【Freedom Destiny】Pure Respect ピュアリスペクト講習

  • HOME »
  • 【Freedom Destiny】Pure Respect ピュアリスペクト講習

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019LOVING文字

 

『こんな素敵なことが、いつか自分も出来たらいいな』
『こんな世界になったらいいのにな』


子どもの頃に抱いた、淡い純粋な願い。


段々大人になるにつれて、
そんなことは出来やしないとか
そんな風に思うなんて、子供じみているとか
おとぎ話のようだとか、
馬鹿げているというように


わたしたちは、いつしか、
子どもの時に抱いていた
純粋な願いを抱くことを、
辞めてしまっています。


生えていた羽がもがれてしまうように。
羽が無いことの方が人間というものなのだと納得し
人間という常識という枠の中で生きることが正常なのだと思い込み
いつしかその方が自然になってしまっているのです。


その一つの大きな要因が
純粋な自らの光や愛を輝かせ
創造性を膨らませようとした瞬間に
親に真っ向から否定されたり
親の概念を押し付けられることによって
魂が光り輝くこと自体を
完全にシャットアウトしてしまった経験です。


『そんな夢見がちなことは忘れて、現実を生きなさい』
『そんなこと出来るわけないでしょう』
『いいかい? 現実っていうのは、こういうものなのよ』


残念なことに、子どもが、この地球という世界に降り立ち
純粋な愛と光を輝かせようとした時に
両親は全く悪気なく、良かれと思って
子供に未だ知らないことを教えてあげようとして

自分の方が色々なことを知っているという過ちによって
子どもの創造性をことごとく、へし折ってしまうのです。


それだけではありません。


インディゴ世代
パイオニアインディゴ世代の多くの人たちは


両親自体の抱えている課題や
深く痛手を負っている傷などが
そのまま放置されたまま
その両親と接することになってしまいました。


そうした場合に、一体、
何が起こったでしょうか。


多くの場合、世代が上の人の方が
常識という定義と枠に縛り付けられている思考の上に
その答えが唯一絶対正しいという
ジャッジが外れていない傾向があり


子どもの自由な発想を否定して押し込めるだけでなく
親の方が立場だけでなく、あたかも人間的にも
上の存在であるという誤ったパワーゲームなどを
エネルギーレベルで押し付けてしまったのです。

 

それによって
インディゴ世代
パイオニアインディゴ世代の方々は

 

子どもの時の自由な創造性を発揮出来る
純粋な尊厳が非常に傷ついてしまっています。

 

こうして傷ついてしまった傷を
通常、インディゴ世代やパイオニアインディゴの人たちは
両親への反発をしたり、両親に言い聞かせられたことの
真逆の行動をとることで、何とか脱却しようと喘いでいます。

そうして努力して何とか脱却しようとしても
どうしても取り戻すことができず
自力では蘇らすことが難しいことがあります。

 

それは、子ども時代に失ってしまった
純粋な尊厳と自由創造です。

 

ピュアリスペクトでは
子どもの時の、尊厳を取り戻し
光を奪還して純粋な自らの光や愛を
より光らせることを可能にするLOVINGです。

 

子どもの時に受けたダメージを解消するだけに留まらず
子どもの時にあった尊厳と自由な創造性を
復活させて、取り戻していきます。

 

時空を超えた、このLOVINGでは
『対象者が、親からの否定を受けなかったとしたら、どんな尊厳と創造性の自由を持っていたか』
ということを、魂にチャネリングして、その状態を復活させます。

 

創造性は何かの真似ではない、
独自の有用な案を生み出すこと。オリジナリティです。

 

つまりは、子ども自体に
親から否定や代案の概念によって
埋め込まれたり、押し込まれてしまった
魂の独自性を発揮することにも繋がります。

 

わたしたちが、自分自身の本質やエッセンスや光。
自分自身の創造性や独自性を発揮していない時
わたしたちは、真に自分に対しての尊厳を感じられません。

 

純粋な尊厳がある状態の時に
最も創造性や独自性を活かしていくことができますが

 

そもそも純粋な尊厳自体を失っているから
創造性や独自性を活かせなくて困っているという
現状の事実を考慮すると

 

卵が先か鶏が先かというくらいに
一体、どうしたらいいの?という状態に陥ってしまう
パラドックスと矛盾が生じる課題であることがわかります。

 

そのパラドックスと矛盾を超えて
純粋な尊厳を取り戻していくのが
ピュアリスペクトのLOVINGです。

自力で努力しても
どうしても進むことができないことの一つに
こうした矛盾が生じているために
取り組むことでは
解決しないということがあります。

 

いま、わたしたちは、より独自性に開いていき
創造性溢れる自己を生きることができる地球にいます。

 

親からの否定を受けていなかったとした時の
尊厳と創造性の自由を再び取り戻した時
真にそのことに対しての両親への許しが起こります。

 

(ピュア リスペクトは
否定されたりインプットされたものに対しての解放を行うのではなく
否定されたことによって、失ってしまった尊厳を奪還し
純粋な創造性を取り戻すワークです。

 

否定されたり、植え付けられてしまった思い込みの解消。
自分がこれが自分だと確信して信じて疑わないでいるアイデンティティーの解消や
思い込まされてきた性格解消や人生や運命への思い込みなどの『解放』の部分については
フリーダムディスティニーNeoにて行います。

 

解放はピュアリスペクトでは行いませんのでご注意ください。
ピュアリスペクトとフリーダムディスティニーの
両者のLOVINGの相性と相乗効果は抜群です。)

創造性を思うように
社会や世界に打ち出すことができない。
独自性、オリジナリティ、
自らの光の顕現に悩まれている方
両親からの否定が多くて、
自分自身に自信が持てない方など

 

日本人の多くのインディゴ、
パイオニアインディゴ世代の方々に
ぜひお受けいただきたい
LOVINGとなっています。

ピュアリスペクトのLOVING施術を
実際に受けられた方々から頂いた生の声です。
ご感想アンケートを元に集計しました。
多くの方々が効果を実感されています。
ピュアリスペクト円グラフ-1ピュアリスペクト円グラフ-2
ピュアリスペクト円グラフ-3
ピュアリスペクト円グラフ-4

