【Freedom Destiny】Spirit Fusion スピリットフュージョン講習

  • HOME »
  • 【Freedom Destiny】Spirit Fusion スピリットフュージョン講習

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019LOVING文字

 

スピリチュアル、覚醒を学んでいく中で
魂の側面を知り、生きることは大切なことですが
魂の側面を重要視するあまりに
スピリットの側面を劣位扱いすると
スピリットの側面が非常に傷つきます。

 

本来、魂、スピリット、肉体
この3つ共に、
どれもが大切なものなのですが
魂のみを重要視した場合には、
人間的な幸せが
欠落した考えになってしまうことも
残念ながらよくあることなのです。

 

人間としての幸せを得ていない場合
自分以外の人間にも同じことを強いてしまうようになります。

 

人間としての幸せを得ていない人間が
どうして、他の誰かや、世界を本当に幸せにすることが出来るでしょうか?

 

魂の願いだけではなく、魂、肉体、スピリット
この全ての願いが折り重なった地点に立ち
全てを愛すると決めることが出来た時に
わたしたちの内側の宇宙の全てを愛した時に
外側の宇宙の全てを愛することにつながるのです。

 

幸せに生きて、
魂、スピリット、肉体の全ての側面を大切に。

人間である事実。人間としての自己そのものを
愛おしく思えるようになるLOVINGです。

 

 

わたしたち、人間は、誰しもが
魂とスピリットと肉体の
三つのコラボレーションによって形成されています。

 

言い換えるならば、誰もが、魂とスピリットと肉体
これら三つの願いを持っているということになります。

 

魂は宇宙生まれ。
どのソウルグループか、どの星の出身か。
地球でどんな関わりを他のグループとしてきたか。
過去生でどんな経験をしてきたか。宇宙的にどんな役目があるか。
そうした影響は、わたしたちという存在に大きな影響を与えます。

 

レムリア時代、或いは
アトランティス時代に
入ってきた魂が殆どで

数百回程度、
地球を経験している魂が多いですが、
余り地球の経験がない魂もあります。
魂は常に見守り支えながら、
スピリットの成長を助けます。
死んだり、アセンションした際には、
魂とスピリットは解散します。

 

スピリットは地球生まれ。
所謂、わたしたちが自分自身と認識して自覚している部分、
進化する存在です。

ヒューマンスピリットは、あらゆる地球上のスピリットを経験しているため
正確に何回転生しているかということを現すのは難しいですが
数に数えるならば、1万回以上しているような感覚に近いです。

死んだ後は、魂と肉体とのコラボレーションが解散になり霊体となります。
霊界で次の人生を決めて輪廻転生を繰り返しているのは
このスピリットの部分になります。

その時々に最適な魂とスピリットがコラボレーションして
協力して人間という形状になっているので
毎回生まれ変わって人間になるたびに、
違う魂とコラボレーションしています。

 

肉体は地球生まれ。
物質的な部分を担いながら、
リアル感を提供してくれます。
肉体は、声をあげたりはしませんが、
肉体は肉体の答えを独自に持っているので
肉体の望みや答えを聞いてあげることで、
本当の自分の望みが何であったか
わかってくるほどです。

 

このように、三つの形状のコラボレーションの願いが絡み合い
わたしたちは、自分自身の願いや望みが何であるかを
日々感じて生きているのです。

 

魂とスピリットと肉体は、元々、素材が異なるため各々の性質が異なります。
ですから、どれの方が素晴らしく、どれの方が素晴らしくない
といったことは、ニュートラルな目線においては起こりません。

それは、太陽と星と月、或いは、風と空と大地の
どれが一番優れているかというようなことで議論をするようなもので
どれかの方が優れているという風に思ったり比較したりすること自体
素材と性質が異なるので、意味が無いことだとわかります。

 

ところが、人間は二元性に陥り、
ジャッジが生まれました。

そうした際に、
スピリットよりも魂の方が優れている
という神話が出来上がってしまったのです。

 

自らの魂の存在に気付いていない時に
本当の自分という存在が、いかに神秘的で素晴らしいかを知るために
自らの魂に興味を持ち、魂の側面を開いていくことはとても大切なことです。

 

しかし、スピリットよりも、魂の方が優れているとか
これらのコラボレーションがどうなっているかをよく知らない場合に
自分という存在は、本当は魂だけであるといった誤解が生まれる度に
スピリットである自己の側面は、常に不待遇を受けてきました。

 

外側だけが、不待遇の対象ではありませんでした。
わたしたち人間を形成する、大切な三つの要素の中で
あろうことか、不待遇が発生していたのです。

 

例えば、完全に魂の目線になると
スピリットが魂に自己を明け渡して、
自分が居るという状態を消滅させ

魂が主導権を握り、愛だけになり、
宇宙全体と調和した状態で
生きることになりますが

魂目線の感覚でしか、
物事を見られなくなり、
魂優先の発想になります。

 

愛し愛されることを失い、宇宙には自分しかいないという
絶対的な孤独と共に生きることになります。
この状態になった場合には、魂の目線になりますが
重要なのは、あくまで、わたしたちに語り続けられてきたのは
『魂目線の人間』の言葉であるということです。

 

当たり前ですが、魂目線の人間の言葉は
自らの魂自体の言葉とは、異なります。
別の人間だからです。

 

あなたが知らなくてはならないのは
自らの魂が、一体自分自身に何を伝えているか
ということなのです。

 

また、魂の目的のみに
全てを捧げるような生き方をした場合には
魂の目的は達成されますが、

スピリットや肉体の願いが疎かになるので
多くの未練が発生することになります。


その場合、スピリットは
未練を抱えたままですから
その未練を解決するためにアセンションせず、
輪廻転生の道を選びます。

 

スピリットが、アセンションの時期に、
アセンションできるかどうかは純粋無垢な状態であることと
人間として幸せに生きたからこそ、永遠になりたいと思えるか

アセンションした先の永遠で何をしたいかが決まっていて
アセンションする意思がはっきりしていることなどが挙げられます。

人間として幸せかどうかは、スピリットとして、非常に重要な要素です。

 

魂は、スピリットを愛し、スピリットが幸せになることを願っています。
そして自らの誓願を、スピリットと協力して達成することを願っています。
魂の方も、スピリットと協力することでしか、成しえないことがあるから
人間という形態の一部になっているのです。

 

アセンションを目的としていて
三つの形状のコラボレーションを
最大限に発揮し
人間としての自己を
最大限にフルに生きたかったり

アセンションするために、
スピリットの覚醒を重要視している人々にとっては
今までの時代は、非常に生きにくく、
肩身が狭い思いをしていたに違いありません。

 

何故なら、スピリットの素晴らしさが説かれることは余りなく
スピリットが魂よりも劣っているというような二元的な発想から
書かれた書物や発想によって、肩身が狭い思いをしてきたからです。

 

