【Freedom Destiny】Innocent Frontier イノセントフロンティア講習

  • HOME »
  • 【Freedom Destiny】Innocent Frontier イノセントフロンティア講習

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019LOVING文字

 

愛が打ち砕かれる度に
人は愛することが出来なかったと
自らの愛を悔やみ続ける

 

それでも、幾度でも、何度でも
諦めずに、愛に挑み続けるのは
わたしたちが、本来は愛と光以外の
何物でもないからなのだろう

 

愛が打ち砕かれる度に
人は臆病になって
自らの愛を現すことを
恐れるようになる

 

その恐れを解き放つには
打ち砕かれてしまった愛の欠片を集めて
『確かに、愛していた』という
真実を取り戻すこと

 

その時、愛は理解を超える。

 

『他人に自分のことを、全部、わかってもらうことなど、出来ないのですよ』
『理解されようとすることを、辞めましょう。徒労に終わります』
『他の人に理解を求めるのではなくて、自分が自分を理解してあげなければ』
『わかってもらいたいという気持ちを、無くしましょう』

。。。。。もう、それは、充分わかっているよ。
わかっているけれど。。。。。辛いんだ。

 

心のことを学んでいって、理解されたいという思いや
理解されたかったのにされなかったという悲しみを抱いていることに
取り組んでいくと、大抵、こうしたメッセージを
何処かで読むことになったり、誰かに諭されることになります。

 

非常に正論で全うな意見ですから
こうした、アドバイスメッセージに従い
わかってもらおうとすることを辞め
相手には相手の世界があるということを
わたしたちは学んでいくのです。

 

それまでの間、
ありとあらゆる手を尽くして
わかってもらおうと努力しようとします。

 

例えば、わかってもらうために
丁寧に言葉で伝えようとして
沢山説明を入れてみたり
色々な例えや例題を用いて
多角的な観点から伝えてみたり

 

全然、わかってくれない相手に
何とかわかってもらおうとして
無理やりわからせようとしてしまったことさえ
もしかしたらあるかもしれません。

 

わかるかどうかは、説明する側の力量だけでなく
相手の理解度の力量も大きく影響しますし
最終的にわかることを決めるのは相手の範疇になります。

 

どんなに説明をしてみたとしても
地球に来る前に、お互いが全く異なる星から来ていたとしたら

 

例え家族であったとしても、大きく価値観や思考観点が異なりますから
どんなに話し合っても、分かり合えないということもあります。

 

そんなつもりは無かったのに
言ったことを悪く取られてしまったり
押し付けられたと誤解されてしまった時

 

理解されなかった悲しみを抱えているか
結局他人とは分かり合えないんだよねと
自らをなだめて納得をさせるかのどちらかで生きているのです。

 

自分と同じ人間は他にはいないんだからと言い聞かせて
孤独を抱えながらも、違いを愛そうと
一生懸命に健気に生きているのです。

 

そんな中、開発者である、わたし、平野あやは
スピリチュアルティーチャーとして
多くの方々の意識覚醒のお手伝いをしていく中で
不完全燃焼的な感覚、気になることが出てきました。

 

『わかってもらおう』とする行為自体を終えられている方々
わかってもらおうとする度合いが、著しく減少している方々の中に
別のレベルでの、理解ということに関しての深い悲しみを見つけたのです。

 

これが一体、何なのか。
それを解明していくことにしました。

 

何故なら、そこにも着手しない限り
理解されなかった痛みと悲しみを
完全に終わらすことは出来ないような気がしたからです。

 

LOVINGメーカー開発の日。
お集まりいただいた方々と語り合う中で
わたしは、その答えを見出しました。

 

人々の根本的な意識構造が
わかってもらいたい=共感しあいたい=愛し合いたい
という図式になっていたために
分かり合えなかった=愛し合えなかった、又は愛することができなかった
という風になっていたのです。

 

つまり、分かり合うことが出来なかった経験は
愛し合えなかったり、愛せなかった経験として
その人の中に残ってしまっていたのでした。

 

そこで、その場で、わたしは
分かり合えなくても、愛そうと一生懸命であったこと
そのこと自体が、既に愛であるということが
視えるようになる叡智を入れ込んで
イノセントフロンティアの原型をつくりあげたのです。

 

そして、その後、更にわたしは『共感』ということを研究していきました。

 

そこで、わかったことは
レムリアの中期頃に、
地球に入ってきた魂。

 

ワンネス、ユニティーを
体験したことのある魂は
文字どおり、この地球で、ワンネス、ユニティーを
実体験しているので、<何も言わずとも、全てがわかっている>
という状態を経験しているため

 

幾ら一生懸命説明しても共感が出来ないという
現代の地球の人間の状況が
その状態との乖離とあまりに不一致だからこそ辛く

 

共感し合いたいという根本的な望みは
魂の記憶、ワンネス、ユニティーの状態を
感じているからこそ、起こるものである
ということが分かったのです。

 

そして、LOVINGメーカー開発の時から
更に開発を進めて、イノセントフロンティアを
遂に完成させることができました!

 

イノセントフロンティアの LOVINGは
二つのフェーズから成り立っています。

 

1.わかってもらいたい=共感しあいたい=愛し合いたい という望みがあり
分かり合えなかった=愛し合えなかった、又は愛することができなかった
という風になってしまった、人生のあらゆる経験を
理解を超越した愛の叡智伝授を行うことで

 

どの経験も愛であった、愛し合っていたというように
パラダイムシフトを起こして促していきます。

 

ただ「愛し合いたいだけだった」
わかり合えないこと自体が、愛しているからこそ、両方が辛くて
どちらも痛みを抱えてしまいますが
「愛し合っている」というところに立てたら
どんなに楽になるでしょう。

 

打ち砕かれてしまったり
打ちひしがれてしまっていた愛が
あらゆるレベルで復活していき
自らの愛の自信を取り戻していきます。

 

わたしたちは、何かの能力があったり
何か特別なことが出来るということではなく
自らの愛に対しての自信があるときに
失うことのない、存在としての
自信を得ることができるのです。

 

2.共感し合いたいという根本的な望みは
魂の記憶、ワンネス、ユニティーの状態から来ています。

 

今、現在の地球状況は
ユニティーの状態ではありませんから
確かに他者に求めることは出来ませんが

 

わかってもらいたいという求める意識自体は
共感の状態を体験しているユニティーを
心のどこかで感じているから発生しているだけにすぎません。

 

しかし、スピリチュアルを勉強すればするほどに
『他人に自分のことを、全部、わかってもらうことなど、出来ないのですよ』
『理解されようとすることを、辞めましょう。徒労に終わります』
『他の人に理解を求めるのではなくて、自分が自分を理解してあげなければ』
『わかってもらいたいという気持ちを、無くしましょう』
という風に諭され続けたため

 

ユニティー、ワンネスへ帰還したいという
崇高な魂の願いまでが、あたかも悪者であるかのように
堕ちてしまっています。

 

実際に、『理解し合いたい』という
テーマや強い願いがある方は
<愛>であることに一生懸命で、
人一倍、愛の方であることも多いのです。

 

それは、魂の意識と連動して、
すべてがわかっているワンネス、
ユニティーの状態を
レムリアの時代を懐かしく思っているからなのです。

 

わたしたちは、今現時点の、分離の世界において
『理解』『共感』『わかってもらいたい』という想いを
叶えることはできないかもしれません。

 

だからと言って、魂の崇高な願い
ワンネスとユニティーの世界を望むことを
この地上に再び、ユニティーの状態に
人類が達成するという望みは捨ててはならないのです。

 

わたしが、感じていた、理解ということについての
不完全燃焼的な感覚は、この部分を感じていたからでした。

 

未だ分離の世界の学びや、実状を受け止めながらも
ワンネスとユニティーの愛の地球にアセンションすることを
再び地球に楽園が創られる望みを捨ててはならないのです。

 

この矛盾の両方を受け止め切って
この矛盾の両方を、
これからの全てに活かすと決めた時


あなたの中での、
今までの理解にまつわる全てが
愛であったということがわかります。

 

今までの分かり合えなかった全ての現象に
自らの愛を見出すことができて
分かり合えなかったと嘆いていた
その自分に対しても愛おしさを感じます。

 

共感する達成を得られなかったことは、愛に値しないと
何処かで沈んでしまっていた、あなたの愛が、再び浮かび上がるのです。

 

共感を得ようとしたり
わかってほしいという感情が人一倍強かったのは
ただ、愛し合いたかったからだという赦しが起こり

 

ワンネスとユニティーの魂の記憶が
ここから、どこに、人類が向かえばいいのか。
その道を教えてくれているのだとわかります。

 

イノセントとは、純粋無垢。
フロンティアとは、開拓地。

 

理解に対しての善悪を超越し
二元性的な理解という概念を凌駕する。

 