・子どもの時に失ってしまった純粋な尊厳を奪還します
・無垢な子どものような純粋さを取り戻します
・今までなかったアイディアが湧いてきます
・今までよりも自信を持てるようになります
・他者の意見に左右されにくくなります
・ありのままの自分でいいと思えるようになります
・自由な発想から創造が出来やすくなります
・自由に行動が出来やすくなります
・自分を表現しようと思えるようになります
・物事にチャレンジしてみようという気持ちが湧いてきます
・自分という唯一無二の存在を受け止められるようになります
・尊厳の回復によって自然に優しさが溢れ出してきます
・尊厳の回復によってハートが開いていきます

・子どものころ理不尽な思いをされた経験がある方
・子どものころ両親から否定をしょっちゅう受けた方
・子どものころ両親からの圧力を受けて育った方
・子どものころに両親から優劣のエネルギーを受けて育った方
・両親から心ない言葉を言われて傷付いていることがある方
・自分の独自の意見や主張に自信が持てない方
・多数決の少数意見になると急に自信がなくなる方
・両親からの影響によって自由を失ったと感じている方
・否定されるのが怖い方
・自分の意見は受け入れられないと思っている方
・価値観を押しつけられるのが苦手な方
・両親を思い出すと怖いと感じる方
・自分は心が狭いと思っている方
・自分は所詮、この程度の人間と低く見積もっている方

 

ピュアリスペクト2020講習

ピュアリスペクト2020の施術を
ご本人と二親等の家族に対して施術ができるようになる講習です
(プロとして第三者に提供をされたい方は、
別途LOVINGプロヒーラー講習、
またはアセンションライトワーカー覚醒プログラムの受講が必要です)

 

      ~ ピュアリスペクト2020講習の概要 ~

 

1.ピュアリスペクト施術
(施術者の方が、ご自身で出来るようになる部分です)

ピュアリスペクトの施術がご自身で出来るようになります。
施術は無制限に幾らでも、ご自身と二親等のご家族に行っていただくことができます。

 

エネルギーを取り扱ったことがない方でも
事前に必須講習である、ラブプロテクション講習をお受けになられてから、他の講習を受ける流れになりますので、確実にエネルギーを取り扱えるようになります。

 

すべての受講者が、確実にピュアリスペクトのエネルギーが取り扱えるように、ピュアリスペクトを伝授して、取り扱い方を指導しますので施術できるかどうかの不安は無用です。

 

*講 習 代 金 88,000円
*事前LOVING開発準備ワーク 3日間
*講 習 時 間 90分(人数によっては時間が多少伸びることがあります)
*受 講 資 格 ラブプロテクション講習

★2020年5月からは、遠隔Zoomでの開催となっております。

 

【 銀行振込をご希望の方 】

【 クレジットカード支払いをご希望の方 】


ご感想
ご感想枠2上ブルー

1.尊厳についての質問です。子どもの時に失ってしまった尊厳を取り戻すと、深いレベルでの癒しが起こり、自分自身に対して優しい気持ちが自然に湧いてきます。自分に対しての優しさは受ける前と受けた後では、どのように変化しましたか?