三つの全てを大切にしていない場合には
他の存在にも同じように強いることがあります。
スピリットフュージョンでは、そうした他者の影響によって
スピリットの幸せと望みを無視されたり
スピリットの願いを尊重されなかった体験や経験を癒し
魂を優先しなくてはならない 魂には力があって
スピリットには力が無いと思ってしまう刷り込みを棄てていきます。

 

スピリットフュージョンでは、更に、魂とスピリットと肉体の
三つのどれもが、素晴らしく尊い存在であり
その三つが輝いて、その三つのどれもの望みが尊重され
大切にされながら、どの願いも連動していきながら
叶っていく生き方を促していきます。

 

実のところ、これらの三つのうち
何か一つだけを大事にしなくちゃならないとか
何か一つの願いだけしか選べないという制限を設けたり
許可することがあったならば、それを最終的に決めたのは
他ならぬ自分でしか無いのです。

 

すべての願いを叶えることは出来ると決めた時
全く新たな道が開けることがあります。
それは、世界中のあらゆる存在を愛するのと同じように
自らの内側の三つの存在の全てを愛するという決意によって
はじめて開くことができる扉です。

 

後悔がない人生。

それは、魂とスピリットと肉体の
三つとも大切に尊重し
三つの願いを叶えていった時に
訪れてきます。

 

愛することも。
愛されることも。
どちらも同じだけ尊い。

 

世界は、あなたにすべての願いの自由を与えています。


スピリットフュージョンのLOVING施術を

実際に受けられた方々から頂いた生の声です。
ご感想アンケートを元に集計しました。
多くの方々が効果を実感されています。
・外側の影響によってスピリットの幸せと願いを無視されたり尊重されなかった体験や経験を癒します
・魂だけを優先しなくてはならないという思い込みから解放していきます
・魂には力があってスピリットには力が無いと思ってしまう刷り込みを解放していきます
・魂とスピリットと肉体の三つのどれもが、素晴らしく尊い存在であるという平等性に覚醒します
・魂とスピリットと肉体の三つのどれもの望みも尊く大切にして連動しながら叶えていく許可を促します
・魂とスピリットと肉体のどれかのうち、今まで自分が大切にしてこなかった部分を大切に出来るようになります
・自らの内側の三つの存在の全てを愛するということが起こるため、人間である自己への自己受容が沸き起こります
・人間としての自己を謳歌して生きることを促進していきます
・スピリットの願いを抑圧していた場合、スピリットが本当に望んでいた事が判明することがあります
・魂とスピリットと肉体のバランスが整うことで、自分という存在自体のバランスが整います
・魂とスピリットと肉体の願いが融合されて現実化が促進します
・魂の願いに全く自覚がない状態であっても、魂の願いが自然な形で沸き起こるようになっていきます
・スピリットにもスピリットの願いがあって、それも大切にしたいと思えるようになります
・肉体にも肉体の願いがあって、その声に耳を傾けようと思えるようになります
・私たち人間は、魂とスピリットと肉体の三つで形成されているという感覚の目覚めに促していきます
・魂とスピリットと肉体で形成されている、自分という人間である存在自体が癒やされます
・魂とスピリットと肉体からなる人間である自分を大切に出来るようになります
・魂とスピリットと肉体からなる自分自身に対しての愛が深まります
・自分が人間として存在していることに肯定感を感じられるようになります
・人間という存在形態でこの世界に生きていることに喜びを感じられるようになります


・人間である自己を丸ごと肯定したい方
・魂、スピリット、肉体のどれも大切にして生きていきたい方
・魂とスピリットと肉体の三つのどれもが、素晴らしく尊い存在であるという平等性に覚醒したい方
・魂とスピリットと肉体の三つのどれもの望みも尊く大切にして連動しながら叶えていく生き方をしたい方
・魂とスピリットと肉体のどれかのうち、今まで自分が大切にしてこなかった部分を大切に出来るようになりたい方
・今まで語り継がれてきた、スピリットや肉体より魂の方が優れているという考えに違和感を感じている方
・魂とスピリットと肉体のどれも大切にしながら、自分の願いや望みを実現したい方
・人間としての自己を謳歌して生きる生き方を選んでいきたい方
・魂とスピリットと肉体が一体化する形で、覚醒を推し進めたい方
・スピリットの部分がおろそかにされて、人間として生きていることが辛いと感じたことがある方
・自分自身という存在の一体感を感じて生きたい方
・魂とスピリットと肉体の調和を感じて生きたい方
・苦しみが無いと成長出来ないというような、修行のような生き方に疲れてしまった方
・やりたいことがわからず苦しい方
・自分の一部が暗く醜いと感じている方・自分のことが嫌いと感じている方
・三つの側面の全ての願いを統合して純粋無垢さの覚醒をしたい方
・スピリットの覚醒に取り組み、アセンションを視野に入れている方
・人間である自分という存在を好きになりたいと思っている方
・人間として生まれてきたことに喜びと感謝を感じたい方

 

スピリットフュージョン2020講習

スピリットフュージョンの施術を
ご本人と二親等の家族に対して施術ができるようになる講習です
(プロとして第三者に提供をされたい方は、
別途LOVINGプロヒーラー講習、
またはアセンションライトワーカー覚醒プログラムの受講が必要です)

 

      ~ スピリットフュージョン2020講習の概要 ~

 

1.スピリットフュージョン施術
(施術者の方が、ご自身で出来るようになる部分です)

スピリットフュージョンの施術がご自身で出来るようになります。
施術は無制限に幾らでも、ご自身と二親等のご家族に行っていただくことができます。

 

エネルギーを取り扱ったことがない方でも
事前に必須講習である、ラブプロテクション講習をお受けになられてから、他の講習を受ける流れになりますので、確実にエネルギーを取り扱えるようになります。

 

すべての受講者が、確実にスピリットフュージョンのエネルギーが取り扱えるように、スピリットフュージョンを伝授して、取り扱い方を指導しますので施術できるかどうかの不安は無用です。

 

*講 習 代 金 132,000円
*事前LOVING開発準備ワーク 4日間
*講 習 時 間 90分(人数によっては時間が多少伸びることがあります)
*受 講 資 格 ラブプロテクション講習

★2020年5月からは、遠隔Zoomでの開催となっております。

 

【 銀行振込をご希望の方 】

【 クレジットカード支払いをご希望の方 】


ご感想
ご感想枠2上ブルー

1.スピリットの癒しと尊厳の復活についての質問です。わたしたち人間は魂とスピリットと肉体のコラボレーションで形成されています。どれも大切な要素ですが、時に魂のみを優先される体験をすることで、スピリットが傷つくことがあります。スピリットフュージョンでは、そうしたスピリットの癒しを行い、スピリットの尊厳を復活させることで人間としての全体の自己価値が高まります。スピリットフュージョンを受ける前と後では、人間としての自己価値はどのように変化しましたか?