イノセントフロンティアは
理解、共感、愛、それらのすべてを
二元性を超越した、一元性の愛の視座で
優しく、パワフルに、愛を復活を起こします。

イノセントフロンティアのLOVING施術を
実際に受けられた方々から頂いた生の声です。
ご感想アンケートを元に集計しました。
多くの方々が効果を実感されています。

・わかり合えなかった=愛し合えなかった、又は愛することができなかったという概念を超越し、ただ愛であったという覚醒を促します
・わかりあいたい、共感しあいたいという、願い自体を次元上昇し、共感を求めること自体が、ワンネスとユニティーの愛のアセンション後の地球という魂の崇高な願いであったという、誇りに変えていきます
・理解に関する矛盾の両方を受け止め切って、矛盾の両方を、これからの全てに活かせるように促します
・今までの理解にまつわる全てが、愛であったということがわかります
・今までのコミュニケーションにおける傷や痛みが癒されます
・「愛し合いたい」と常に願っている自分を受容できます
・『自分の愛』に確信が持てるようになります
・「わかってもらいたい」が減少します
・自由に自分を表現していいと思えるようになります
・自己肯定感、自己価値が上がります
・解ってもらえなかったという悲しみが癒されます
・愛の制限解除が起こります
・自己肯定感が上がります
・相手のことを尊重できるようになります
・愛し合えなくて辛いと思っていた事が癒されます
・理解に関する矛盾の両方を受け止め切ることが出来るようになり、矛盾の両方を、これからの全てに活かせるように促します
・理解することで生じていた葛藤が減少します
・それまでの理解にまつわる全てが、愛であったということがわかるようになっていきます
・理解に対してニュートラルに感じられるようになります
・自分が愛であることに気付けるようになり、自信に繋がります


・理解に関するテーマが、自分にあると感じる方
・わかってもらおうとすることを、辞めていこうと精神的に取り組んできた方
・愛が打ち砕かれてしまったという風に、感じる経験を過去にした方
・相手を思うがあまり、言いたいことが言えないできた方
・相手にわかってもらおうと一生懸命伝えようとしがちな方
・「所詮わかってもらえない」「わかり合えない」と思っている方
・自分を表現することに抵抗がある方
・「愛し合いたい」と願っている方
・自分の意見を言ってから、押し付けてしまったか不安になる方
・共感してもらう、共感することを大切に感じている方
・言葉による表現に対して苦手感、抵抗がある方
・どうせ解ってもらえないと諦めている方
・過去に解ってもらえなかったという悲しみがある方
・過去に解ってあげられなかったという悲しみがある方
・細かいところまで説明しないと解ってもらえないと思っている方
・家族や友人から共感されず悲しい経験をしたことがある方
・解り合えないことで相手から否定されたことがある方
・相手を理解できず自分を責めてしまっている方
・自分は愛のない冷たい人間だと思い込んでいる方
・言葉による表現に対して苦手感、抵抗がある方
・わかってもらえないのは自分のせいだと思っている方
・わかってもらえないというのがダメだと思っている方
・わかってもらえないことで自己否定を感じている方
・わかってもらおうとするのを辞めていこうと精神的に向上しようと頑張ってきた方
・わかってもらいたいと思うことをやめたいのにやめられない方
・相手を理解する、理解されることに対してこだわってしまう方

 

イノセントフロンティア2020講習

イノセントフロンティアの施術を
ご本人と二親等の家族に対して施術ができるようになる講習です
(プロとして第三者に提供をされたい方は、
別途LOVINGプロヒーラー講習、
またはアセンションライトワーカー覚醒プログラムの受講が必要です)

 

     ~ イノセントフロンティア2020講習の概要 ~

1.イノセントフロンティア施術
(施術者の方が、ご自身で出来るようになる部分です)

イノセントフロンティアの施術がご自身で出来るようになります。
施術は無制限に幾らでも、ご自身と二親等のご家族に行っていただくことができます。

 

エネルギーを取り扱ったことがない方でも
事前に必須講習である、ラブプロテクション講習をお受けになられてから、他の講習を受ける流れになりますので、確実にエネルギーを取り扱えるようになります。

 

すべての受講者が、確実にイノセントフロンティアのエネルギーが取り扱えるように、イノセントフロンティアを伝授して、取り扱い方を指導しますので施術できるかどうかの不安は無用です。

*講 習 代 金 132,000円
*事前LOVING開発準備ワーク 4日間
*講 習 時 間 90分(人数によっては時間が多少伸びることがあります)
*受 講 資 格 ラブプロテクション講習

★2020年5月からは、遠隔Zoomでの開催となっております。

 

【 銀行振込をご希望の方 】

【 クレジットカード支払いをご希望の方 】


ご感想
ご感想枠2上ブルー

1.理解についての質問です。わかってもらいたい、理解してもらいたいという気持ちや行動は、イノセント フロンティアを受ける前と受けた後では、どのように変化しましたか?