▶ わたしが自分に対して優しくなれた具体的な変化として、まずは自己の女性性を受容している自分がいます。オシャレが好きになりました。もっと美しくありたいと思います。肌のお手入れをこまめに行う様になりました。おそらく、意識しないでも、自分の纏うオーラの中に女性性のエッセンスが多分に滲んでいる気がしています。保育士としては、子どもが安心して寄ってきます☺今まで以上にです。自分に許可を出している人間は、他者の多様性をも優しく受け止めるという事を、子どもはよく分かっていますね。女性性とは、子どもを産み育てる母としての力や愛であると捉えられがちですが、性的な目覚めや夫とのセックス、生命を未来へと繋ぐいのちの原初的存在としての力や魅力をも含めてのとても広義なものです。
▶ 自分に対してとかの優しさはちょっとよくわからなかったです。ただ、わたしはわたしのことを優しいと思うけど、ちょっと厳しい優しさをもっているのだな、と感じた時間がありました。
▶ 施術を受けている時間内に「あなたは間違えていない」「このままで良い」というメッセージを感じました。
▶ 具体的ではありませんが、なんとなくふわっとした優しいような感じがする。
▶ 肩を撫でられるように力が抜けて、厳しさがなくなっている感覚を受けました。
▶ 自分に寄り添ってあげる余裕が生まれました。今までは、とにかく前に進む・成果を出すことに重きを置いていたので、文句や泣きごとを言いたそうにしている自分を無視してきたところがありました。でも、ピュアリスペクトを受けてから「いつもがんばってるね」「よくここまでやってきたね」という言葉をかけてあげられるようになりました。
▶ なぜか、急にもっと自分を大切にしたい!もっと美しくありたい!キレイでいたい!と思うようになり、カラダに良いことをすんなり始められた。
▶ 怒りを感じると、主人や子供に対して怒りをコントロール出来なくワーっと言ってしまうけど、 少し緩和されて冷静になれる自分を感じた。
▶ 自分に対して与えることが容易になっています。自分に対して手をかけることも以前と比べると容易にできています。自分を労る気持ちが増えています。
▶ 自分の芯とゆうか核とゆうか胸のあたりが白く優しく包まれ尊厳が“ある”とゆう感覚が芽生えました。《尊厳がある上での自然体な自分の感覚》のカタチが体感できたので、自分がどれだけ親から影響を受けてきて尊厳を失って自然じゃなくなってきたか、そのギャップがよりわかりました。
▶ 私は両親に厳しく育てられた(と自分では思っている)ので、あまり昔のことを思い出そうという気持ちにはならないのですが、施術後、子供の頃の記憶を思い出そうとしたら、なぜか、なんだかほわーんとしたあったかい気持ちになりました。厳しかったな…という記憶よりも、どこかへ連れて行ってくれたという思い出がふと浮かんできました。厳しい中にも、私たちを喜ばせようとしてくれていたのだな、と思うことができました。
▶ 些細な事でも人に甘えるという事を赦せるようになった気がします。元々小さいころから母に甘えるという事があまり出来なかったのですが、気負いなくしてほしい事を言えるようになりました。
▶ 次男である夫は子供の頃から、兄や父よりも頭がよく、賢い子供だったのですが、長男より(父より)秀でていることを嫌がった母親から『あまりお勉強ができることを、お兄ちゃんの前でひけらかさないように』と頑張ったことを全く褒められず、ご褒美もなく、ただ兄が劣等感を抱くから、実力は抑えなさい、賢さを隠しなさい、と理不尽な理由で蓋をされていたそうです。施術後、『自分の力を発揮することで家族(子供や妻)を幸せにすることができる。だから周囲の顔色や劣等感、妬みを気にせず、自分のおもしろいと感じた仕事を自分のやり方でやっていこう』と堂々と思えるようになったようです。
▶ 自然とふるまう事が出来ていました。そのままの自分で良い、と思えました。それが自然な自分に変わっていました。
▶ 施術以前に抱えていた、自分への怒りというか、許せない気持ちが和らいでいます。ずっと「今のままじゃいけない、これではダメだ、もっともっと!!」という気持ちを持っていて、自分を許す事を知らず、現状に満足してはいけないと思っていました。でも、あらためてその事について考えてみると、それまでの自分が気の毒でならず、今は「良く頑張って生きてきたよねー」と朗らかに思えています。自分のことだけではなく、家族に対してもです。
▶ 長い間、本当の自分と会話出来なかったと思っているが、ピュアリスペクトを施術して頂いて、本当の自分を感じようとする感覚が強くなったと思う。自分自身に対して慈しみの気持ちが出てきたと思う。
▶ 自分が子供の頃、尊敬を失い、まだ傷ついたままなんだな、と気づきました。どうしたら尊敬を取り戻し変われるのかはわからないですが、そのように傷つき、トラウマが癒やされない自分を責めず、ありのまま感じることが出来ました。
▶ 今まで、他人を無意識に優先していたのですが、それは尊厳にも関わることだと気がつきました。優しくなるには、もう少し意識を向ける必要がありそうですが、その一歩です。
▶ なんだか不思議と、「自分はこれでいいんだ」と感じる事が多くなりました。やってきた事、やらなかった事、全てを肯定できました。
▶ 「私は今、疲れているんだなぁ。休んであげよう。」とか、自分自身に対して気遣ってあげられる様になりました。
▶ 自分を最優先にする、ということを、生まれて初めて実感できました。ずっと「期待に応えないことに対する罪悪感」に支配され、自分がどうしたいという気持ちを感じることを忘れていたことを理解しました。今まで、他人ばかり優先していたんだな、それが自分を大切にしていないということだったんだなと、やっと気づけました。自分を大切にしているつもり、自分に優しくしているつもりでいましたが、ちゃんと自分の心に触れて、汲み取って寄り添う、という感覚を初めて知った気がします。
▶ 始まる少し前から眠気に襲われました。どっしりとした落ち着きと共に穏やかさを感じつつ私は私の一番の味方である❣️という気持ちがしっかりと芽生えました。
▶ 自分に対して、もっと優しくしていいと思えるようになっています。
▶ 自分に対して優しい目線を向けられるようになったと感じています。穏やかな優しい気持ちで自分と接することができています。以前は自分に優しくしようと思っていても、何かが引っかかっているのか、表面的には優しくできても、なかなか本心から優しくすることができませんでした。
▶ 自分に対して優しい気持ちになったように感じます。言葉ではない部分でも、自分がかもし出すエネルギーも優しくなったような感じがしています。
▶ この数ヶ月で自分を責めることはほとんどなくなっていましたが、最近は安定的に自分にやさしくできるようになっているのを感じます。そして、母にも母自身にやさしくしてほしいという思いが強くなりました。