▶今までは、「魂の喜び(誓願)を生きる!」ことが、最終目的で、重要だと思ってきていましたが、そこばかりにフォーカスしていて、人間である自分の喜びをおろそかにして来ていたことに気づけました。
▶施術前は、漠然と「自我」を「魂」に近づけるのが覚醒と思っていました。けれども、肉体でしか感じられない感覚や感情、幸福感や互いに分かり合いたいと願う自我と、どうやってバランスを取れば良いのだろうと思っていました。「人間は魂とスピリットと肉体のコラボレーション」というLOVINGの説明に触れ、実際に施術を受けたことで、自我と呼んでいたスピリット、魂、この物質世界に触れ感じるための肉体、三つの尊い存在が、それぞれの願いを持ちより、限りある命を生きるという神聖な目的のため集結した奇跡の存在が人間であることに気づき、三つの存在それぞれの願いを創造力に変えて、調和的に発揮することが、新しい時代の命の在り方になると感じています。
▶魂の願いを優先していたことに気づいた。他の誰かのために世の中のためにを優先して祈っていて、スピリットは置き去りにされていた。スピリットの願いも祈って良いと許可が出た感じ。さらに、魂の願いのために肉体は道具のようになっていたが、立場を回復したと思う。
▶一個人として存在することを自分に許せた。個人の尊厳がない状態が対家族でもあり、それで我慢していたこと、ひとりの人間として存在してはいけないみたいなものがあって、従順で支配下にいなければ、自分は意見してはダメだ、みたいなものがあったけど、個人の尊厳というものが自分のなかに出てきて、対等であれるように、私もここに存在している、ひとりの人間としてここにいる、という感覚が出てきて、動くことができた。アウロラカンタータを受けていたこともあって、絶望を望みに転じられたのかなと思う。受ける前まではどこか頭がふわふわしているような、仕方なさでいっぱいだったけれど、肉体の中にいるような感じがする。人間が嫌いだったけど自分も人間で、人間としての幸せを目一杯感じてもいいと思えた。
▶いつもどこかで、人間として生ききれていないような苦しみを感じ、早く人間を終わりにしたいような気持を持って生きていました。他者や何かの為になら頑張れるのですが、自分の幸せのために生きることはいけないことのように感じ、自分の幸せを追求することにはとても抵抗がかかっていたように思います。今回施術を受け、「みんなを幸せにしないといけない。私だけ幸せになってはいけない」と強く信じていたことに気が付きました。そして、私自身の人間としての幸せを達成してもよいと思ってもいいんだ。。と、何か気が抜けたように人間としての私に対しても幸せになっても良いよと許容されたような感じがしています。
▶ディバインロードを受けた時に、覚醒することが自分の本望ではなく、アセンションは目指しつつもっと人間としての望みを叶えていこうと思えていたが、今回はそれに対し、「人間賛歌」のようなものを感じられたように思う。ずっと魂のことばかりに意識が行っていたので、いまひとつスピリットがどういったものなのか未だによく理解できていないが、街で人々の活動を見ていて、なんとなく人ってみんな素晴らしいな、という感覚がわいて来た。正直、今までは地球にいることもそんなに嬉しくなく、あまり人が好きでなくて信用もしていなかったし、モノや経済に執着する様もイヤだったが、いまは皆が一所懸命生きているだけだと思えるし、愛おしいように思えている。
▶他人のために自分を犠牲にする傾向がまだつい出てしまうときがあって、本当にきつく感じているので、もうそういうのはやめられるようにしたいと思い、そこで逆恨みされるような人間関係なら手放そうと思えるようになりました。
▶ディバインロードを受けて、魂と肉体とスピリットが笑えるほどバラバラなのを認識し、とても衝撃でした。深い悲しみの涙が出てきました。今まで、この深いところで感じている悲しみがスピリットの悲しみなんだと初めて気づきました。今までの人生で、人間の幸せを優先させると魂の思いが、沸き上がってきて魂のみを優先させて、つき進みたい欲求を抑えられなかったり、人間の幸せを選ぶことの大切さを言われても、試してみるものの、幸せなんだけど、本当に幸せとは感じられない、仮面を被った私でした。結局、どれかを優先しても、全く上手くいかない。生きにくい。施術後、自分を愛おしく感じられ涙が出ました。どこにいても落ち着かない安心できない感覚はありましたが、自分の存在を絶対肯定でき安心感が増してきてきました。
▶まず、魂とスピリットが違うのだということに気づいていませんでした。同じものだと思っていました。ですので、人としての欲とか幸せを願うことなどは、魂の浄化や成長とともに本来願っているところへ自然にいくものだと思っていました。魂とスピリットは別で、魂の願いが必ずしもスピリットの願いではない、いやむしろ違う、ということを知り、人として生まれてきたことを謳歌し、人としての喜びや楽しみを正面から求めようと自然に思えるようになりました。(人として生まれてきたことの苦しみや悲しみはなぜか体験済みで、ダイレクトにやってきても当たり前なのに 喜びや楽しみは色々条件つけたり、ほしいのにいらないふりをしてみたり、、、いったいどんな魔法にかかっていたのでしょう?)
▶低次元の自分より高次元の自分の方が優っているという感覚から、人間として生きている自分の幸せも大事なんだということが分かりました。
▶以前から魂が先走りしていることはわかっていました。そこに辿り着けることは私の望みではありましたが、スピリットと特に肉体がついていかないことに苦労していました。変化が分かるまでにはもう少し時間が必要だと思います。(フリーダムアフレイドの時も2週間ほどでガラッと意識が変わったのがわかったので)
▶特に、魂だけが重要と意識したことはなかったけれど、魂を優先していたことに気づき、人間として幸せになってもいいんだと思うようになりました。
▶今までは、魂が一番尊くて、ヒューマンスピリットや肉体は魂に従って進めばいい、となんとなく思っていたところがありました。今は、ヒューマンスピリットと肉体も魂と同じように尊く、愛おしく思えるようになり、人間として今の自分を生きていることの素晴らしさ(価値)を感じられるようになりました。
▶スピリットと魂と肉体の3側面を意識していなかった私は、「自分」「私」という概念自体一部の側面に惑わされていたのだと思いました。気持ち的に3つの自分を観察できるようになりました。
▶人間としての自己価値が戻ってきて、プレイヤーでいるとはなんなのか、がハッキリと身体に入り根付いてきました。好きも嫌いも自由にハッキリと口に出し、自己の決定権をハッキリと感じるようになってきました。魂視点になった人間は、頼んでもいないのに指導をしてきます。しかもまずは見えない次元から侵入してくるので正直うんざりしています。そこには、生きていくなかで大切な様々なことを脅かすコントロールが入っていて、随分と傷ついたように感じます。ですがそれはスピリチュアル的な仕事をされている方しかしないのです。全ての人はスピリチュアルな存在であるにも関わらずです。
▶施述当日、眠っていたのですが、目が覚めて、立体的なハートが本当にキラキラと光輝くビジョンが見えました。スピリットが喜んでいると感じました。自分が人間としての喜びを欲しながら、躊躇していた、迷いがあった、制限していたことに気づきました。人間として、女性として、母として、幸せになりたいと素直に思えるようになりました。
▶自己価値が上がったのか実感はまだわからないのですが、まわりから仕事を頼まれたり、前より人のために動けている気がしました。
▶魂の幸せを優先して生きていることに気づいた。人としての幸せを前よりも受け入れられるよいになったと思う。
▶過去、自分には魂だけを優先させるのが良いという思い込みがあり、頑張り続けてきたのですが、人間として、女性としての自分は全然幸福と思えなくてどうにかバランスを取りたいともがいてきました。どんなワークを受けてもこの状態を解消までには至らなくて。ワークを受けた翌朝、それまで距離があった魂とスピリットと肉体がくっついた感があり、感動しました。ようやく仲良く一緒に歩める~みたいな。ただただ嬉しいんです。すっごい幸せ~って思えました。ありがとうございます!
▶スピリット主体で生きることは、「まだ未熟な人」という発信をよく見かけていたので、人間としての願いは単なるエゴで未熟だからなんだと、打ち消そうとしていましたが、それで良かったんだと受け止められたことで、心の底から楽になりました。人間としての願いを手放そうとすると、体調も悪くなるし、まずこれ以上人間として生きる理由がない、という虚無感があったのが、なくなりました。