▶ 自分の思っていることや感じている事を素直に伝える割合が増えているように感じます。それをどのように思うかは相手次第であり、たとえ理解し合えなかったとしても、自分は等身大でいていいと、カッコつけなくていいと自己受容が増したようにも感じます。
▶わかってもらいたい、理解してもらいたい気持ちは凄い強くて苦しかったです。昔は、生いたちからのインナーチャイルドなのかな?と思うようにしてました。社会性もなく、幼いんだと自分を責めていました。いろんな人と接していくうちに、ある時から、インナーチャイルドだけではないと気づくようになり、自力では限界でした。どこへ行っても(過去世からご縁のあるコミュニティ以外)自分が魂から響き合える人以外は、わかってもらうこと、理解してもらうことの優しい愛の交流は無理でした。響き合えない相手のことも、愛したいという気持ちが強く、理解して受け入れるのに凄いエネルギーの消耗に年月をかけていました。本当に疲れていました。受けたあとは、「どうせわかってもらえないから、言わない。無駄な時間。」と言い聞かせてましたが、拗ねや諦めもなく、ただ、たんたんと今瞬間の自分の言葉で自然に表現できるようになり、そうしたら、相手から批判される言葉がかえってこなくなりました。相手も相手の周波数で言葉をかえしてきてることも自然に受け入れることができていることにビックリです。人とコミニュケーションすることがこんなに緊張せず楽になりました。言わなければよかったといつも後悔してましたが、まったくなくなりました。相手が私の言葉とエネルギーと愛を理解しようがどちらでもよいと思って発言や行動ができるようになった。相手が理解できるまで待つことをしよいと思わないし、自分は自分で覚醒していくことの覚悟が決まりました。
▶わかってもらいたい、理解してもらいたいという気持ちがなくなり、とても楽になりました。
▶ここ最近、なぜかそうなのですが、この施術を、受ける前に、過去の経験やトラウマを追体験するような出来事が起こりました。「私がこんなに頑張っても、理解してもらえないんだ…。伝わらないんだ…。」の類のものです。施術後は、それに関してあまり考えなくなったというか、気にならなくなった感覚です。
▶今まではどこかに無意識にでもわかってほしいという想いがあって、必要以上に説明していた気がしますが、今は、言いたいことはわかりやすくいったとしても、それをどう受け止めるのかは、相手の領域と思って楽に説明できるようになりました。いつの間にかそうなっていました。
▶相手に伝わるか伝わらないか、いままでは伝える前にものすごく考えてしまっていました。受けてから、自然と思ってることを言葉にできて、の後で伝わらないならそれもそれでいいかと思えるようになりました。
▶しっかり説明してわかってもらわなきゃ!と思っていました。そっちの方が絶対いいのだと信じていました。受けた後の今では「説明しなくても、まあいいか~」と思いますし、無理して理解しようとも思わなくなりました。他者とのコミュニケーションにおいて、誤解しているかもしれないし誤解されているかもしれないけれど、「その時のベストを相手も私も尽くしたし」と思えています。完璧を求めなくなりました。
▶この一年、飲食業に正社員で入り続けて勤めていますが、何一つ認めて貰え無かった。入社初日からホントに些細な事で細かく細かくパワハラが始まり、男尊女卑に差別を受け続けており、社長は本当に御好意で良くして頂けていましたが、クレームと相談をしてきていましたが、結局なんの解決にもなっておらず私という存在を決め付けで判断されていました。承認欲求みたいな感でずっといました。社長からは庇ってはいただけていましたが周りの状況での判断でとても公正では無かった。どれだけ頑張っても公正な評価が得られなかった。上司や同僚は、ホントに酷く何度も退社を考えていました。そんな精神状態で新人の指導をと言われ、上司は新人育成は丸投げ、私へ揚げ足取りに指摘ばかりだった。新人入社3日目に、新人の有り得ないミスを私は庇い切れなく、私が言った気分悪い言葉でやめてしまった。その事で酷く私の言動に残念がられ、何で言ったのかと責められた。昇給カットにもう庇い切れないと言われ会社は首の皮一枚で繋がっている状況。私の言い分は聞き入れて貰えなかった。私はいじめたんじゃない!言い方はまずかったと反省はあるけど、間違ってはいないと言う気持ちは遮断されました。受けてから、私の状況はもぅ聞いて貰えなくてもいいや、と気持ちに変わっており、転職に動き出していました。
▶理解してもらいたくて説明の時の言葉が多くなりがちでしたが、気持ちに余裕が出来てがんがん説得しようとしなくなりました。
▶相手には伝わっているはず、分かっているはずという思い込みがあったことから、コミュニケーションがとれていなかったことに気がついた。自分の思いや考えを正直に伝えることができた。
▶わかってもらいたい。理解してもらいたい。という気持が今まで本当に強くありました。でもなかなか理解してもらえるような人に出会えず、基本的に私は人に理解されないであろう。という前提で生きるようになっていました。期待が大きかったのかもしれませんが、期待をあきらめた感じで生きていました。その期待が薄れたのかもしれません。人に過度な説明や自己防衛を入れず、人に理解されたいという思いも減少し、理解されなくても私は私でしかいられないんだし。と、気持ち的に楽になっています。
▶解ってもらいたくて、解ってもらえなくてイライラしてたのがピタッとなくなりました!!🙄
▶少し軽減されたと思います。理解し合えないんだな、相手は別の人(考え)だから、自分とは違うんだなというのが、以前よりも腑に落ちていると思います。そのような意味では、相互理解が難しそうな相手に対するコミュニケーションには以前よりも力を入れていないかもしれません。ただ、完全に手放せたかと言えば、そこまでには達していないと思います。
▶以前は理解してもらいたい気持ちで溢れていましたし、話すのもしっかり聴いてわかって欲しい、そして私を好きになって欲しいと強く思ってましたが、施術後は相手に過度に期待しすぎていた自分が腑に落ち、どう受け取るかは相手次第だし相手の思いと自分の思いが違ってしまうのは仕方のないこと、残念だし悲しいけど受け入れようと思えました。
▶気楽に説明できるようになった。
▶思いが相手に伝わらない、理解してもらえないと思い、がっかりしたり悲しく感じることが時折あったが、そのような気持ちになることがだいぶ少なくなったと思う。それらにひと段落付いた感じがする。またこちらの意図が伝わらなかったと感じた時、自分の説明がよくなかった等自分を責めるところがあったが、それも少なくなり、そのような状況でも以前より冷静に受け止め、がんばり過ぎずにコミュニケーションしようとするようになったと思う。