▶ 子どものときに失ってしまった尊厳を取り戻すと優しい自分を感じられるようになる、という視点では、一回目の施術の次の日から確かに夫に優しい言葉を発している自分に気がつきました。通じなくてもイライラせず、優しい言葉で返せていて不思議な感じでした。深く感じていくと、子どもの時、母に自分の感じたことを伝えた時に分かってもらえず、言い訳をするなと叱られるということが繰り返しあったことを思い出しました。今、あの時の母は受け止める余裕がないほどの状況だったこと理解できていると思っていたけれど、深いところに自分の伝えたいことを受けとめてもらえなかった悲しみや怒りが癒されず残っていたんですね。
▶ 家族に対して、本音を言ったり、わがまま、図々しいかなと思うようなことを言っても、気にしなくなりました。自分をいじめない、監視しない点が、優しくなったと思います。好みなど、自分らしさを尊重できるようになりました。
▶ 無理したくない気持ちが強くなりました。
▶ 自分に優しくすることと、周りに優しくすることは同じことだと深く感じました。
▶ だいぶ自分を大事にできるようになったと思ってはいましたが、まだまだ人前で気を張っているところもあるなと気づき、もっともっと無防備でいてもいいんだよと思えるようになりました。
▶ 自分に対して厳しい暗い気持ちがあったが、優しくなれ、子供たちに対しても優しくなれた。
▶ 自分自身に対する変化はあまりなかったように感じます。自分から家族に対する接し方が自然と柔らかくできるようになり、逆に家族からの私への接し方に優しさを感じられるように変化したと思います。
▶ これまでは、子供の時に母に傷つけられた場面が思い出される度にとても苦しくなりましたが、今は頑張っていた幼い自分がとても愛おしく感じられるようになり、心が穏やかになりました。
▶ いつも他人を許すことに意識が向いていたが、自分のことももっと許してあげたいと思うようになった。
▶ 何をしても自責めが酷い自分ですが、最近、先ずは自責めしていることに気が付きやすくなりました。また、自責めしていてもその自責めの声に角が減って弱まった気がします。
▶ 今まで頑張ってきた自分に「今まで、よく頑張ってきたね。ありがとう。」と言っていました。
▶ 会社など、まわりとは幾分仮面をかぶらなくてはと思いますが、自分自身には素直でいいのだなと思いました。
▶ 人との関係性でキャパシティがない自分も受け入れられました。誰かを嫌だと感じてしまう自分もいい、そして誰かと距離をおくことで、逆にその人への感謝の気持ち『離れていてくれてありがとう』と感じるようになりました。それぞれのスペースを大切にして生きることを優先させることができました。自分の身体の声も聞いて、やりたいことでも無理せず日々を送れるようになりました。出来ないことより、出来たことに目を向けることが出来るようになりました。
▶ 自分にシニカルで厳しい見方をしていましたが、自分で自分を裁くことが、なくなりました。
▶ 自分の身体の声に、より丁寧に耳を傾けてあげられている感じがします。
▶ 忙しさで身体のケアを後回しにしていましたが、時間をとってケアするようになりました。
▶ 我慢せず、嫌な事はキチンと言えている自分がいるように思います。自分の意見や気持ちを素直に言えるので、相手の様子を伺う必要なくて楽になっています。
▶ まず、一回目を申込したのが施術数日前でしたが、申し込んだ時点で連日気付きが起こりました。あれ?まだ施術されてないよな…?って思いながら、とても大切な気付きによって、深い癒しがありました。自分の中にあった、願いや要望、こうしてほしかった、などの感情に気が付いてあげられる状態になれたんだと思います。
▶ 尊厳の回復とともに、気分が明るくなったと思う。
▶ 自分に対する優しさは、2019年の間は、子供頃と同じく、自分を責める思考が強かったです。2020年に入った時、子供時代から今の自分に温かい気持ちを持てるようになりました。
▶ 自分を責めるクセがありましたが、もう自分の事は責めないと決め、責める事がなくなり(少なくなり)ました。
▶ 年末年始を過ごす中で、自分に優しくできる唯一無二の存在は自分なんだという思いが、普通に、幾度も湧いてきています。受ける前は従前からそうであったように、思考を迂回してワンクッションおく感じのため、中々自分を肯定することもままならなかった感じでした。
▶ 仕事や子育てで無理をしていたことにやっと気づいて、改善しなくちゃ、と思いました。自分に優しくなかったな?と思いました。
▶ 自己否定の気持ちが強かったのですが、気づいたら前より少なくなっている感じがします!
▶ 力が入っている部分が抜けて楽になりました。
▶ 施術前、インナーチャイルドを癒していく事に意識が向いていました。ひとりぼっちの頃の私を思い出しては抱きしめてあげて今の私が癒してあげる。大丈夫だよと言ってみたり色々していましたがあまり効果を出せずにいました。日常の生活、仕事に疲れストレス溜め込み自分の時間を取れずにいました。ただ、尊厳と言葉にして幼少期や子供の頃を振り返ってみても上手く記憶を辿れなかった。自分をリスペクトする事全く出来ていなかったと思う。嫌な記憶に尊厳が埋もれてしまっていてどれが本当の自分の気持ちかも分からない。何が原因。引き金になっているのか確信まで思い出せなかった。思い出したく無かったのかも知れないです。施術後、一昨年から繰り返していた転職も去年4月で落ち着いていたけど人間関係、パワハラからは転職後の環境でも起きる、変わらず拗れていたことやパワハラに、どれだけ直視しても繰り返す事とそれでも何で自分を曲げずに独り戦って居るのか?何が癒されてないのかを掘り下げて行っていた自分にやっと辿り着けた感覚があり、施術中は仕事中でしたが急に泣きたくなってきて誰かに頼りたくなったり感情がかなり出て来ました。施術に浸って感情を自分を抱きしめたかったけど出来なかった。開始して間も無くして抑えていた、ため込んできたすべての感情が吹き出ていました。涙を堪えるのが必死で数十分を過ごしていました。私、誰かに頼りたかったんだ、頼れなかったんだ、優しく抱きしめて欲しかったんだ。私ガマンしていたんだ、我慢させられていたんだと深いところの自分の気持ちに気がつきました。やっとインナーチャイルドに辿り着いたね。良かったねと心の中で自分に話しかけられました。甘えたくても長女で甘えられなかった事がいっぱいあったんだと気がついてあげられました。施術が終わる頃にやっと落ち着きを取り戻せていました。
▶ さらに優しさがアップしている感じには見えます。