2.人間を構成している三つの存在の全てを愛していく意識の変化についての質問です。わたしたちを形成している魂とスピリットと肉体、そのどれもが大切なのですが、そのことを自覚していなかったり、どれかひとつだけを優先してしまうということが時にあります。スピリットフュージョンは魂とスピリットと肉体のどれも愛することが出来るように促します。特に大切にしていなかった側面があれば、その事実に気づいていくように促していくのです。スピリットフュージョンを受ける前と後では、内側の三つの存在全てを愛することについてどのような変化がありましたか?

▶あらためて、自分は、魂とスピリットと肉体の3つの存在で成り立っているのだと気づき、全部大切にしたいと思いました。
▶人間としての幸せを叶えてもいいんじゃないかと思えた。魂だけを生きよう!という意識の自覚はなくて、ただ望みがわからないなとぼんやりしていたところから、せっかく人間として体があって感覚があるのに、逆にどうして肉体が反応してくれる五感の快·不快を叶えないの?と、意味がわからなくなった。ずっと、自分は人間をやれていない、という思いがあって、どうにも解決のしようがなかったことに対して、自分というひとりの人間を見始められたと思う。スピリットの傷ついていた、寂しそうな悲しみのようなものを感じた。肉体についてはただの入れ物くらいにしか思ってなかったのが、スピリット同様、肉体の存在の肯定感が上がったと思う。自分のために生きようと思えた。ずっと自分より誰かを優先してきて、疎かにしていた自分の人生を自分で生きていくと思えた。
▶施術前は、平野あやさんが講習等で話されていた「人一人の存在は限りなく大きく尊い」という教えが、他人事のような感じでした。施術後は、自分の命が、三つの尊い存在から成り立っているという神秘さや神聖さに気づき、それぞれの存在への感謝の気持ちや、限りある命を生きる喜びを感じ、無条件に生きる喜びを感じてます。
▶体が全体的にバランス良くなった感じがします。スピリットを大切にする必要を感じています。スピリットと体への重要感が高まった感じがします。
▶魂とスピリットと肉体のどれもが愛おしく思うようになった。バランスが良くなった感じがする。
▶魂主体の三位一体化がもはや義務のように思っており、でもそれは、人間の私にとっての幸せを諦めることになるという悲しみがありました。それでもそちらに向かわなきゃいけないのなら、個を消滅させることで、悲しみの思いも消滅させるしかないな、と思っていました。そのためには早く覚醒しないといけないのに、全然覚醒出来なかったのですが、あぁ私は覚醒したくなかったんだな、と気付きました。覚醒と幸せは離れていると思っていたので。
▶自分には使命は絶対に実行せねばならぬという強い考えが潜在意識にあって、心を押さえつけ、肉体を無理させてきました。嫌な事でもやらねばならぬなら我慢して行う、というのが日常的でしたが、それをもうしたくない!とはっきりと思え、出来る限り嫌な事は回避できるよう行動できるようになりました。勿論、社会人としてのわきまえはありますが、修行体質であったのがきれいに脱却できているというイメージです。人間の自分の気持ちを汲み取った行動が出来ていて本当に受けて良かったと思っています。
▶肉体もよりバランスよく意識するようになったと思う。(ただ魂とスピリットの違いがまだ今ひとつわかりません)
▶3つのどれが、どんな想いなのかわからずなんとも言えないのですが、3つを融合してもらえた事でスムーズに物事が運んだり生きやすくなった感覚があります。
▶魂ばかり優先したことに気づきました。でも、それに進みながらも苦しさや違和感を感じて、ブレーキもかけていたと気づきました。スピリットや肉体の願いが聞こえやすくなり、その気持ちを大切にしたいという思いがあると同時に、魂を優先しながら、魂をとても傷つけていた、苦しめていた、歪んでいたことにも気づき、驚きました。3つがコラボレーションできたとき、3つとも喜ぶ感覚があります。どれも大切にできるとき、素晴らしい喜びのなかに入れるんだと思いました。
▶まだ魂を愛しているかはあまりにも複雑な心境でわかりません。ですが、この状態もが、魂の願いと沿っていたらなと望みます。自分がタッグを組んでいる魂が、多くの他者(ただしスピリチュアル的な仕事の従事者)にとって重要な働きをするのかして、まだ魂のことがよくわかっていない時期に、多くの他者から肉体の自分を通り越して、魂だけが偉大なように語り掛けられることが多数あり、肉体の自分はそしられるということも多数あり、心はズタズタだったことに、スピリットフュージョンの案内と動画で客観視をしていただいたような感じでようやく人間の形を取り戻せました。私は私のためにハッキリいいますが、自分の意思でそのようになっていたとは到底思えません。最初から見えない次元で、大きく計画されたコントロールが入っていたように思えてなりません。自己責任という言葉を他者に発するのは呪縛的、かつ人間同士手を取り合うことを最初からあきらめているようで危険だなと思います。ワンネス?全体性?本当の自分に還る?そんなことに執着するあまり、人として大切なことを見落としているのがスピリチュアルの人々という強い印象です。
▶3つの存在を大切にしていなかったというより気づいてもいなかったので、事実をしって?なんだか自分が広がった気がします。また、肉体についてもちょっと疎かにして置き去りにしていたと反省しました。「あなたの肉体の声が聴けるのはあなただけなんだからちゃんと自分の身体に向き合いなさい!」と、生活リズムがみだれてる家族に行ってしまいました。今までならこんな言葉は出てこなかったと思い驚きました。またこれは自分にも忠告になっているんだと思います。
▶肉体、スピリットの声を無視していたことに気づき、三つの全てが大切、愛しいと思えるようになりました。
▶魂だけでなく、スピリットと肉体の素晴らしさを感じられるようになり、それぞれの存在全てに対する深い敬意と感謝の気持ちが生まれました。
▶ここに関してはどれもが大事な存在であるとわかっていました。特に今、望んでいることは身体に関することなので魂の進むスピードがとても早いので、魂にはスピリットと肉体の声を聞いてもらって、3次元を生きている肉体を大事にしたいと思いました。
▶肉体を無視していましたが、魂とスピリットのように肉体も大切に出来るようになった感じがあります。
▶今まではスピリットの存在について、あまり意識していませんでした。何か分からなくてモヤモヤしていたのが、スピリットの存在を大切にしてこなかったんだと気づきました。スピリットも、魂や肉体と共に大切にしてしきたいと思いました。
▶今まで、何よりも魂を大切にしてきたように思います。今は、魂はもちろん大切ですが、今生、人間として生まれてきたことを謳歌していこうと改めて感じています。楽しい、嬉しいと感じること、やりたいことに忠実でありたいのと、体の健康もケアしていきたい。
▶今まで、魂を優先させたり、肉体を優先させたり、既存の人間としての幸せを装ったり、試行錯誤を長年重ねてきても、どれも上手く行かなかった。生きること自体に、諦めていました。自分の幸せを選択しても、無意識に魂を優先させてたりで、生きづらく、バラバラで隙がたくさんあるので影響を受けやすく消耗が激しかったです。我はあるんですが、人間としての経験が少ないと思っており、外側の影響に対して受け身になってました。施術後は、3つどれも大切で、自分の存在を愛おしく感じ、より自分への愛の深まりや満たされた感覚が増していき、自然にまわりの愛する人への愛が出て来はじめました。
▶やりたくないのに親の価値観や社会的に好まれる風潮に合わせて無理をしていたことについて、自分の中でやめる許可が出るようになった。自分の中で、スピリットの望みが軽視されていた部分を尊重できるようになったのかなと思います。
▶ずっと魂が最も重要で、肉体や精神の声を聞いていたら道に迷うと思っていたが、つい最近、細胞ひとつひとつに意識と無限の知恵があり、望みを持っていると知る機会があった。「腸は脳より賢い」ということや「丹田に浄土がある」と言う話は以前から聞いていたが、それも魂が主導であってこそという、魂至上主義が自分を支配していたので、どこか知識的なものとして片付けていた。今回の施術では体感が蘇ったような感覚があり、体を動かすことで喜びを感じている自分を見つけた。それはささやかかもしれないけれど確かで代え難い喜びで、自分の行動をさらに促すような、原動力になるような強さを感じた。そういった単純なことで喜びと幸せを感じられる自分が愛しかった。
▶そもそも、人間を構成しているのが、魂・スピリット・肉体の三つの存在。という事実をしりませんでした。ですから、初めてそのことをあやさんのブログで知ったとき、自分が大切にし優先しているのはこの三つのうちの願いなのかについて???な状態でした。そこから少しずつ三つの存在を意識するようになり、またスピリットフュージョンを受けてから、スピリット・肉体を愛することができていなかったと感じるようになりました。魂を優先させようとスピリットや肉体を道具のように扱ってきていたとすると、スピリットに対しては、まだもがきながらも意識を向けていたように感じますが、特に、肉体に対してはずいぶんおろそかにしてきてしまったと感じています。これからはどの存在も愛してよいと、自分自身の中で調和が起こり、ほっとした安堵感が起こっています。