▶会社の帰り道に、知り合いと会って同じ方向でしばらく一緒だと気疲れするので、なるべく会わないようにしていたが、気にならなくなった。
▶昨年から住み始めた集落の新年度役員の引継ぎにご近所の方が説明に来られました。私よりだいぶ年上ですが、親しみやすい方なので私は途中からお友達? のように敬語をきちんと使わずに話しました。その方のにこやかな表情が真顔になりましたが、私は敬語が上手くないのは事実なので隠しても仕方ないし、陰口を言われたとしても全く気にする必要性を感じなくなっていました。
▶もともと、「わかってもらいたい」「でもどうせわかってもらえない」という思いがとても強かったのですが(イノセントフロンティアの説明を見た時も、これは私がずっと受けたかったものだ!と、嬉しくなりました)、施術後は、その思いにフォーカスしてこだわってしまうことが少なくなりました。こだわらなくてすむことで、とても楽になりました。
▶理解されようとする為に共感したりすることより、自分の気持を優先して良いと感じました。
▶以前は理解してもらおうと頑張って説明をするのですが、結局言いたいことが伝わらず、イライラしたりがっかりする事が多かったのですが、受けた後には、わかって欲しいという気持ちがないフラットな状態でストレートに自分の気持ちや考えを伝えることができ、相手とのコミュニケーションの摩擦も起きず、とても楽になりました。
▶無理してまで、話そうと思わなくなった。
▶わかってもらいたくて度々ぶつかっていたけど、自分も相手を認めないで自分の意見ばかり主張していたのに気づきました。
▶理解してもらうために、何度も話したり、言い方を変えたり必死になっていましたが、気負わずに話せるようになりました。
▶相手に何か説明をしたり自分の気持ちを伝える際、分かってもらいたい、理解してもらいたい一心で頑張ったり場合によっては強引に押し付けるような物言いになっていたりしていました。ワーク後はその度合いが少なくなり、(相手がどう受け取っているかはわかりませんが)正直に力まず伝えることができるようになってきたと感じています。
▶人をかえようとか、分からせようとかおもわなくなりました。
▶無意識に人に対して身構える、緊張することが減少したと思います。
▶理解して貰うこと、受け入れて貰うことをいつも求めて、働きかけても、道化のような自分を感じて、内心嫌だったし、本当に孤独でした。受けた後、良い意味で諦められました。孤独な自分を受け入れて、人に受け入れて貰うために、したくない無理をすることを辞めようと思います。
▶仕事上淡々と説明するようになった。感情低く。
▶この人には通じない、と職場の上の人に対して思ってしまっていますが、私が発したことばには、自分のことがよく見えていなくてひとりよがりなところがあったかもしれない、とふと思いました。
▶力みが抜けたような気がします。あまり期待しないような感じ。
▶わかってほしい、理解してほしいという堅苦しい気持ちが徐々に柔らかくなってきました。
▶どうしてわかってくれないんだ!という感情を常に抱えてたのですが、無くなってしまったようです。過去の嫌な記憶が消えてしまったわけでは無いのですが、とにかく頭が真っ白になったような感じになって色々な思考ができない感じになりました。だからなのか、思った事、感じた事をただ素直に相手に伝えている自分となりました。その結果、今まではわかってもらいたくて一生懸命だった自分だったんだと痛感しました。その一生懸命さが、無くなったので、受け取る前よりもわかってくれる人、共感してくれる人がでてきました。わかるよー!同じ事思ってたよー!私がおかしいのかとおもってたんだけど、なんか嬉しいなぁ…ってそんな事を言ってくれる人が目の前に現れ出しました。これには驚きました。わかってもらいたい…なんて、これっぽっちも思って無かったのにえっ?って拍子抜けしたような感じです。
▶相手によって、かしこまらないとはなせなかったのが、自然に話せるようになった。構えずに表現できるようになった。
▶理解してもらうために、一般的な事柄については分かりやすい説明を心がけ、どう話すかを頭で組み立ててから相手に伝えていました。一方自分の気持ちについては、特に家族間において「言わなくてもわかるよね」という思いが強く、言葉で伝える事が少なかったように思います。ですので、時としてコミュニケーションが煩わしく一人になりたいと思うことが多々ありました。受けた後は、自分の気持ちを素直に言葉にしようと思えるようになりました。まだ言う前に「これは言ってもいいかな?」と考える事もありますが、以前より楽に言葉にすることができていると思います。
▶最初の三日間はなぜか、今まで飲み込んできた怒りや憎しみが爆発しました。それが終わったら私の理解どおりに理解してほしい、受け取ってほしいという気持ちがあったことに気づき薄くなった。言葉を飲み込まず、卑屈にならずに言いたいことが言えるようになった。
▶自分は相手に理解してもらおうと努力しているのに、相手は努力していないという思い込みがあり、相手への信頼感が低かったと気付きました。施術後は、自分がコミュニケーションで苦労しているということは、相手も同じ。まずは信頼し、少しずつギャップを埋めていけばいいという楽観的な意識に変わりました。
▶いつも「どう伝えたら分かってもらえるのだろう」と言葉やツールを選んで手探り状態だったが、ワーク後、どうやっても相手には理解できないのだと、良い意味で諦めがついた。
▶理解されないことを恐れて言葉が出なかったり、理解してもらえなかった時に悲しくなったりする事がなくなりました。
▶ちょうどイノセントフロンティアを受けた前後で、自分の愛をわかってもらえず悪者にされてしまったように感じる出来事がありましたが、深くでは今までの自分よりもニュートラルに捉えている自分がいました。わかってもらえないことに対する痛みが自分の中にものすごくあり、それを確認させてもらう出来事だったように感じました。
▶自分と相手にそんなに期待せず、より力まずコミュニケーションが取れるようになったと思います。
▶今のありのままの自分でいいのではないかとおもえるようになってきました。受ける前はいろいろ考えすぎてしまっていたように思いが、受けたあとは気持ちが少し気楽になったように感じます。

2.共感についての質問です。イノセント フロンティアは、共感の度合い自体が愛そのものと一致してしまっていることを解き放つ要素があります。イノセント フロンティアを受ける前と受けた後では、共感の度合い自体が愛そのものではないという気持ちは、どのように変化しましたか?具体例も教えて下さい。