▶ 自分のコンディションに対して一喜一憂しなくなりました。私は、家族の中、一族の中で一番成績が良かったため、親の期待を物凄く押し付けられて育ちました。自分の好きなことは激しく弾圧され(好きな本や漫画を燃やされたり、親のいう通りに描かなかった絵や作文を母親にグチャグチャにされるなど)医者か弁護士になれと言われ続けて、ずっとずっと目一杯無理をして限界まで頑張るのが当たり前で、そうでないと酷く責められてきたので、無理をして頑張らない状態というのが分からなくなっていました。心や体が疲れ尽くして、自分が思うように動かない時など、無意識に自分のことをダメな人間だと責め続けて、余計に疲弊させてきたのだと感じました。2回目の施術後、自然と、自分を最も良い状態に整えてあげることが何より大切だと思えるようになり、自分を休ませること、疲れているときには疲れをとってあげるためのケアをすることが当たり前に行えるようになりました。これまでが、限界まで身を削って頑張って、疲れ果てて倒れて、また無理をして起き上がって頑張っての繰り返しだったので、今、人生で一番ホッとして過ごしています。
▶ 些細なことを引きずっていたり、自分のことを責めて落ち込んでいた時期だったのですが、そのままの自分で大丈夫と認めてあげられ、自分に優しく接することができました。
▶ 尊厳を回復する過程なのか、ここ数ヶ月自分の尊厳を大切にしない、無下にするような対応を取られることが多く、それに対して過剰に反応してしまう所があり、自分が自分を大切にしてないからではと思い、自分自身の中で起きる反応を感じて、どうしたらいいか困っていました。それが、そういった現実がピタッと起こらなくなり、むしろお互いの尊厳を大切にできる方たちとの繋がりがより深くなっていっている気がします。大切にしなきゃ!という強い感覚ではなく、自然と自分の尊厳というものを尊重できているような感じがしています。
▶ 感じた気持ちをジャッジせずに、素直に受け入れる事が出来ました。
▶ 今までより深く自分と向き合えるようになり、愛せるようになったと思います。
▶ あまり意識したことがありませんでしたが、以前はどこか自分自身を置き去りにしてきたようなところがあったかも。自分自身にも優しくなれたと思います。
▶ 自分に対して厳しい分、他者に対しても厳しかったのですが、施術後、息子に対して優しくなれている自分に気づき、優しくなれたことを実感しました。
▶ 1回目:キラキラした優しさを心から感じた。また、逆に人に対しても優しい気持ちでいれている。2回目:1回目の自他に対しての優しさが深く感じられました。夢中になると自制が出来なくなり、時間を忘れて没頭してしまうところがあります。夜更かししていても時間を確認して早く寝ようと思えたり、自分の時間をちゃんととろうと思えることができました。
▶ 自分の命が大切だなーと感じることが増えたように思います。
▶ 一回目の施術を受ける前に自分自身の尊厳をテーマにする出来事があり、ピュアリスペクトを受けようと決めました。一回目の施術を受けた次の日、見知らぬ人達がとても優しく接してくれるので、その愛を自然に受取り、自分自身も自然に柔らかく、優しく穏やかに過ごすことができました。自分自身の身体やハートや魂のバランスがとれて、エネルギーが底上げされたのをハッキリと感じました。私は、愛を自然に与えることももちろんですが、愛を受け取るのがとっても下手だったんだと気付きました。優しくされても、子供の時の両親、家族間、兄弟間の関係や私自身の魂の星のトラウマもあり、人が信じられないので、これ以上傷つきたくないので、愛を受け取ることに罪悪感があったのです。一回目の施術と2回目の施術の間に、自分自身の尊厳をテーマにする大きな出来事が二つ起こり、子供の時の自分の在り方や立ち位置や役割など、振り返ることができ、20代30代で自分の中で向き合い、両親、兄弟、親戚、先祖など、とにかく引き上げ、みんなが幸せになるようになんとかしようと行動しましたが、無理でいつしか、全てにおいて諦めてしまっていたのです。
▶ 自分の中にいる、不安でいつも泣いている小さい子どもを全力で抱きしめて肯定してあげられるようになりました。
▶ 自分に対しても家族に対しても優しく寛大になれているように思います。
▶ 以前は自分に厳しくて無理してばかりいましたが、受けた後は無理をせず、自分の身体や思いなどを気遣う余裕が出てきました。
▶ 「食べること」「食べ過ぎること」に罪悪感があり、不調の原因をいつもその影響だと思うことから離れることができませんでした。施術後、その罪悪感がなくなり、食べることを許せるようになりました。
▶ 私の中にいた罪を償っても償ってもダメ出しのジャッジをしてくる悪徳裁判官がいなくなり無意識にわいてくる頭の中の思考が穏やかになりました。今まで、自分に厳しすぎたな。もっと優しくしてあげよう。と心の底から思えました。
▶ 私は完璧主義なところがあるのですが、自分に対するその度合いが、少し緩んできました。目指すところまで出来なくても、自分自身にokを出せるようになったようです(例えば、大掃除で、台所と浴室を綺麗にしようと思っていたけれど、浴室だけで時間いっぱいになった時に、自分の頑張りを認めて労えた)。
▶ 自分を休ませよう、労ろう、無理はしない、甘えよう、など受ける前より思えるようになりました。
▶ 自分に対して、より優しい気持ちと思いやりを持てるようになり、以前より、自分の肉体を労わる気持ちも持てるようになりました。また、出会う人たちから優しくされることもとても多くなりました。
▶ 受ける前は自分に厳しかったです。受けた後はどんな自分(いいところも悪いところも)も許せるようになれました。
▶ 自分に対して優しくしていないことに、気付かされることが起こり、そのことにより変化は今一つ感じにくいのですが(というかそれ以前に、自分自身への優しさとはどういうものなのか、よくは分からないのですが)、年末の忙しい中で、物事をすることに時間がかかり過ぎる自分に対して苛立つことが、今回はほとんどなかった気もします。優しくしよう、と思うようになりました。
▶ この12月20日から年末までの変容が激しくて、以前の自分を思い出せないくらいなのですが、普段ならば慎重になってしまってしていない事をいくつか出来たと感じられました。
▶ 以前は自分に優しくするという概念がよくわからず、優しさ=甘え 甘えてはいけない。という感覚で生きてきましたが、今ではその感覚が薄れてきました。自分が疲れた時や、辛い時は、「いったん休もう、無理しなくていいよ、これはしんどいよね」という感覚が自然に湧いてきて、以前のように無理をすることがなくなったように感じます。
▶ 受ける前までは、絶対に自分否定・自分責めから入っていたのですが、受けた後はなんとなく「いやぁ、、そんな時もあるよね。大丈夫だよ。」とまず寄り添うことができる回数が増えました。自分のご機嫌を自分で取る行動が自然とできるようになりました。例えば、洋服やメイク、ヘアアレンジなどちょっとだけ生活の中でできることを積極的にできる機会が増えました。