3.全ての幸せを諦めない姿勢、意識の変化についての質問です。スピリットフュージョンはスピリットの尊厳を復活させ、魂とスピリットと肉体の願いを融合させるLOVINGです。人間としての幸せも、魂としての達成も、何一つ、諦めなくていいということ、自分の中で折り合わなかったり、相反する願いだとして諦めてしまっていた願いが蘇り、どれも諦めなくていいと感じるようになったり、相反する願いであったようなものが、融合されて、達成できる形になっていきます。スピリットフュージョンを受ける前と後では、ご自身の幸せを諦めない気持ちや、ご自身の願いの質にどのような変化がありましたか?

▶ワーク後しばらくしてから、お風呂に入っていた時、自分の中から、「こうしたい!あれもしたい!」など、まるで子供の私が言っているような感じで、素直な願いが出てきてびっくり!しました。
▶自分(スピリット+肉体)を犠牲にしないと魂の願いは叶えられないと思っていたが、自分も大切にして良いと許可が出たので、楽になった。魂の願いを達成させるために無理がいって歪んでいた感じだった。
▶施術前は、平野あやさんが講習等で話されていた「どんな願いも尊い」という教えが身に付かず、無意識のうちに、願いに優劣をつけていたと思います。施術後は、願いに優劣を感じることもなく、三つの存在が調和的に働きかけて、最善の願いが自然に思いつくという、信頼感を得ることができました。
▶人間として楽しむことが、無意味に思えたり馬鹿馬鹿しいと思っていたことが、それも体験しようという風になった。それもやってもいい、と思えた。もっと人間として楽しんでもいいと思えた。物質面か精神面か、みたいな、どちらかに行ったり来たりしていてそれについて投げやりになったり疲れてしまうことがあって、どっちかだけなら楽なのにと思うことがあったのを思い出した。どっちも自分の願いなんだなと思った。協力的な雰囲気はあるような気がするけれど、折り合いにはもう少しかかりそう。望んでいるのだから必ず存在する、という確信のようなものを感じた。望んだものを妥協したり、望むことさえ諦めたりしなくてもいいと思えた。肉体とスピリットの願いが折り重なったことがわかった。わくわくや喜びを感じてやりたいことがひとつわかった。
▶まだ、それぞれがどのような願いを持っているのか、はっきりと認識することができていないのですが、何かをずっと諦めていた気持ちがあることは感じていました。叶えたいけど自分の中で折り合わず諦めていた気がします。何一つ諦めなくていいという希望と、それぞれの願いが融合されて達成できると思うと、今はまだ繋がりや関連が分からずバラバラに感じている自分の望み一つ一つを大切にしていきたいと思えるようになりました。一つ一つを大切にしていくことで、もう少し融合された望みが見えてくるのかなと感じています。
▶以前は魂優先で、執着や欲からの解放を目指し、食べ歩きをしてもどこかで罪悪感のようなものを感じていて、心から楽しめなかったが、素直に美味しいと感じられるし、そのことに喜びを感じて、「私はこういうのが好きで、幸せを感じるタイプだったんだ」と納得が行き、またそういう自分をかわいいと思えた。心と体がバラバラで、魂の願いにもそぐわないようで、これでいいのかと迷いながらずっと生きていたが、その辺りが単純になって、煩悶しなくなった。雨が降ることにも、また晴れの日も、曇りの日もそれぞれただうれしくて、ごく些細なことで幸せを感じられるようになった。そしてそれが、私が地球にいて感じたいことだとわかった。さらに私はそういったことを、絵として表現したいのだと感じた。その望みが異様に強くハッキリしたので、少しビックリした。魂の願いを優先したら、体や精神については望みが叶えられないと思っていたが、そうした体感や感情を表現しながら、さらに魂の望みも叶えていけるのではないかと思えた。
▶自分としてはこうしたいけど、もっと優先すべきことがあると後回しになっていたことに対して、自分にはやはりこれが大切なのだと改めて認識できて、尊重しようと思えた。
▶人間としての幸せ、魂としての達成、両方望むことは無理で、この先も、このまま人生を終えてしまうのだろうと諦めていました。施術後は、両方を望むことに、優しく、柔らかく、自然にokが出せています。そして、まわりの人やペットとして飼われている存在に対しての洞察が深まり理解でき尊重できるようになりました。
▶自分の魂の浄化と成長さえできれば、もういいや、と思っていました。「今生を生きるのは、肉体がある以上仕方ない部分もあるから、その間は精いっぱい生きるし、周りの人への愛も含め、最大限できることはやるつもり。とはいえ、日常を生きるにあたりできる限りカルマも解きたいし、、、。今生は解脱へのブリッジ・・・?」のような認識でした。まだ終わっていない。人としての欲や希望、楽しみごとや沸き立つ思いなどできる限りの体験をしたい。スピリットと肉体の思いにしっかりと寄り添っていきたい。
