLOVING です。
▶拗ねた鏡越しの世界と、それが無くなった世界では心の安らぎも楽しさも全然違います。クリアな視点で世界を自分を見つめるきっかけになりますように。
▶悩まれているなら行動してみて下さい。
▶自分にとっては当たり前すぎて、気付いていなかったことに気づけて良かったです。自暴自棄や拗ねが普通になっていてゾッとしました。素直な自分には「久しぶりだね」って言いたいです。
▶私は、世界に対して、どうして分かってくれないのっ!もう知らないっ!とぷりぷり怒ってずっと拗ねていました。マゼンタフレイムを受けたら、この拗ね拗ねした気持ちが消えて、そんな私を責めていた自分がいなくなり、拗ねていた自分も愛おしく思えています。拗ねている自分を情けなく思ってしまう気持ちも消えて、気持ち新たに生まれ変われるようなLovingでした。
▶何か挑戦したいけれど、なかなか取り組まない方などもいいかもしれません。
▶これからがワクワクしてきます。
▶自信のない自分から、脱出しましょう。
▶拘りやジャッジが減り楽に生きれますよー。
▶とんでもなく拗ねていたんだと、自覚するところから始まったので、私にとってですが、結構キツかったです。
▶やりたい事をやりたいのに諦められず、でも出来なくて何年も立ち止まっている方は是非受けた方がいいと思います。
▶受けて良かったと思います。ありがとうございました。
▶拗ねて素直になれず、本当に望むものから遠ざかっている方におすすめしたいです。素直になることで、望む世界がグッと近づいてきました。諦めることなく進みたい方におすすめです。拗ねを自覚していましたが、どうしたら辞められるのかわからなかったところに、このLOVINGが登場したことで助かりました。ありがとうございます。
▶今まで常に「どうせできない」という後ろ向きな気持ちで、ブレーキが大きくかかっている感じでしたが、それがなくなって軽くなり、自分の目指す方向にためらわず向かっていけるようになりました。自己肯定感が増えたせいかグラウンディングもしやすくなったので、大志を持ちながらも自分を信じづらい方には強くおすすめしたいヒーリングです。
▶自分の素直な望みに気付けずに、未来がぼんやりとしている方、無力感に苛まれている方に受けてみてほしいです。自分の中にある純粋な望みに気づくと、生まれてきた意味、未来への期待が高まると思います。自分をもっと信頼できると思います。2回目を受けて、さらに素直になった自分に出会うのがとても楽しみです。あやさん、スタッフの皆様、いつも素晴らしいlovingをありがとうございます。私も多くの人に愛を渡していける自分になります。
▶私はパートナーシップにおいて諦め、すねてもう関わるのも無駄なんでしょ。という時に利用させていただきました。施術後、うらみや怒りで関わりたくもない。という感情から、ただシンプルに関われたらいいや。という感じになりました。本当はしたいのににえきらなくなっている事に効果がある様に思います。ただ単純に諦めたくない!というエネルギーも出てきたので、その様な時はパーフェクトパートナーも一緒に受けるのがよいのかなと思いました。
▶素直になるととても心身が楽になります。自分が素直でいると周囲まで素直になり、たくさんの笑顔が見れ、平和な気持ちになります。素直になれなくて損をし続けている方に超お薦めです。
▶どうせ、でも、だって、ものすごく減ったと思います。ものすごく拗ねていたと思います。が、受けてから自分の考えや意見をとても大切にできるようになったと思います。自分が自分を大切にできるって、一人なのに嬉しく幸せな気持ちになれます。
▶人によって、感じ方は違って当然で、すぐに何か感じられる方もいらっしゃれば、かなり後になって感じられる方もいらっしゃいます。すぐに感じられる方がいい、後になって感じられる方がいいといった事は、ありません。今一度、自分に向き合っていきたいと思えるLOVINGです。
▶ハートが軽くなり、穏やかになった感じがします。
▶受けた翌日気持ちが楽になりました。プレシャスサファイアも受けていたからか、いらないものがなくなったのでアイディアが入るスペースができたみたいに湧き出しました。そこから、自分は自分でいいと思えるようになったので、強力なLOVINGだったなと思いました。
▶身体や特にハートにピリピリと痛みを感じ癒されていない部分、否定された過去の癒しを感じました。
▶どんどん自分が向かいたい方向へ向かえるようになるのでおススメです!
▶ワーク終盤くらいに、ものすごくホッとした気持ちになりました。パワフルなのにほんとに優しいワークだなと思いました。
▶前向きに目標と向き合えるきっかけになれると思います。
▶自分が素直になると気づかなかった愛に気づくことができるのかな、と思いました。歪まずに見ることができるからなのかな、思いました。
▶どうせ私なんかっ!ってずっと諦めていたら、ぜひ受けた方が良いと思います。気付くと自然と出来るようになっているなって思えました。
▶捻れていた感覚がほどけて、とても素直に生きる事ができるようになると思います。
▶拗ねている私、嫌いでした。本当の私ではなかったからですね。今は私が愛おしいです。ぜひ受けられてください。自分が中心でいられるようになります。
▶一旦試してみても良いかと思いますが、根深く感じている人は何回か受けた方が良いと思いました。
▶幸せになりたい人は受けてください!!!軽くなる、喜び、がどんな感じか体験できます。お勧めします!今年に入って連続して施術を受けさせていただいておりますが、本当にメキメキと自分が楽になっている事を実感しております。また、過去世がすごく浮かび上がってきてもおります。修験道、蔵王権現がちらつきます。ちらついている=手放す時がきた、とも思っています。ここまで来るまでひたすら長かった~。施術、ありがとうございます。厚くお礼申し上げます。
▶施術後にアンケートをこたえてはじめて拗ねは強固だったとわかりました。拗ねてるとどこの時点で私は諦めてしまったのかもわからなくなっちゃった感じでしたが施術後は大人なんだけど心は赤ちゃんのような感じになれました。綾さんの施術は、本当過去世のようになるのがすごいです。今の混沌とした世界で、このようにスッと世界を変容できるサポートがあるってすごい幸せです。いつも本当にありがとうございます。これからもよろしくお願いします。
▶まだまだ変化を観察しているところですが職場で、他のみんなが言うやり方でなく、自分はこう思うというやり方をやってみました。その時、ダメと言われたらその時考えようと思えました。あとは、自分には価値があるって初めて思えて泣けました。いつも卑屈で、特別と思いたいわたしでした。無価値感が常にあったんですね。創造することを諦めていましたがこれからでも遅くない!当てはまる方がこれを受けることで生きやすくなりますように。

ご感想枠2下ブルー

*以上の文章の著作権は、Freedom Destinyに帰属します。こちらの内容を一部引用でも転載する場合は、必ずFreedom DestinyのHPリンクを貼り、引用部分、引用元を明記してください。
PAGETOP