2.尊厳についての質問です。子どもの時に失ってしまった尊厳を取り戻すと、深いレベルでの癒しが起こり、自分自身に対しての自己受容と自己肯定感が自然に湧いてきます。自分に対しての自己受容と自己肯定感は受ける前と受けた後では、どのように変化しましたか?

▶ 毎日、目の前の仕事をこなす、どころか、こなしきれない仕事の山に押し潰されそうな気持ちで帰宅しています。私は仕事が遅い…だから迷惑をかけている…など毎日思っていました。施術後、仕事は減りませんが、職場の仲間も全てはこなせていないことが分かる場面があり、私だけ焦らなくてもいい、このままの私でもいい、このままのペースでもよい、と少しずつ思えるようになりました。
▶ 自分への安心感が増して、より深くくつろぐ感覚ができ始めました。とても癒されました。
▶ これも質問そのままのことが起きています。取り繕う姿勢が軽減し、ただあることがすごく楽になっています。自信がついた、ということなのかなと思いますが、対人関係も不安がへり、自分のままでよいと思えています。
▶ 無価値感など強かったが、自分に対して、自分を大切にしようという気持ちが いまは軸にあるような気がする。
▶ いつも他人の顔色を伺って言葉を選んだり行動したりしていたが、他人と対等に話している自分がいた。例えば、いつも他人にそこまで自分の話をしないことをペラペラ話していたり、しかも笑いも取りつつ。余裕すら見せながら。自分に意識が向くようになっている。つまり、周りがどうでもよくなった。
▶ 「役割を引き受けなくていい」と思えるようになりました。女だから◯◯しなさい、何歳までに××しなさい、パートナーに対して△△でありなさい、というような、都合のいい“世間からの押し付け”に囚われていることに気づきました。そのおかげで、劣等感や罪悪感から少しずつ抜け出して、芯の強さを取り戻すことができています。
▶ 自己肯定感があがりました。責める気持ちが格段に減りました。
▶ 自分に厳しすぎるところがあったが、ダメな自分も許せるようになってきた。
▶ これまでバカにされ、酷いことを言われても言い返せない自分への怒りがありました。しかし、言い返さなかったのは自分が選んだこと、なぜ?誰も傷つけたくなかったのだと気づきました。わたしは最高に良い人間で、周りの人の心を浄化してあげていたのでは?とさえ思えました。
▶ 内省が苦しかったのが、内省したくなって、自分の思いを受け入れ認められるようになっているので受容できて、これでも、そのままでもいいんだ、と思えるようになっています。
▶ 本来の自分というものが、これまでの領域を越えた広がりを見せ、深くなってきています。自己肯定や自己受容によってわたしが全く刷新された!という感覚はありません。わたしがそれを望まないからです。これまでの人生もわたしが学び取った1つの叡智だからです。刷新されたのではなく、元々持っていた光が溢れ出てしまう。今まで及ばなかった領域にまで溢れて届いてしまうという感覚が近いと思います。新しい領域にまで広がった自分が、これまでの縮こまっていた自分を溶かして混ざり合っていきます。今回も綾さんに助けられながら、着実に自分で自分を掬い上げている感じがします。混ざり合いは、過去を否定しない心地よさがあります。
▶ 受けた翌日はエメラルドソフィアも受けたからか、とても身が軽かったです。身軽さを感じたことでなんだか、よし!と自分に対して思えました。これが受容や肯定になるのかはわかりません。
▶ ワークの数日前ぐらいから何故か自分に対する劣等感や否定感がすごく沸いて少しつらかったのですが、受けてからはとても軽くなりました。
▶ 自分のことをものすごく褒めるようになりました。俺、頑張った。俺、すごい。俺、ものすごくできる。等子供の頃、両親からもらえなかった賞賛をいまの大人の自分が、声がけしている感覚です。
▶ 特にお化粧をする時に、自分への視線がすごく変わったなと感じます。ワークを受けた後、毎日お化粧をする時に、いつも自分の容姿を酷く否定していたことに気づきました。(自分を否定するのが当たり前すぎて、否定していることにさえ気づいていませんでした)お化粧する時間は、何をやってもどうにも綺麗にならないと毎日絶望する時間で、だからこそ余計に何も肌に乗せずには外に出られないと無意識に思っていました。ワーク後の数日、自己嫌悪が強く沸き起こって辛く感じることもあったのですが、全部出ていった後、自分の外見に対する否定の意識が全然なくなっているのに気づきました。お化粧をするのもとても楽しく感じるようになりましたし、すっぴんの自分も自分らしく美しいと肯定するようになりました。自分が変わると、受け取る周りの人の視線も変わったなと感じます。よく行くお店の人たちなど、日常で接する人のなかで、自分に好意的に接してくれている人たちがいたことに、これまで全く気づいていませんでした。接することを喜んでくれていたんだな、好きだと思ってもらえていたんだなということに初めて気づきました。
▶ 今まで怒りを感じて表現する自分が苦手でしたが、「私は今怒っているんだな」と認識して、それで終わるようになりました。怒りを感じている自分をジャッジしなくなった様に思います。
▶ 仕事に対する自信がわいてきました。これで大丈夫、と気持ちが切り替えていけるようになりました。少し不安になっても、気持ちが切り替えられるようになり、楽です。
▶ 自己肯定感は、仕事で増えてきたと感じることがありますね。
▶ まだ自己肯定感を取り戻すプロセスの途中ですが、自分が元々ダメな人間なのではなく、親にそう思わされてきたのだと気づき、本当の自分はとても素敵な存在なんだろうと思えてきました。
▶ 施術後はありのままの自分で良いとより強く思えた。
▶ 今の自分が好きです。考えてみれば、これまで本当に頑張って生きてきました。周りと比べても過酷な人生だったと思います。挫けず、腐らず、人のせいにもせず、褒めてももらえず(笑)本当によく頑張って生きてきたなぁと。幼い頃の私がとても愛おしいです。
▶ そのままの自分が当たり前になり、自然な状態になりました。
▶ いま帰省している最中ですが相変わらず…デリカシーのない言葉を放つ母を目の前にしても、不思議と嫌な気持ちになっていません。母が何を言おうと私は私、母は母…母の思いは母のもの!と割り切って、線引きして、揺さぶられない自分を感じています。気にしないようにしよう!ということでもなく、不思議と気にならない感覚があります。
▶ 自己肯定感は低い方ではないと思いますが、今まで以上に周りから浮かないかとか、どう思われるかが気にならなくなりました。
▶ 自分の仕事に対して、なかなか社会的な観点から「これでいい」と自己肯定できずにいた部分がありましたが、自然と「自分の役割をやっている。だからそのままでいい」という思いが湧いてきました。
▶ 自分を責めることが、かなり減りました。私、両親の期待を裏切って女性に生まれてきたので、男尊女卑の環境で育ったこともあり、女のクセに~と言われ傷つけられて育ち見た目とは大きく違って実は男勝り~(笑)女性として生まれた自分を受け入れることが、なかなかできず、喜べず~ヒーリング中、卵巣と子宮が重いというか、少し痛んだので、女性として生まれて、ロクなことが、なかった想いが、よみがえり、ようやく、ピュアリスペクトのヒーリングで解放されたように感じました。女性である自分を否定していた想いが解放され、軽やかに、楽に自分らしく、いれます。
▶ 発達障害の傾向がある自分自身を受け入れられ、ダメなところもあるままで生きていこう、という気持ちになれました。すぐに疲れる自分に合わせた生活を送り、少しでも出来たことを評価できるようになりました。