▶魂・スピリット・肉体、全ての望みを叶えてあげる事が幸せの近道であると感じました。今まではスピリットを大切にしてこなかったから、なんか分からないけどモヤモヤしていましたが、スピリットの存在を意識できるようになってから、どれか一つではなくてどちらも叶えていいんだと、いや、全て叶えてあげようと許可することができたように感じます。
▶覚醒ばかりが大事で人間としての喜びは不要のように思っていましたが、人間としても幸せになった感覚が出てきました。
▶魂、スピリット、肉体が三位一体となって融合すれば、本来の私自身となることが出来て、私が今望んでいることは実現すると思っています。
▶なんとなく、もう人間としての幸せは望めないのかな。と諦めていた部分がありましたが、すべての幸せを望んでいい、諦めなくていいんだと思えるようになりました。
▶魂の誓願と、スピリットや肉体が望む幸せへの願いに優劣や分離はなく、そのどれもが尊く、叶えていいものだし、叶えていけるのだと心の底から思えるようになりました。
▶私はもともと愛を広げたい、愛したいという感覚が中心にあり大事にしてきましたが、「神は自分が愛することはできたけれど、愛されることがしたかったからこの世界を創造したのかな」とふと思ったとき、「私も、愛されることがしたかったのでは」と一つの壮大な気づきがおきました。自分が愛されることにほとんど関心がなかった私にとって、本当にハッとするような目からうろこの気づきでした。
▶死ぬ気で自分を生かす、という意志を本気で持つところにようやく辿り着けました。自分の生存に深く絡んでくる母を、「大嫌いだ」と言える許可がやっと降りたのです。それでようやく、死ぬ気でというスタート地点に立てました。自分の息吹となっている軸、根っこを元にやりたいことの枝葉を自分の意思で伸ばしていけるようになっています。全ての幸せをあきらめない、魂とスピリットと肉体の願いの融合が起きているかはわかりませんが、やることに迷いは起きなくなってきました。共に何かを達成したこともないスピリチュアル従事者の「あなたは仲間」という魅力的な文言をもった指図で動かされることがなくなりました。スピリチュアル世界では、いいも悪いも無くなる、好きも嫌いも無くなるのが魂目線でも人間としても成長していっているかのようなことを言う人々が多くいる気がします。自分はそうは思っていませんでしたが、知らず知らずに必要のない影響を受けてしまっていたようです。その影響下から自己主張を強く出来るようになりました。
▶全ての願いが無理なく合体し、願いが明確になり、迷いがなくなった気がします。今まで望んではいけないと諦めていたこと、言い訳や理由をつけて、諦めていたことに、今すぐは難しいけど、必ず叶えたい、実現したいと思うようになりました。
▶まだ幸せを、もとめるというところまでは行っていないのですが、潜在的にはそのようになっているように思います。ワークを受けるまでは恋愛や結婚がからむ異性への嫌悪感や拒絶がなぜかあり異性の知人に会わない連絡をしてしまいましたが、ワークをうけた後は考えが変わって、自分から折れたりして異性の知人に会う流れになりました。
▶肉体の大切さをより自覚はするようになった。前よりも、魂を優先するという若干制限が薄らいだと思う。
▶このLOVINGを受けてから、自分の肉体と心を幸せにすることを諦めなくて良いと思えるようになりました。自分の深い部分で感じていた変な感じ=ガイドが自分の人生に強く介入して、人間の自分に折り合わないと思う、へんてこな人生でしたが、ようやく肉体、スピリット、魂がくっつけたので幸せをいい形で実現できると確信しています。今までの三位の相反する願いのときには、安心して未来に委ねるという感覚は心底では持てていなかったと今ではわかります。ようやく緩んで委ねられますね!ありがとうございます。
▶今回のワークを受けさせて頂いて、ワンネスの孤独が感覚的にわかる感じがしました。私は、3つの願いが融合してなかったことから、虚無感を感じていたことがわかりました。自分を縛り付けていた何かから本当に解放された気がします。スピリットフュージョンは、私の答えの全てが詰まっていました。人間としての幸せ、他者がいるという幸せが分離の醍醐味だと思っていたので、スピリチュアルな探求を始めたときから、何だか「私は悟りを開くために人間やりに来たんじゃない!」という謎の感覚があったのですが、その理由がわかりました。

4.魂と肉体とスピリットの融合についての質問です。スピリットフュージョンは、魂と肉体とスピリットの融合を促進するLOVINGです。これらの三つが折り重なり融合すればするほどに、パーツとしてバラバラだった自己が一致し全体的にしっくりフィットした感覚で、噛み合った状態で何事に対してもパワフルに取り組めるようになります。スピリットフュージョンを受ける前と後では、融合したことによって、心身にどのような変化がありましたか?これは、日常生活のありとあらゆる場面で、変化が起こりますから、今一度観察してみてください。