▶ 共感の度合い自体が愛そのものではない、ということを確認させてもらった気がします。おかげで、共感の度合いに関わらず、愛しているという自分の中の確かな真実を大切にできるようになりました。
▶特に夫に共感を得られないと悲しくなったり、イラッとしたりしていましたが、諦めではなく素直に違いを受け入れることが出来ました。
▶自分の基準が人として当たり前だと思ってジレンマを感じていたが、ワーク後、当たり前も人によって違うのだと理解し、納得できた。
▶「共感」に対して、自分と相手が100%同調しなければならないという固定観念があり、100%にならなければ、どちらかの努力や愛が足りないと考え、自分や相手を責めていることに気付きました。施術後は、「共感」の度合いは一時的な状態に過ぎず、大切なのは「共感」を越えて、諦めることなく相互信頼を築くことだと意識が変わりました。
▶共感はできないと、人付き合いが面倒になるが共感できなくても、その人の行動に敬意を払えるようになった。もともと共感が苦手だが、共感できないのは優しくないという設定が外れた。無理に細かいところまでその人の心情を想像して理解して共感しなくてもいいのかもと思った。
▶家族に対しては共感し合いたいという思いがとても強く、楽しいことや美味しいもの等一緒に味わいたいと頑張ってみたりしていましたが、相手の反応がいまいちだったりするととても残念な気持ちになって後悔をしたりしていました。特に夫に対しては顕著で、価値観が全く違うことを理解しながらも「なぜこの人は私の気持ちに寄り添ってくれないのだろう?私はその努力をしているのに」といつも悲しく、疑問に思っていました。でも今では、相手の力量や選択によるものだと理解でき、長年のなぞが解けたような感じです。
▶共感を得られないと、自分の事を否定されているように思っていたが、得られなくてもその人の考えを尊重できるようになったし、自分もその人に合わせなくても自分でいいんだと思えるようになった。
▶愛を受け取って貰えなかったとき、悲しさは強く感じます。その悲しさに蓋をせずに感じられる様になりました。それを感じきると、私の感情は一旦脇に置いて、相手の立場からその事柄を見た時に、相手には相手の愛があったのだと気付ける様になりました。
▶お互いの誤解について、以前より相手の立場を理解できるように、少し変化した気がします。
▶目の前の相手も、何となくわかってはいるけど受け入れられないという気持ちを持っているという事がわかるようになりました。だから、そこに執着してエネルギーを使う事に真剣になれなくなってる自分を感じました。自分を責める事も、相手を責める事も必要無いんだと納得できました。どちらもその時点では正解なんだ!と感じられるようになりました。
▶共感してもらえなかったと落ち込むことがありましたが、相手には相手の思いや感じ方があるからと思えるようになり、徐々に楽になっていくような感覚です。
▶子供のきいている曲がうるさく感じていましたが、そういえば、「今はこういうのが好きなときなんだな」と思うようになったかもしれません。それから、自分のことではないのですが、ある本の内容の一部とレビューを見て、感じたことがありました。極端な書きかたをした本だな、と思いましたが、著者は読者への愛で書いているんだろうな、と思いました。でもその極端さに、ある読者は否定的なレビューを書いていました。それはその人の受け取る力量なんだろうな、と思いました。
▶しばらくは何でわからないのと思うこともありましたが、わかるかどうかは相手の力量にもよること、愛を受け取るかどうかも、相手が決めることとわかった状態になり、こちらはやることをやったと思えるようになった。
▶どの様に共感を得るか?と考えて行動してきましたが、共感を得られることが本当に少なく、外見が違う為だと思ってきました。なので外見は変えられないから絶望に繋がっていました。興味や理解の対象や度合いが違う原因だと言うこと、人と違っていても共感しあえなくても大丈夫だと、少しづつ受け入れています。
▶これまで共感して貰えなかった悲しみが自分の在り方にとても制限になっていた気がします。また傷つかないように自分に制限をかけていたけど、例え今すぐ共感して貰えなくとも自分らしくあることを選びたいと思うようになりました。
▶相手の方にエネルギーワークのお話しをすると「また、それかよ」みたいに言われると悲しかったけど、私の真実をお伝えしたと言うだけであって、なんでわかってもらえないんだろうとか思わなくなりました。自然と伝える事が出来るようになりました。
▶まさに、共感度合い(分かってもらえる)ことが愛だと思っていました。共感が得られないと、相手を責めたり自己嫌悪になったりしていました。わかるかどうかは相手の力量でもありその人の価値観などもあるよな、逆に私も相手の言うことに共感できないことも多々あるしと思えるようになりました。それ自体が「愛」とは別物だということもぼんやりですが分かってきたように思います。
▶伝えたかった事と違う意味に受けとられたりすると、自分を責めていましたが、自分を責めなくなりました。
▶共感出来ないことについても、相手への感謝の気持ちを持つ事が出来ています。
▶相手と話していて冷たい態度だなーと感じた時も、その人が今たまたまそういう状態なだけで、自分が何か悪いことをしたのではと思わなくなった。
▶共感しあえずに残念だという気持ちがあまりなくなり、わかるわからないは関係ないのだと体感で理解できました。
▶相手もまた、癒されていない部分があり、その事に対して理解する気持ちと、相手の対応を気にしたり落ち込むことを気にしなくなりました。
▶仲違いというわけではないのですが、なんとなくわかり合えていないようなもどかしさから疎遠になっていた友人がいたのですが、施術後、自然な形でまた交流が復活するということがありました。すべてにおいて全く同じように理解はし合えなくても、お互いを思いやる気持ちがあって、愛のあるコミュニケーションができれば、それでいいのだと思えるようになりました。
▶昨年から同居を始めた義母とは、価値観の相違のために苦しみの連続ですが、一つずつ折り合いをつけています。最近は他人には言えないレベルの、トイレの問題が頻発しております。イノセントフロンティアは夫も受けました。あの手この手で解決を図りましたが、うまくいかないので私は心で「身勝手、心が冷たい人」等々、義母をなじっておりました。これでもかと、夫がとった方法でとりあえず、当面の困り事は消えました。義母がボケていることもありますが私たちの苦痛が和らげれば、それでいいと対処ができました。
▶共感し合えない場合でも、良好な関係がある、築けるとと考えられるようになった。
▶共感は長らく求めていたことでありながらも思うようにそれを感じられず、相手にもよるということは分かっていたが、それにまつわる感情(苛立ちや悲しみ等)が以前より湧かなくなってきたと思う。また同じように共感し合えなくても、愛は人それぞれにあり、表現や形が違うだけであることがより理解出来るようになったと思う。
▶共感を得られなかったとき、悲しいと思っていたが、その度合いが減った。
▶ただただ皆自分のやり方でやっている、それを受け入れればいいだけ。話がはずまなかったり私が会話に入ったことで会話が終了することで私は嫌われているとか勝手に思いこんでいたが、ただそれはそうなっただけで自分が好かれていないと思い込むのは違うと思えるようになっています。
▶共感できない相手というのは確実にいるなというのが以前よりも腑に落ちていると思います。こちらの意見や意図が伝わらなくても、それは私のみに原因があるのではなく、相手に受け取れる体制があるかどうかも重要なポイントと感じています。施術前と比べると「自分のコミュニケーションが悪かったからだろうか」と思うことが減り、「相手が受け取れるかどうかは相手次第」と思いやすくなっています。
▶共感できなかった事が凄くショックでしたが、あれ?もう忘れてたかも???という程どうでもよくなっていました。そしていつもふてくされていて、うまく行かなくなるパターンでしたが、それすらなんか全然気にせず、愛し合うしか関わり合う方法がないという感じです。
▶自分の意見を言ったあと、誰かが考え方の違う意見を言ったとき、自分自身を否定されたように感じていました。「これでいいですか?」「もう少しこうして下さい。」そんな細やかなやり取りでさえ、今までだったら自分が悪かったと、過剰に落ち込んでいました。いまは、意見の違いも自己否定や自己嫌悪に直結することなく、共感されるされないに意識を使わずに単純に人の物事への考え方として受け止められるようになっている気がします。
▶わかるかどうかは相手の力量にもよること、愛を受け取るかどうかも、相手が決めることとわかった。共感を得られないと、自分自身を否定されたような気持ちになることがあったが、そうではないと思えた。
▶優しくした時にネガティブな反応だった時、いろいろ考えたり落ち込みがちでしたが相手の事情も考えられる余裕が出てくるようになりました。
▶新人が辞めて受ける前まで2週間ほど有り、その間は本当に辛かった。一人先輩がいつもと変わらない態度でいてくれたけど、今までだったら聞いてくださいと話していたけど、何故か話さなかった。話せなかった。受け止めてくれる度量の人とそうじゃ無い人との区別、が出来ていなかったと受けた後、気がつきました。受け止めて貰えなかったらどうしようと弱い自分がいました。さらけ出せなかったと気がつきました。
▶同じ気持ちで向き合えていなかったことに、とても傷ついていました。傷ついている時に、怒りや悲しみ、拗ねや恥、屈辱、自己蔑視などなど様々な感情が溢れ出てきてしまい、そういう感情が爆発しているときは「あの時の私の気持ちも嘘だったのではないか?(愛ではなかった)」と疑いました。受けた後は、同じ気持ちではなかったかもしれないけれど、お互いを大切に思う気持ちはそこにあったと信じられるようになりました。そして、感情が洪水のように押し寄せていたものがスーッと落ち着いてきて、「あの時の気持ちは、分かってもらえなかったかもしれないけれど、愛は確かにあった」と自分の中で自分の純粋性に確信が持てたので気に留めなくなりました。
▶理解しあえないと会話やコミュニケーション全てが無駄とか台無しと思うところがありました。が、理解しあえなくても、意見が真逆でも、コミュニケーションをとること自体が繋がろうとしてる愛だなと思えるようになりました。
▶共感しあえるにこしたことはないけれど、そこに固執しなくなり、共感が全てではなく、共感がなくてもお互いの愛はあるという安定感のようなものができたと思います。共感を軸に人間関係を築く必要がなくなり、許容範囲が広がり、より大きな愛のような繋がりがもてるようになりました。
▶「私はこう思っていたのに、違うんだ…」といたことが、すごいダメージとして感じていたけれども、それはそれとして、違ったとしても、「愛してる」ということには変わらないし、違っても繋がりを感じられるような、そんな感覚です。
▶以前は、共感=愛という感覚でしたが、それが切り離されたことによって、共感出来なくても愛があることに変わりはないという確信が持てるようになりました。また、コミュニケーションにおいて、共感し合えることが最重要ではなくなったので、本当の自分を伝えるという誠実さを選択できるようになりました。
▶以前は、自分自身が両親から自分が生まれてきたことの愛の表現と共感してもらえる経験が全くなかったので、周りの愛する人たちに共感してもらいたい気持ちが依存と執着として凄くありました。だから、私を少しでも必要としてくれるかたには全力で共感すること寄り添うことを大切にしてきました。エネルギー消耗が激しくしんどくて自己犠牲もあって、やめてみたり距離をとってみたり、人間関係の設定が与える人受けとる人に固定してしまい上手くいかなかった。最近は辞めると決めて徐々に断ち切っていきました。受けた後は、話を聞く上で共感することは大切にしていきたいですが、共感の度合自体が愛ではない。もっと高い視点からの愛を表現していきたいと深く深く思えて感じれるようになった。以前、「理解はできるが共感はできない。」とか「共感はできるが、理解はできない。」と言われたことがあり、ショックでした。受けたあとは、傷つくこともなく、全てを表現して伝えようとも想わなくなりました。恥ずかしいですが、わかってくれる人は自分より霊格が上とか、わかってくれない人は自分より下とか見上げたり見下したりしなくなった。凄く楽になりました。ちゃんと、その人その人の愛の表現をしてくれてるんだなと自然に感じれた。
▶共感出来なかった出来事も、なかなか伝わらなかった事も、ただ愛し合いたいだけだったんだと思えるようになりました。伝わらなくてもどかしかったり、イライラしたり残念な事がいっぱいあったけど、確かに愛だったんだと、俯瞰したような感覚があります