▶ 信頼できるパートナーの前とかではありのままでいたらいいなと思いました。
▶ ありのままの自分で良いと思える時が増えました。
▶ 体がしんどくても、自分を奮い立たせるかのように家事したり、食事作ったり、ひたすら何かしようとする癖があります。ここのところ、体がしんどかったらそれを受け入れて部屋が散らかってようがなにしようが体を休めることを最優先にできている気がします。
▶ 自分が感じたことに自信をもっていいと思った。
▶ 私の物事を決める基準は、母がどう思うか、でした。自分がどんなに辛くても、母のために、母の愛する兄たちのために、我慢をして動くのが当たり前。それが私の役割だと信じ込まされて生きてきました。けれども10年前、主人と別居し、本当に辛く苦しかった時、母から言われたのは「こっち(兄たち含め)には迷惑をかけないでね」。母は当然私が「はい」と言うと思っていたのですが、私はパンドラの箱を開けたように全てに疑問を感じ、生まれて初めて母に反発しました。「あなたは変わった。優しくなくなった。あなたのせいでお母さんは不幸だ」など多くの言葉を投げつけられ、「違う」と思いながらも、その言葉に更に傷つけられた私がいました。兄たちも含め、私は親不孝のわがまま娘だと、実家みんなから冷たく縁を切られていました。求められるのは「服従」のみ。これまでも心の奥底では、自分の選択を信じていましたが、それでも負けそうになる時は多かったです。でも今回更に自信が持てるようになり、強く生きていこうと思えました。
▶ 自己受容や自己肯定感についての変化はよくわかりませんでした。ただ、受けた後で不安感が減り、安定感が出てきたように感じるので、広い意味では自己肯定感が増したということになるかもしれません。
▶ ありのままの自分を自然に出せて自然体というものがどういう感じなのか、分かったような気がします。しかし、自然体を出し過ぎて、母の介護をする時に明らかに嫌な態度を出していた自分にも少し動揺しています。たまにしか実家に行かずたまにしか介護に携わらない為、とても無理して明るく優しく接してきた偽りの私を放棄していました。
▶ まぁいいか、という気持ちになれた!自分を責めることが馬鹿馬鹿しくなった。
▶ 一度目の施術の後、内容は覚えてないのですが不思議な夢を見て、目が覚めてしばらくの間、自分のためにたくさん涙が流れました。自分で思っていたよりも、もっともっと我慢の多い子供時代だったんだなと、これまで以上に自分に寄り添ってあげられるようになりました。
▶ ありのままの自分を目いっぱい表現すると、新たに決意しました。
▶ 小さい頃母親から否定された言葉を思い出し、自分を取り戻す事の意識が高まり自分と繋がって生きていく思いが深まりました。
▶ 理想的な自分じゃなくても、凸凹がある自分でいいと思いました。私は私と自然に思いました。
▶ 自分が思うこと、感じたことを言っていいと、自分に自然にOKだせるようになったと思います。
▶ 自己受容、自己肯定感についても、今までよりも、ゆるぎなく感じることができている自分がいます。
▶ ピュアリスペクトを受ける前と比べて、自分を否定する気持ちが激減した→自己肯定感が上がったと思います。自分が嫌だと思っていた出来事や感情に対して、あの時はあの時だよね。大変だったし頑張ってきたんだよねと、嫌だった感情に優しい答えが湧き上がってきました。その答えにやっと辿り着いた時、何かが解放されたように感じました。忘れていたあたたかさが舞い戻ってきたような、そんな感じがします。
▶ 自己受容、自己肯定感の変化が一番感じられました。自分でも驚くほどに高まりました。何もしていなくても、何かを成し遂げていなくても、ただ存在しているだけで私は素晴らしいのだと心から感じて、感動の涙が出てくることがあります。そういう心の状態になりたいと願っていてもなかなかなれなかったのに、施術を受けた翌日からガラっと心境が変わったので、とても驚き、そしてとてもうれしかったです。ここ数年で、有償無償かかわらず色々なワークを受けてきましたが、このような劇的な変化を感じたのは初めてでした。ピュアリスペクトの案内文を読む度に涙が出てきて、どうしても気になったので申し込みをしましたが、今の私に必要な施術だったのかなと思っています。
▶ 「ありのままの私」でいることは、すごく楽になっています。
▶ 私は、特に恋愛面で同年代の方ようにスマートにふるまえないところがあり、そんな自分がとっても恥ずかしくて、見せたくなくて嫌だったのですが、ずっと誘えずにいた方を食事に誘うことができました。このままの自分でしかいられないんだから、このままの私を認めて、このままの私を表現してみようと思ったからです。結局、まだご飯に行けてないし、一線引かれてるかなぁという感じで不安になり、いろいろ悩む私を周りの友人にそのまま出せる私になりました。
▶ 以前はより完璧な自分でありたい、と自分の掲げるハードルを決して下げないでいました。そのためにしんどくても頑張って無理をしてきましたが、受けた後は、無理に頑張る意味を感じられなくなり、「これは頑張らなくていいよね」と、やるやらないの葛藤が起こらなくなりました。ちょうど年末でおせちを作るかどうかの局面で、いつもなら絶対に作っていたはずですが、「今年は元日に出かけてるし、作らなくていいよね。外で食べればいいし。自分が食べたいものだけ作っておこう」と、作らない自分を自然に受け入れていました(笑)
▶ 失敗をしてしまい自分が悪いと反射的に思っていた事を、私じゃないでしょと受け止めていた。
▶ 自分に無意識領域から許可を出せたので、普段ならしないことを出来たと感じられました。
▶ こちらはかなり変化を感じました。今まで自分が、罪悪感や罪の意識を過剰に持っていたことを最近強く感じるようになりました。そして、ひと様に損害や悲しみを与えたり、あるいは大切な時間等を奪ったりしない限りは、もっと自分のしたいことをし、個性や好みを前面に出し、そして、そんな自分を受け入れてかまわないのだ、と今更ながらに強く思うようになりました。
▶ 母親や、職場での上司との衝突があり、頑張っていた自分、自分で自分を責めていることに、気付かされました。そのことにより、どんな自分にもOKを出す、認めるということを繰り返し意識的に行うようになっています。
▶ 受ける前はこんな自分はダメだ、ちゃんとしないとと思って過ごしていました。受けた後はどんな自分にも丸をつけられ、ありのままの私でよいと思えるようになりました。
▶ 自己肯定感が増して、いつでも、その瞬間の自分自身に対して、穏やかに受容できる度合いが増え、またその分、自己信頼も増したように思います。
▶ 人の話を聞く事も理解しようとする事も大切だとは思いますが、受けたあとは「自分だけで決める」「相談」しないで答えを出すことの大切さと自由さ感じました。
▶ 洋服や身の周りの品々等で、自分に合ったものを揃えたいと思うようになりました。もちろん、手元にある物は、ある程度、自分の好みを反映していますが、機能性から選んだり、リーズナブルという理由から選んだり…というのも少なくありません。ですので、自分らしさを表すものが欲しくなっています。
▶ いい子にしていないと存在していてはいけないという思い込みからちゃんとやらなきゃ!と常に追い詰められている感じがあり、できない自分はなかったことにしたかったのですが、ミスをする自分も笑って受け入れることができ、元旦は実家で家族と過ごすものという枠を壊して両親に新年の挨拶をした後、今日は映画を見たいからと出かけることができました。両親も受け入れてくれて笑顔で見送ってくれました。大きな壁だと思っていたものは、案外、壁でもなかったです。