▶肉体の声をおろそかにしていたことに気づき、ストレッチしたり、食べるものにも気を付けるようになりました。また、人間として地球での生活を楽しみたい!とも思いました。ワークを受けてから、自分がより一つになっている(安心感、安定感が増している)ような感じがします。
▶バランスが良くなった感じがします。人間として幸せを大切にしたいと思いました。
▶施術前は、この地球で人間として生きる事の神聖さや、限りある命を生きることの尊さに、意識が向いていませんでした。施術後は、地球に人間として生きてる実感が増し、世界にピントがぴったり合い、目の前に広がる光景がより明るく美しく、愛おしく感じました。そして、三つの存在が紡ぎだすこの神聖な命を大切にしながら、人生を謳歌しようと思えるようになりました。
▶今までは沢山思考して、肉体を引っ張っている感じだったが、今は肉体の存在感が出てきて、より今の瞬間を楽しめるようになった。感謝といっても今まではどこか頭で考えた感謝で、どこか詰まっているような感じだったが、(「ハートから感謝を出そう!」とか考える感じ)、今は身体全体で感謝を表している感じになった。幸せ感が増した。
▶音声説明にて、もはや人間の形状になっていなくてなにがなんだかわからない状態のエネルギー体の話を聞いて、自分はこれだなとすぐ納得した。受けてみて、真っ先に、”魂とスピリットが出会った”という感覚と言葉が出てきて、嬉しさがポッと出て感動した。面と向かって見つめあえたようなそんな感じがして、一緒になっていった。安心や優しさを感じる。・
▶悩みや切なさの宝庫のような私の心でしたが、様々な悩みが悩みでなくなってきたのですが、まさか、スピリットの願いを無視していたから沸き起こっていた苦しみだったのかなぁと感じています。常にあった虚無感が、軽くなったというか無くなったかで、物事を深く考えることが減り、単純に目の前の日常を感じて過ごせるようになりました。
▶頑張って結果を出すというのが自分のスタイルだったのが、頑張らないようになっています。でもパワフルさは何も減っていない感じ。楽に色んな事が進んでいっています。とはいえ、自分の目論見通りに進んでいる訳ではないんです。それなのに進むことに不安があんまりないんです。自分の内側が上手く折り合う事で安定して肯定的になっているからでしょうか、そういう結果になるんだ~みたいな感じで許せるんです。
▶肉体をおいてけぼりにしてがんがん頑張っていたことが多かったと思うが、昔より休むときは休もうと前向きになったと思う。
▶ワークを受けてまわりから元気だねと頻繁に言われるようになりました。今まで、躊躇していたボリュームのあるものを食べたくなり思い久しぶりに肉を食べました。結果、以前より肉が苦手になってました。自分は本当は野菜を食べたいんだとわかりました。
▶生活全般において、一般的にいいと言われていることから外れても、迷いがなく、今はこれがしたいという自分の欲求を素直に満たしているように思います。すごく存在としてのパワフルさが増し、集中力が増し、精力的に仕事に取り組めます。東京に住んでいますが、家族の事情を考えると、自然豊かな場所に引っ越すのは無理だなと考えないようにしていました。肉体が自然を欲していると改めて思え、今すぐどうこうするとは関係なく、そういう願いを抑圧せず、願いとしてありのまま認めることができるようになりました。
▶久しぶりに母と喧嘩をしたが、胸糞悪い思いを我慢せず正直に口に出せた。母がいない場で…自室での吐露もこれまでに言ったことのない自分の想いを正直に口に出せた。その瞬間は、他者が存在したからこのような自分なのだと他者のせいにすることに許可が出た。自分一人でこうなることなんて在り得ないのだから。その怒りを味わう時間を持つことは被害者になることではない。これまでの喧嘩でも同じようなことを言っていたと思うのですが、何が違ったかというと、喧嘩の後その発端になっているものから抜け出すための覚悟の深さが全く違ったと思います。それは人間の自分が戻ってきたから出来たことだと思います。それから、しっかり自分を切り替えることも出来ました。結果的に、仕事に打ち込んでいける自分が整っていってる感覚はあります。
▶何かを考えるとき、感じるとき、行うとき、どの私がそれをしようとしているのか気になったり、肉体の変化に対して敏感に内観するようになりました。
▶自分の人間としての望みがあらゆることでどんどん明確にわかってきている感じです。たとえ小さなことでも、人間としての幸せを叶えることに一切の妥協をしないことが当たり前になりました。
▶安定した感じがし、自分の本当の望みが分かってきた気がします。
▶肉体が直接喋ってくるように、何がしたいのか分かるようになりました。本当にバラッバラで一列に整えられた感覚があって、よく分かりました。不思議です!
▶自分の愛をもっと打ち出したい、誰かにやってもらうばかりではなく、自分もやりたいんだという、忘れていた気持ちが蘇ってきたように感じます。
▶口に入れるもの(食べ物)について、以前よりも気を付けるようになり、美味しいものが嬉しい。体の疲れに敏感になった。最近、よく泣いている気がします(ドラマを見たりなど)
▶肉体は、施術中に肉体の温かみを感じ、足があることを実感しました。動けるんだという感覚です。もともと、よく寝るのですが、少し、自分にとっての睡眠時間や質がわかるようになってきました。必要以上に、リアルな世界から逃避するための睡眠が減ってきました。食に関しては、外食を好まなくなってきて、本当に行きたい環境や場、作っている人のエネルギーを選ぶことが楽になりました。食で満たされないものを満たすことが凄く減りました。住んでいる環境を整えたい、心地よく過ごせるように、周りに合わせきらず自由を大切にして、意欲が湧いてきました。ゆくゆくは引っ越す事にも、より、okが出せてます。服に関しては、自然なものを好む私がより、自然だなとokが出せています。今までは、今の時代に合わせたものにしていました。少しずつ、自然な衣のまといかたを表現したいと思うようになりました。人に対しては、私と今後繋りたいと思ってない人の受け身で思わせぶりな態度からは距離をおき、関係を終わらせたり、今後の新しい人間関係の繋りを強く望むようになりました。地球で楽しもう、遊ぼうと言う人達に共鳴し、真面目さが薄れ、我慢せず表現していってます。
▶義務感で無理をしていることをやめていって、自分のやりたいことや楽なやり方を求めていくことに許可が出るようになった。
▶スピリットフュージョンを受けた翌朝、体の感覚がはっきりとしているのに気づいた。以前はもっとぼんやりしていて、正直に言えば空腹感も便意や尿意も薄かったが、かなり強くデトックスが起きて排泄がスムーズになり、さらに顔がいつもくすんでいたはずなのに、微妙に色艶がよくなっていて、暑さも感じやすいし汗も出やすくなっている。私は東洋医学療法を30年前から細々と続けていて、治療院の先生には「珍しいくらい汗が少なく虚証だし顔に赤みがない」と言われ続けていたのに、さらに貧血で20年間鉄剤を飲み続けていたのに、近年あり得ない赤みとツヤが出ている。正直、ちょっと自分でもきれいになったと思う。肉体や感情をずっと、魂より下と思って来たけれど、肉体があってこそ魂のことを考えることができるし、感情をおろそかにしても幸せはないと感覚的に思えた。
▶自分自身の魂・スピリット・肉体が全く融合していなかったことがわかるようになりました。ここがちぐはぐだったので、自分自身でいること自体が不調和で、幸せを感じにくかったのかなと思います。特に、 肉体の声に意識を向ける機会が増えました。肉体に望みがあるということさえ無視していたような気がします。いま、肉体からの望みの声が以前よりわかるようになり、それに応えることができたとき、随分とほっとしていることに気が付きます。