3.コミュニケーションにおける痛みについての質問です。イノセント フロンティアをお受けになると、共感を得ようとしたり、わかってほしいという感情が人一倍強かったのは、『ただ、愛し合いたかったからだ』という赦しが起こりますが、受ける前と受けた後では、今までのコミュニケーションにおける痛みは、イノセント フロンティアを受ける前と後では、どのように変化しましたか?

▶理解に対してわからないことがあったとしても、責めたりせずに単なる違いという感じでニュートラルさが増したように感じます。
▶以前は、自分は愛に飢えていて異常なんじゃないかと思っていた年月が長く、苦しかったし、傷ついては痛みを守るため引きこもり、また復活して愛を学ぼうと進めてきてましたが、もう繰り返すパターンに限界でした。愛を受けとりたい、与えたい、だだ、シンプルに愛し合い響き合い、同じ音を奏であい、螺旋上昇していきたかったと自分への赦しが深まった感じです。
▶「わかってもらいたい」という気持ちを、自分のニーズに過ぎない恥ずかしいものと思っていたのですが、それが「愛し合いたい」という願いからだったのだとわかり、過去の自分に対して深い赦しが起こりました。また、いつも相手のことを「わかりたい」と思っていたのも、相手を「愛したい」という気持ちからだったのだとわかり、自己肯定感が増しました。
▶必要以上に気にして、悩んでしまう自分の扱いに困ることが多くありましたが、それは「ただ愛し合いたかっただけなのか」と、なんか自分への理解が深まったような、繊細な生きづらさを許せるような、そんな気持ちになりました!
▶共感がなくても、そこにはまだ愛があったので、ただ愛し合いたいだけだった、という感覚になります。とてもニュートラルな感覚になっていて、何より自分自身が楽ですし、不必要な人間関係の摩擦がなくなったり、大事なものを共感を軸に手放してしまうこれまでの負のスパイラルがなくなったと思います。
▶まさに、その感情と労力自体が愛だったのだと思えます。愛がなかったら何も感じないですし、コミュニケーションもしませんし。愛を伝えたいし、受け取って欲しいと固執していましたが、受け取って欲しい部分が減った気がします。
▶わかってほしいのに分かってもらえなかったときに、受け取ってもらえなかった、伝えきれなかった、相手への配慮が足りなかったから最適な伝え方を取れなかった自分が悪いのだと、自分が間違っていて自分が悪いのだと思っていました。どうしてわかってくれないの?!と何度も思いました。受けた後は、傷ついたなって経験に対して痛みが消えました。あの時は傷ついたけれど、現在は大丈夫だなって思えています。もっと素直に相手に対してただ愛でありたいと望めるようになれたと思います。
▶わかって貰えないのは残念で哀しいけど、無理に話そうとは、努力しようとは思わなくなりました。相手との距離感が保てて、今までだったら傷付いて落ち込んで回復できなかったけど、受けてからは同じような相手の言動を受けても理性優先でグッと堪えて感情が揺さぶられなくなっています。反面、怒りが込み上げてきますが、冷静な自分がいるのでどこか相手を赦している。私を相手の言動を赦せるから傷つかないと思えるようになってきた。
▶想いが通じない痛みがコミュニケーション時にありましたがそれが減りました。
▶まだよくわからないけれど、理解に対してニュートラルに感じるようになったように思う。
▶人と関わる痛みにずっと苦しんでいました。人と関わると生まれる痛みが恐怖となり、明らかに価値観が違うであろう人たちと関わることや自分の意見を発することはなるべく避けてきたように思います。それだけコミュニケーションに傷つき、わかってもらえないを繰り返し、わかってくれるかな?と思う範囲の言葉でしかコミュニケーションを取ろうとしていませんでした。「わたしはみんなとどこか違って、きっと理解され受け入れられることはない」と、どこかで信じてしまっています。イノセントフロンティアを受けてからは、 コミュニケーションによる痛みに対して、本当にただ愛し合いたいだけだったと、それだけ愛し合いたい想いが強かったのだと、自分の本当の願いの方に気付けるようになっている気がします。
▶SNSでの関わり合いで共感がすごく欲しい自分がでてきていましたが、なんかどうでもよくなりました。
▶まさしく、私のコミュニケーションが悪いのでは?と思うことが多かったのですが、以前よりはそのように思う度合いは減っています。親など、大切な人と情緒的交流ができなかったことに対して随分と苦しんできました。これまでも、それは自分だけに原因があった訳ではないと思えるようになっていましたが、今回施術頂いてもう一段階上に上がれた気がしています。本当に、私は大切な人たちと楽しく過ごしたかったのだ(≒愛しあいたかったのだ)と思っています。それを改めて感じました。
▶私のやり方、私が好むやり方で愛を表現してくれない相手に対して悲しかったり最終的に嫌悪感を持ったりしていましたが、人よってコミュニケーションの仕方が違う、違うからといって愛し合ってはいないということではない、ただ私のやり方と違うだけ、愛がなかったら気にもしないだろうしと思えるようになりました。
▶共感を得たい、分かってほしいという気持ちを強く持っていた自分に対して、いつまでも無いものねだりしているようだ等ネガティブに思うことが無くなり、ただただ認められるようになったと思う。また共感出来ない自分を責めるようなところがあったが、それもかなり減ったように思う。共感に関するこだわりが減り、人と自分の考え方、感じ方がただ違うだけということを納得する度合いが増えたと思う。
▶会社の会議での発言で、できるだけ反対されたくない、仮に内容に反対されても共感されたいと思っていたが、びくびくする気持ちがずいぶん減ってきたように思う。
▶最近ふっと頭をよぎった記憶がありました。どれも私が名前を勘違いしたり、人間違いをして非常に恥ずかしい思いをした場面です。相手へ申し訳ないような強い痛みも甦りました。しかし自分は、その時共感を得ようとして愛し合いたかったからだという赦しの気持ちが起き、相手の方々も私の愛し合いたかった気持ちを汲み取って赦してくれていると思えました。
▶特に母親との関係で、長年、驚くほど「わかってもらえない」という痛みを抱えていたのですが、施術後、その思い込みに変化がありました。確かにわかり合えないことは格段に多かったけど、すべてではなかったと思えるようになったのと、理解はできないけど理解したいと思ってはくれていたのではないか、その場では辛辣な言葉で拒絶しても、後になって気持ちを汲んでくれることもあったと気づけました。
▶以前は、自分を受入れてほしい気持ちが強くあり相手に無理に共感するところがありましたが、もっと自由に自分らしさを表現したりしてみようと思いました。
▶痛みをほとんど感じずにニュートラルな視点でいられるので、思考で痛みを誤魔化そうとぐちゃぐちゃ考えずに済むのでとても楽です。
▶自分のことを責める気持ちに向かうのを、ふんわり受け止めて辞められるようになった。
▶言い合いをするのに疲れたり涙したりしていましたが、どちらも悪くないということがわかりました。
▶ただ、愛し合いたかっただけなんだとわかり、気持ちが楽になりました。
▶確かに、愛し合いたいという気持ちが強かったです。私がおかしいのではないかと葛藤もし続けていました。自分を赦せるようになったまではまだ感じていませんが、コミュニケーションによる相違などは、別々の人間だし仕方のないことだと、それによって相手を責めることもなく自分を責めることもないといった感覚になりました。
▶お話しされてる方の感情にのまれなくなったように思います。いつも母親に、「上から目線で言うの辞めて」と言われていましたが、言われなくなり、とても優しくて、理解してくれて協力してくれるようになりました。否定されず、お互いに争わずにいられる事が幸せです。
▶今でも理解できないこともイライラすることもありますが、それとは関係なく、愛する人がいて、愛されている自分もいて、幸せを感じます。
▶自分を大切にすることを本気でしようと思っています。他人に求められることに答えるのではなく。人と違うことをそのまま受け入れて、自分として生きていきます。
▶まだ説明しないとと思うところはありますが、痛みを最小限にとどめれるようにはなったと思う。
▶「ただ、愛し合いたかったからだ」という気持ちは今の私にはまだ分かりませんが。子供に対して「私ばっかり、、、」とか「ねぎらわれたい」とかイライラしてしまうことが多いのですが、二人暮らしで距離が近いので、うまく距離を取って、あとはユーモアで。というような、なにかふっと胸の辺りが軽い気持ちになりました。
▶わかってほしい、共感してほしいという固まっている気持ちがあったことに気付き、このような自分もいたんだとゆるせるようになってきました。
▶頭の中では、私がおかしいんじゃない!ってわかってるつもりだったんですけど、怒りがでてくるので、やっぱり全然癒されてなかったし、わかってなかったんだと感じました。施術後は、怒りというよりも笑いがこみ上げてくるようになりました。相手の笑顔が見たいなぁ…って思ったんだね?って自分を観れるようになったのでなんか笑っちゃうような不思議な感じです。
▶お互いの誤解について、相手がかまって欲しいと言うように、愛を中心にニュートラルに、少し変化した気がします。
▶コミュニケーションにおいて摩擦が起こった時、心の中で自分や相手を責める事が多かったですが、「私は愛を受け取って欲しかったし、受け取りたかったんだ」というニーズの方に意識が向く様になりました。
▶自分の相手を求める気持ちは依存ではないかと思っていたが、ただ愛し合いたかっただけなんだと思えて、気持ちが楽になった。
▶共感を得られない、わかってもらえないのは、「私が相手を理解していないから?でも相手にもわかる努力をしてほしい。」「相手がどうとか考えてはいけない。自分がもっと広い心で受け止めないと」などとジャッジしたり葛藤していました。今ではそんなことを考える必要はないと楽になりました。
▶理解し合えないけど愛し合いたいという気持ちがあること認められました。『愛し合いたい』という気持ちをあきらめないと心に決められた。今までは、わかりあえないとわかり合うために自分を曲げたりもう愛したくないと人付き合いを経つ傾向があったが、わかりあえなくとも自分のままでいていいし相手もそのままでいいとわかった。
▶過去仕事上で自分の話や指示がうまく伝わらず、叱責していたことや、相手が一生懸命に伝えようとしていたことを、上手く受けとれず後悔したことが、多数浮かびました。施術後は、どれも互いが全力を尽くした結果だったのだと、穏やかな気持ちで向き合い、赦し、解放して昇華することができました。
▶これまで「自分を理解して欲しいのに」と苦しい思いをしていたが、実は、相手が私が求めるほど私を愛していないことが良く分かった。それを認めたくなくて苦しんでいたのだと理解できた。
▶ただ愛し合いたいのだと頭では理解してたが、無意識レベルに落とし込むことができずなんとなく苦しかったが、わかってほしいと強く思うことがなくなりました。
▶1回目からこのアンケートを書くまでの期間に、3度ほど、まさに書かれているような赦しが起こりました。こんなにも自分は愛で繋がりたいと思っているんだ、愛したい、愛し合いたいと思っているんだということに改めて気が付きました。その上で、分かり合えない時もあるし、分かり合えないは幻想かもしれないから、思い込みでみないように気をつけようと今思っています。
▶私はまだ、相手が理解しなかったとき、自分の説明の仕方を変えた方がいいのではないか?と思案します。←と、正直に言えるようになったことが変化かもしれません。

4.明晰さについての質問です。イノセント フロンティアをお受けになると、迷いや混乱から抜け出して、自然と活力が湧いてくるようになります。イノセント フロンティアを受ける前と後では、明晰さについてどのように変化しましたか?