5.スピリットフュージョンを受けようとご検討している方に向けて、一言メッセージをお願い致します。

▶魂・スピリット・肉体、この3つが融合されたら、きっとこの上なく喜びに満ちて、地球での人生を送れるのだろうなぁと感じています。私は、ワークを受けて、なんだかとても楽しみにもなっています。おすすめです☆
▶3つがバラバラだった状態がひとつになる感覚が一番感じられたLOVINGでした。人間として存在する自分を肯定できる効果を感じられるかと思います。アウロラカンタータと受けるとより望みがわかるかなと思います。
▶6月の一斉LOVINGはどれも素敵ですが、自分の中のバランスが取れて無い方と感じる方はぜひスピリットフュージョンがオススメです。安定して私という存在を感じるようになりますよ!
▶スピリットフュージョンの説明に触れた時、お釈迦様が肉体、精神への苦行をやめ、菩提樹で悟りを開かれたエピソードが思い浮かび、人間の新たな可能性の扉を開く革新的なLOVINGだと感じました。「魂」と「スピリット」と「肉体」全てを尊重し調和させながら生きるという考えは、地球上でのユートピア実現に取り組まれている、平野あやさんしか思いつけない発想だと思います。この地球で、人間として、喜びと幸せあふれる生き方を切望し、暗中模索されている方に、新たな生き方へ踏み出すための打開策としてお薦めしたいLOVINGです。
▶自分自身の感覚がバランス良くなる感じがします。大切にしたいことにも気がつくきっかけの1つになると思います
▶スピリットフュージョンを受けてみて、魂・スピリット・肉体の融合が、自身の望む人生をより歩みやすくすると感じたLOVINGです。人間を構成しているこの三つの存在の願いが、一度しかないコラボレーションにより私という人間となっていることを知る機会をいただき、ちぐはぐで折り合っていない今まででしたが、今からでも私の三つの存在の願いを融合させ、私という人間として存在していることを喜んで生きていけるようになりたいと思えるようになりました。何のために生きているのか、なんの望みも見いだせないと感じている方にもオススメしたいLOVINGです。スピリット、肉体、自分の中でバラバラに感じていたものに少しずつ血が通い始めたように感じています。気が抜けるような、ほっとしているような、スピリットフュージョンを受けないとわからなかったと思う感覚です。いつも希望を与えていただき感謝しています。
▶私は頭でっかちで、体や心の声も聞いてはいたけれど、魂がもっとも重要で、結局は魂の声に最終的には従い、体や心の執着は手放さなければいけないと思っていました。でもスピリットフュージョンを受けて、日々の営みが平凡であっても、大切で自分を動かす確かなエネルギーとなっているのを感じられ、それに対して罪悪感を感じることなく、ただ素晴らしいものと受け入れることができました。多くの迷いが生じていたのも、魂の道を強く求めるがゆえと気づくこともできました。日々、「これでよいのか」と迷ってしまう方に、地球にいるだけでただ素晴らしいことや、ささやかなことで満ち足りるうれしさを、感じていただけるのではないかと思います。
▶何かアクセルとブレーキを同時に踏んでいるような感覚で前に進めなかったり、躊躇や膠着状態があるような人は、受けると自分の感覚がはっきりしてきて、本当は無理をして続けていることや、本当は大切にしたいことなのに軽視されているものがわかったりなど整理ができて、前に進みやすくなるのではと思います。
▶私は、長い間、この地球に人間として存在していることが私にとっての存在の意味がわからなかったのですけど、人間のふりをしているようで肉体を持っていることにも違和感がありました。私のように3つがバラバラな人には、是非とも受けて頂きたいです。3つが融合された感覚は、幸せです。人間として存在することに、ニッコリokが出せます。自分の存在を絶対肯定し、この地球で楽しく遊んで願いを叶えていける人が増えていくことを望んでいます。そういう人達と繋がって行きたいです。
▶人としての欲に忠実になることを純粋に楽しめます。何かから逃げるための快楽ではなく、快楽のための快楽、純粋に喜びに浸る喜び。それを自分が体験していいし、体験するんだ!と、思えます。
▶魂と肉体だけでなく、スピリットの存在も人間としての幸せを実現するには大切な要素なんだと気付きました。スピリットを主体とした覚醒をしていきたいと思いました。やはり人間としての幸せは諦められませんし、自分の愛をもっと覚醒したいとも思いました。
▶受けるか迷っていたのですが、とても気持ちが軽く自然体になりました!
▶人間として生きることが辛いと思う方に、おススメです。
▶人間としての幸せがどこか二の次になってしまう方にとてもおすすめしたいLOVINGです。魂とスピリット、肉体が同じように尊く、魂の願いも人間であるからこその幸せも少しも諦めなくていいことがエネルギーレベルでわかると思います。
▶バラバラに見捨てられていた自分のパーツを集めてもらうような、必要なLOVINGです。3つの存在の「望み」の気づきは私にとって本当に宝物です。
▶いつまでも、蛹のなかで固まらない液体のような、永遠に停滞期なのではと不安を感じる方は受けてみることをお勧めします。スピ従事者の発信で「自分は停滞期」と自覚したことがある方にお勧めします。それを永遠に続けなくていいです。この施術に関しては、受ける動機が不安でも全く構わないと思います。
▶魂優先の覚醒を目指してきた方にとってもオススメです。願いに優劣がかかって、人間的な幸せを抑圧しているなら、すごく傷つき、悲しんでいる自分がそのままになっています。願いに優劣がなく、全ての願いを叶えていいという自由を知ることができます。ディバインロード、スピリットフュージョンは、私にとってずっと抑圧していた願いが開放され、衝撃的な喜びをしるLOVINGでした。ありがとうございます。
▶今回受けさせていただいたのは、恋愛がきっかけでした。魂が望む人と、人間として望む相手に違いがあり、うまくいかず、長い事葛藤していました。人間としてひかれる相手は幸せになれそうな相手ではなく魂が望む相手とは幸せになれる相手なのに、そういう相手に恋愛感情がわかず、スムーズに物事が運ぶのに気持ちがついていきませんでした。結婚もかかっているので、長い目で幸せになれる相手を選びたく、どうしたら魂の望む人を好きになれるのかと、普通と逆の誰にもわかってもらえないようなおかしな悩みでした。今回このような機会を得られてとても幸運です。恋愛にも意識がかわってくるだろうと思いました。今までどうしてこんなに支離滅裂な事が起こるのか疑問でしたがあやさんがブログでいろいろ教えてくださり目から鱗でした。なかなかここまでの事を考慮してワークを構築されているヒーラーさんはいないのではと思いました。この、機会がなければ、私はずっと支離滅裂なままだったと思いますし、自力でどうやって融合するのかなど方法がわかりません。なので常識では考えられないすごい事だなと思います。お礼の言葉もわからないくらいです。素晴らしい機会を本当にありがとうございました。
▶最近のあやさんのワークはとにかく深い!一回でここまで癒せるのか。。。と唸りました。本当にお金を出す価値、あります。カルマ解消、浄化、現実的な努力。。。色々頑張っているのになんか人生幸せにならない。。。という不思議体験をされている方にとてもお勧めです。
▶まだ大多数の人が覚醒していない、というような情報も見かけますが、そういった方のなかには、私と同じように覚醒することは人間としての幸せを手放すことだ、という誤解がある方も多いんじゃないかなと思いましたので、本当におすすめです!

ご感想枠2下ブルー

*以上の文章の著作権は、Freedom Destinyに帰属します。こちらの内容を一部引用でも転載する場合は、必ずFreedom DestinyのHPリンクを貼り、引用部分、引用元を明記してください。
PAGETOP