▶ 自分の中にある愛に対する信頼が揺らがなくなりました。そして、愛から行動しているからか、書いてある通りに自然と活力が湧いてきて、目の前の出来事に前向きに取り組めています。
▶自分の目の前にある現実を受け入れやすくなり、葛藤が減りました。めんどくさいことも、ゴチャゴチャ考えず、ただやるという事が出来る様になりました。
▶物事の本質が良く分かった。一旦理解できたら、これまで「どうして?!」と思っていたことも、全て筋が通り、悩まなくなった。相手を自分とは違うと認めることで、遠い存在に感じるようになった。
▶「明晰」は「頭脳明晰」というように、思考力が優れている「才能」と言う面しか思い浮かばず、コミュニケーションとは関連付けられていなかったと気付きました。施術後は、一時的にコミュニケーションで、迷いや混乱があったとしても、それは乗り越えられるもの、抜け出せていけるものという自信と、だからこそ、躓くことなく、思考が進み、自分がこころから求める答えを「明晰」に導けるのだという意識に変わりました。
▶いつも内観で他者にフォーカスしてしまい混乱してしまうのですが、もっと自分を大切にしよう、自分の世界に目を向けよう、自分の愛から目を背けない、優しくなりたいと思うようになりました。
▶理解や共感について、なぜ?どうして?と考えることがなくなり、シンプルにそうなんだ。と思うようになりました。
▶自分の気持ちがわかるようになってきた。自分のとこを大事に思えるようになった。人に惑わされなくなった。
▶最近よく、例えモヤモヤする事があったとしても次の日の朝、目が覚めるタイミングで、「あ、そうか。私の本当の望みはこれだったんだ。」とクリアになる事が多い様に思います。
▶迷いや混乱については、自分がクリアになった感じはあまりありません。以前より、難しくは考えていないかもしれません。
▶表現してみないと、どうなるかなんてわからないんだから、感じるままに動けば良かったんだ…って心底思えました。頑丈な鎖が錆ついてやっと解けた感じです。ボロボロになるまで大事に使ったなぁ…って笑えます。嬉しいです。
▶自分の気持ちを大切にしていこうと思えるようになってきました。
▶気持は揺れたりざわついたりしますが、「(どうしたいか?どうなりたいか?)人に聞いても答えはわからない。自分に聞く。」それから、「希望を持ち続け、できることをする」と思いました。
▶誕生日を迎えたことにより、(見ているドラマの影響もあるかとは思いますが)過去は過去、ただ懐かしむことにとどまるのではなく、温故知新でいくこと、すべてはそのままではないからこそよい、と思えた。自分のなかにあれば見える形がなくてもよい。形式にとらわれなくてもよい。信頼と愛でいけばよい。
▶思っていることをそのまま言葉にして相手に伝えることを出来るようになりました。相手にどう思われるかと考えて言わなかったことを辞めます。
▶本当にやりたいことをするときの迷い、怖れが少なくなったと思います。頭もハートもクリアになったと思います。
▶焦らずに、シンプルに、自分の好きな事が自然と思いつくようになりました。いつも、仕事しなきゃとか仕事がなくなったらどうしようと言う焦り、追われる感がありましたが、ゆっくりな時間もいいなとか、小さい頃の楽しかった事とか、本当の幸せとか、自分を大切にするようになりました。
▶自分はどうしたいか、それをすることに素直に向き合っていけるようになったと思います。向き合う過程の中でいろいろ出てきたりしますが、その出てきたことも逃げずに向き合っていけるようになってきたと感じています。
▶自信をもって、自分らしい表現をしていこうと思えるようになりました。
▶自分の意思で自分の体を動かしていられることに喜びを感じられるようになりました。
▶判断に迷うことが多く、進んでいくのに時間がかかっていましたが、ネガティブに考えることが減り、向かいたい方向に自然に身体が向かえるようになりました。
▶自分はどうしていきたいかを、自分自身に問いかけ答えを見つけれるよう前向きな方向になっています。
▶ちょうど世の中の情勢が刻一刻と変わっていく時期だったのですが、おかげで外側の現象に振り回されることなく、気持ちが混乱するようなこともなく過ごせています。
▶昨年からの義母との同居で始まった、覗かれるストレスがピークになりつつありました。ところが、コロナ問題で買い物中に1m未満に近寄った男性に飛び跳ねて離れられました。その姿が滑稽だったので、おちょくって近寄りたい気持ちが湧きました。それは自分が家の中で、義母から逃げている姿と重なりました。自分が逆効果な事をしていたことに気づけました。
▶自分は自分だという肯定感、安心して存在するような心地よさを感じる。
▶共感や理解にまつわる感情が解消され捉われることが少なくなったためか、自分の軸が安定した感がある。余計なことに気を取られない感じややる気が増し、物事に取り組みやすくなったように思う。また自分がやりたいと思うことをただやればよいという思いも増えたと思う。
▶まだ難しいことを考えてしまいます。でも自分がやりたいことによりフォーカスできるようになったと思います。
▶あまりグヂクヂ悩まなくなったように思えます。思考グルグルが止み余計なことを思わないようになりました。私が私の1番の理解者だと思えればいいと思えました。どうせ私は愛されないという思いがあったが、気にならなくなっています。
▶私生活について活力はまだありませんが、恋愛に対しては活力が湧いてきましたー!
▶自分の行動が理解されるかどうか、今までずっと不安で、人の顔色を伺いながら行動をしていました。まだそういう部分はありますが、今までは気が付かなかった、事柄や人に対して自分なりの愛があるこのに気付けるようになっています。今まではその愛ですら愛とはわからず人に理解されないと否定してしまいがちでした。イノセントフロンティアを受けてからは自分の愛は自分の愛として、私らしさの大切な核の部分だと感じ、理解されてもされなくても大事にしていいと思えるようになっています。
▶自分の思いや考えを伝えたら、嫌われるかもしれないと思っていて、本音を伝えることが怖かったが、「伝えてみよう!」と思えた。話し合うことができ、相手から「思っていることを言ってもらえて嬉しい」と言われた。
▶受けたあと意識がクリアになったのを感じました。
▶相手にとっての言い分に気分悪くなりますが、受けてからは、今の自分の気持ちでこうなのだからとと軸がブレずにいられる。一瞬、態度には出さないけど怒りが沸いても今あるするべきことに意識が戻るので、クリアに判断し行動に移せています。やることはきっちりとこなせている。凄いパワフルな自分を見つけました。
▶嫌われているかも、迷惑かも、またダメかもしれない、傷ついてしまうかもしれないと怖さから対人でもやりたいことでも、頭でっかちに考えすぎていたなと今ならわかります。受けた後は、こうしたいなと思うことに体が反応してくれる機会が多くなりました。なので、やりたいことを行動に移したり、これを伝えたいと思うことを言えたりと自分が楽になりました。
▶コロナ騒動で不安に陥りそうになりましたが、皆も同じ。いまできることをすること。できることを精一杯して、そのあとは心落ち着け笑顔で過ごすこと。仕事も本当に大切で必要なことを提供したいと、いま毎日今後の活動を考えています。
▶頭で考えるのではなく、ハートやお腹で感じられるようになりました。自分が魂レベルでどうしていきたいのか、だいぶ核心に近づいて行っているとおもいます。
▶グルグルとした人間関係の悩みを感じ辛くなったように感じます。
▶相手の受け取る力量(こちらの愛が伝わるかどうか)に関わらず、常にそのときの自分の最善を尽くすだけでいいのだと確信をもって思えるようになったので、あまり迷わなくなりました。
▶私は、どうしても無意識に不調和を調和にと発動してしまうのですが、いつも陰で気付かれないようにやることがやめられないでいました。受ける前に、出来事がおこり、受けたあと、もっと明るみにでて上手く自然にシンプルにできるように変わっていきたい。自分の才能や可能性を必要としている人に受け取ってもらってもいいんじゃないか?と「さらっと。」自然に思えるようになりました。自分と言う存在を生かしていってよいとgoサインが出せたような。それが私が今この地球にいるということなんだと思います。だから、生きたいと思います。いろんな人を観察していると、愛の表現はひとそれぞれ、みんな輝いていて、自分の愛の表現を高めて響かせて大切に生きていきたい。今まで、親、パートナーに経済的に凄く助けてもらいました。やっと、働ける気持ちと身体と魂が調整できてきたので、愛を表現するやりたいことの為に踏み出せる生きる力が出てきました。あともう少しです。
▶今与えられているお仕事を具体的にどうしていきたいか、何が貢献できるかの答えらしきものが、メッセージとして受け取れるようになったと感じています。受ける前と比べて活力が湧いてきている事が実感できます。

5.イノセント フロンティアを受けようとご検討している方に向けて、一言メッセージをお願い致します。

▶ クリアさや明晰さがとても増したように感じます。楽観的さも増し、何でいうか、透明感が出てきたような感じです。受けて良かったと思います。
▶私も含めて、みんな愛を学ぶために今地球で生きていると思ってきました。私と似た方であれば、きっと、愛を表現していこうと思えます。生きていくことが楽になるし、人と響き合うことを越えて高まっていけます。凄くお勧めです。自分を赦せたら、相手が我慢してた言えなかったことを言ってくれたり表現してくれたりするようになりました。
▶イノセントフロンティアの施術によって、相手の理解や共感を得ることが一番の目的ではなくなり、より自分と相手への愛によるコミュニケーションを心がけることができるようになりました。相手に理解してもらいたいという期待からも自由になれるので、自分もとても楽になります。全ての人におすすめしたいLOVING です。
▶特に女性は、「理解や共感」を「愛」と認識しがちだけど、それがなくても「愛」なんだ、と分かると、自分の受け取れる「愛」が広がるような気がしています。しばらく世界は混沌としそうですが、自分自身がその中からでも「愛」を受け取れたら、豊かに生きられるな、と。 「正しさ」を主張したくなる人にもオススメな気がしています。
▶自然にいつの間にか、理解や共感への過剰なこだわりがなくなっていて、自然な愛の感覚だけにそぎ落とされていると感じます。自分の存在にも肯定感がでてきて、他人とのかかわり方も、以前よりかなり楽になっています。心当たりのある方にとてもおすすめです。
▶混乱した毎日や、愛じゃ無いと思う事や存在に対してら心がざわざわしたり不安や悲しみ怒りに陥ることがあると思います。でも、自分がそれを越え愛でいられることで自分も周りも元気でいられる姿勢でいられるかと思います。いま必要な方、是非受けて欲しいと思います!
▶分かってもらえなかった、分かってあげられなかったなどの経験で傷ついてしまった方におすすめしたいです。私は、伝えきれなかった、理解できなかった自分を責めていましたが、そんな自分を受け入れることができて楽になりましたよ。
▶イノセントフロンティアは高度の効果が得られると感じました。施術はほとんど初心者のLOVING経験者ですが、その私でも頭が良くなったと言うのか、心の状態のレベルが上がるので動揺が無くなります。エンパスで繊細な心の状態をブレずにクリアに保ってくれるLOVINGです。自分の心が純粋で心地の良い自分になれると思います。
▶共感してもらいたい気持ちが強かったのですが楽になりました。
▶私はイノセントフロンティアを受けて本当に良かったと思っています。苦しくてどうしようもない時に、メールをいただき、申込みました。申し込んでからすぐに、状況が改善する方向に進み、驚いています。
▶わかってもらえない。私なんて理解されるはずがない。もう否定されるのはこりごり。理解に対して、こんなに痛みがあるとは思っていませんでした。イノセントフロンティアを受けてから感じるのは、「人と分かり合いたい。心のつながる交流がしたい」という切実な願い。このLOVINGを受けるまで、今までのコミュニケーションでの沢山の痛みに耐えきれず、痛すぎて避ける方向、願いとは逆方向に行動することにしていました。それだけ分かり合えないことに対する不安や恐怖からの行動に陥っていたと気付けます。人と関わることやコミュニケーションを取ることは生きていく上では欠かすことができません。イノセントフロンティアを受けてからは人と関わることへの恐れも軽減していますし、理解や共感が自分自身の存在価値とは切り離して考えられるようになったので、存在していること自体が楽になっています。コミュニケーションについて悩みにある方、対人関係に疲れている方、親子関係や夫婦間の価値観の違いなど、誰にでも受けて頂きたいLOVING です。イノセントフロンティアを受けて、存在していることが本当に楽になりました。いつもありがとうございます。
▶分かり合えないなんて、すごく悲しいこと。って泣くほどショックだったのが、凄くケロっとしました。なんでそんなに分かり合えるのが必要だったのか?というぐらい。愛が自分の中にあればいいよね。という心地よさがあります!平和です。魂が古い人にもおすすめだと思います!
▶お受けになる方の状態によっては、二回受けた方が良いかもしれません。私自身、一度でも効果はありましたが、もう一度受けた方が良い気がしています。
▶壮大なテーマを解決しちゃいましょう!
▶なぜだか分かりませんが、逆に共感し合えることが増えたような気もします。おススメです。
▶共感や理解に関して、未だ終わっていない気持ちがあると感じている方にとてもおすすめだと思いました。自他共に肯定する感覚が増すような優しさを感じられるように思います。
▶ぜひ受けてみるといいと思います。
▶いつもですが、気付きや癒しを受け取り、生きるのが楽になって助かっています。どうもありがとうございました。
▶「わかってもらえない」「理解してもらえない」という痛みを抱えて生きていくのは、相当深い傷になるので、ぜひイノセントフロンティアを受けて軽くなってもらいたいと思います。世界や日本の情勢が刻一刻と変わっていくこの混乱期に、LOVINGを受けることができて感謝しています。無償ヒーリングのお心遣いも、ありがとうございます!
▶理解されたい=愛されたい部分は、深い癒しが必要なので傷ついてる方は受けられたら良いかと思います。
▶とても自然に愛を表現しあえるようになると思うので、より自分に還る事ができると思います。とても自然に変化しており、しあわせな気持ちでいっぱいです。いつも本当にどうもありがとうございます。
▶ふわーっと、楽になるような気がします。気持ちが、ガチガチに固まって身動きが取れない方は受けてみても良いかもしれません。
▶必要としている人に届くと良いなと思います。オススメします。
▶力が抜けて、穏やかになりました。
▶ワークが始まった途端、スーっとして暖かくなりました。あやさんのご案内文で「メビウス構造」と書かれてあったのがやたら頭に残っていて、どんなかんじだろうと思いながらワークの時間を迎えました。とても優しいのにパワフルで、かなり身体の感覚が軽くなりました。
▶仕事の焦りや追われてる不安みたいなのがなくなり、人をちゃんと見れたり、会話が出来ると思います。恐怖や恐れが無くなり意識が変わり、毎日を大切に過ごせるようになりました。周りの方達が、優しくて不思議な感じです。別世界に来たみたいです。
▶これからの時代にとっても必要なワークだと思います。ワンネスや愛や調和の世界に生きたい方にオススメです。幸せになりたいと思われている方、あらゆる人間関係、パートナーシップを大切にしたいと思われている方にもオススメです。
▶これからもどんどん変化を感じていくと思います。どうしようもない絶望感と向き合い、何もできなくなり、このイノセントフロンティアをうけました。
▶じわっときます。
▶ワーク後はなにか胸の辺りが軽くなりました。世界中が揺れているこの時期、あやさんのワークを受けてほんとうによかったです。まだあります。仕事で苦手な利用者さんがいますが、「苦手な部分」と「その人そのもの」とを別に考えることができるようになった気がします。その人そのもの自体はかわいらしい方なのかもしれない、と、このところ思えるようになりました。受けられるものならあやさんのワークは全部といっていいほど受けたい!実際それはむつかしいですが、、、この時期にあやさんのワークを受けて本当によかったです。体調や気持ちが優れない時があっても、自分ではどうにもできなかった荷物をおろせて胸が軽いのです。具体的に自分がどうしたらいいか、まだわかりませんが、事態が収束するおよそ2年後は、どんな世界になっているだろうか、きっといい世の中になる、と希望を持っています。安らぎのヒーリングの効果でしょうか、なんだかほっとする気持ちでこのメールを書いています。世界の美叡智伝授、のワークがこれまたよかったです。夜中に目が覚めてしまっても、見ていた夢に可笑しくなってしまったり、あきれるくらいの自分のドジに笑えるようになりました。ありがとうございました!
▶私は、どういう所がどのように変わったか、はっきり実感することができませんが、少し後になって、そういえばかわったかな。とわかるとこともあるので、それを待とうとおもいます。関係あるかわかりませんが、かわったことは、なぜかすごく忙しくなった。力がぬけてしまった。なんとなく、相手に愛されているなと、思ったことなどです。いつもありがとうございます。
▶「わかってほしい」、「共感してほしいという」気持ちに誰でもなったことは、あります。そのような自分も認めてあげ、自分を大切にしていく気持ちになっていくようなLOVINGです。
▶受け取る前は、何をやってもわかってもらえない事だらけで、でも一生懸命もう一度みんなと関わりたくて頑張って…本当は傷つきまくってるのに、私は大丈夫なんだから私がいけないんんだから!と自分を責め、自分を責めてるから他者からも責められてると感じウンザリしてました。(自作自演)頭では理解してたんです。これは、私の問題だと。だから外さなきゃって頑張ってたように思います。結局、自力では何をやってもできませんでしたけど。わぁーん、もう降参!って思えるような現実が目の前に現れた時がチャンスです。イノセントフロンティア思い出して下さい!素晴らしいです。もう無理だ〜〜って思えなくて、必死でなんとか外そうと頑張ってグルグルしていた自分を思い出すだけでもゲンナリしてしまいます。絶対満足できるワークだと私は感じました。わかってもらいたくてすぐ怒ってしまう全ての方へお勧めします。あやさん、ありがとうございました。
▶コミュニケーションや人間関係を、以前よりニュートラルに感じられるように変化できると思います。
▶受けて良かったと思います。ありがとうございました!
▶自分の気持ちを愛おしいと思えるようになりました。そして自分の軸が中心にきて、穏やかに過ごすことができます。
▶イノセントフロンティアは私にとってとても必要なものだったようで、3日連続で有意義な夢をみました。過去抱いていた理解についての赦しが起こるような夢と、未来が明るくなるような夢です。イノセントフロンティア。。すごい!!
▶自分の言いたいことがその場で言えず、後から怒りが湧くような方はオススメです。
▶前回《プロミスドランド~ジェノサイド脱却ワーク~コース》を受けて、調和的な解決には「共感」が大切と感じ、「共感」がテーマの「イノセントフロンティア」を受けることにしました。世界の混迷が深まるほど、「希望」を持ちながら「共感」による調和的解決に取り組むことが求められると思いますので、今の時勢に必要なLOVINGとしてお勧めします。
▶長く落ち込むより、早く乗り越えた方が良いと思います。どうしてこんなに吹っ切れたのだろうと不思議なくらいスッキリします。コロナ等で世の中は大変なんですが、私は不思議とちっちゃなラッキーが続いています。トイレットペーパーとかですけど(笑)お陰様で、そういうことにも感謝しながら毎日を過ごせる自分が好きになりました。あやさんを始めスタッフの皆様のお陰です。めぐみさんにたくさん泣かせて頂いたことも感謝しています。ダメな自分を受け入れられるようになったことが大きいです。これからも宜しくお願いします。
▶日常の葛藤などがなくなり、とても楽になります。受けれるならすぐに受けてほしいです。
▶わかってもらえないに反応してしまう方、そこに痛みを抱えている方が受けると、そこが解消されて、コミュニケーションがよりスムーズに自然に愛から軽やかに行えるようになる気がしました!

ご感想枠2下ブルー

*以上の文章の著作権は、Freedom Destinyに帰属します。こちらの内容を一部引用でも転載する場合は、必ずFreedom DestinyのHPリンクを貼り、引用部分、引用元を明記してください。

PAGETOP