▶ いつもいつも、心の中で自分へのダメ出し(「どうせ私なんて・・・。」とか、「私には何もできない。」とか)をしていましたが、それがなくなりました!自分の中のもう一人の自分が、ダメ出しをやめるよう、ストップをかけてくれるかんじです。また、自分の思いや性質を、否定やジャッジなく、ただそのまま「そうなんだな」と受けいれていることに気づきました。
▶ 以前は自己肯定感は本当に低かったし、無理矢理自己肯定をしていたところがあったのですが、受けた後は1度目はハートにほんわかとした光を、2度目は光が更に強くなったイメージを感じ、自分はありのままの自分でいいんだと初めて安心感を持て、自分を責めたりする事がなくなりました。
▶ ありのままの自由な自分で居られています。周囲の目線等を気にならなくなりました。
▶ 何かに対しNOを感じる自分を肯定することができました。今までは、何かを嫌だと感じても、私が間違っているんだ、私の頭がおかしいんだ、と言い聞かせてきたので…。
▶ 今まで攻撃されるのがもう限界で、いろんな環境でいろいろ我慢し、自分の存在を隠して、大切な自分のプライドを押し込めていたのですが、ピュアリスペクトを受けて、少しずつ、少しずつ、施術のエネルギーを自然に馴染ませていき、気づいたら、自分の大切なプライドや純粋な魂を感じられ、自己受容や自己肯定感が増したのを確実に感じています。
▶ 親に対してのゆるさが生まれ、認めがたい自分の一面に対してもゆるさが生まれたように思います。
▶ 1回目:うまくできないことがあったんですが、出来なくてもいいんだーと思えた。また、人に対しても受け入れやすくなった気がします。2回目:ダメな自分が出てきたなーと言う時に自然と受け入れやすくなったと思います。
▶ 以前は完璧主義で自分に厳しく批判的だった自分がいましたか、こうでなければ等のあるべき像で自己否定する自分がいなくなり、ありのままの自分でいることの方が自然に感じられています。そして、他者からどう思われるかを気にしたり等の他者から目線に関して不安があったのですが、それも気にならなくなりました。
▶ 無意識での自信のなさが消え、自己受容や自己肯定感が上がった気がします。自分が感じたまま、ありのままの自分、自然な自分で動いていいと思えるようになりました。
▶ 自分を許すことを意識するようになり、自分を認められた。
▶ 自分の気持ちを行動に移す事により、今まで以上に自信が持てるようになりました。
▶ 自分をどうしても否定して、ムチ打ってしまう癖がなかなか抜けませんでしたが、自分の弱さも苦手なこともできないことがあることも、ジャッジせず、そんな自分のままを受け止められているように思います。助けてもらっていいんだ、と「自分にはそんな価値ないかもしれない」といった感覚が非常に薄くなっているのを感じます。ただ、そのままの自分でいられるようになり、楽になりました!
▶ 主に仕事の事でクヨクヨして、私がこの場所に存在する価値があるのかなと心がもやもやしていましたが、今の自分が完璧でそのままで大丈夫だと思えて、かなり気持ちがスッキリしました。
▶ 私はアトピーがあって、特に冬場は腕や足が荒れてしまうのですが、それを気にしすぎて気分が落ち込むということもなくなりました。それで他人に不快感を感じさせることも物凄く気にしていたのですが、他人の荒れた肌を見て不快になる人はいるだろうから、まぁあえて見せなくてもいいけど、別にどうでもいいな、という、自分の価値観と他人の価値観を、それぞれニュートラルに感じられるようになりました。また、難病罹患者で視覚障害があるため、フリーランスで体調優先のかなり独特な働き方、生活スタイルなのですが、今まではそれに対してもどこか引け目を感じていました。何の引け目だったのかもはや謎・・・という感覚なのですが、多分、普通に生きられないことへの引け目だったのだと感じます。自分の特殊性、独自性、というものに対する引け目が、2回目を受けた後から不思議なほどに自然となくなりました。自分を責め続けて生きてきたことは本当に辛かったですし、それが人生に対する絶望感に繋がっていたのも感じますが、そのような気負いが全くなくなり、とても穏やかにこれから先の人生を捉えられるようになりました。
▶ 自己肯定感の変化はわかりませんでしたが、本人自身の芯が少し太くなったというか自分に対する安心感は前よりもある気がしています。
▶ 施術直後の感想は上記に述べていますが、すぐに言葉には出来なかった。2回目施術を受けた今、振り返ってみてやっとギリギリ言葉に出来ています。けどまだ全てを言葉には出来ないもどかしさは残っています。受ける前までは、意識しても尊厳や自分をリスペクトしていても心で出来ていなかった。癒された体幹がなかった。肚に落とせていなかった。落ちなかった。内部まで深く癒せなかった。封印解除では無くても確信にまで、軸まで辿り着けなかった。施術後にやっと自分にたどり着いてしっかり癒せたのが府に落ちて理解出来た。とっても深く癒されたからしっくりとして腑に落ちたと体感できた。だから、私、魂が強いなぁ、これで良かったんだ。これで良いんだ、私良くやったね、ヨシヨシ。と自分を抱きしめられる様になった。自己肯定とはこの事だと軸みたいのが洗われた露出した感じがします。だから少しずつですが、迷った時や自分の行動に今自信が出て来たりこれで良いと湧いてきています。
▶ 感覚としては、空いていた穴が埋まったような感じで安心感が増しました。
▶ いつも緊張している感じが、自然体に近くなり楽になりました。
▶ 自分に対して、好きな事をさせてあげよう。という気持ちが強くなりました。
▶ 明らかに大きな変化が表れています。自分の存在を、自分が認めている自分がいます。自己受容していなかった時の自分は何と切なく寂しい存在だったのかと思います。自分がここに存在することだけでも価値がある事だと思えて来てます。とても大きな変化です。
▶ ありのままの自分でいる事が自分だけでなく周りにもいいのだということに気づき、ありのままの私でいようと思えました。
▶ 自己受容と自己肯定感については、2019年の間は、子供時代の頃と同じく自己否定感が甦りました。2020年に入ってからは、まるごと受け入れようという心境になり、少し楽です。
▶ 自分に本来備わっている尊厳がある程度回復したと思う。それにより、自分の尊厳を傷つける人や失礼な事がかなり減った。他者との関係で、自分から下手に出ていた、当然のように自分が下になる不平等な関係を容認していたことに気づいた。自分が引き受ける必要のないことまで全部背負ってしまっていて、それにより傷ついたり不快な目にあっていたことに気づいた。「私は私」という感覚が無意識に感じられるようになったと思う。クレームの多い電話対応など、そもそも自分の範疇でない事を引き受けるのをやめた。上司(今まで自分を下手に見て理不尽な言動をしていた)の態度が柔らかくなった、理不尽な言動や標的にされることがかなり減った。上司や不特定多数のお客を相手にしている現状では完全に対等とはならないが、以前より対等な関係に近づいたと思う。
▶ 「両親から そのままで良いよって言って欲しかった」という強い思いが湧いて出てきて、たくさんの涙と共に「そうだったんだ」と自分の感情をじっくり昇華していました。この気づきが3日間くらい連続で起こり、施術の日がありました。そして、自分はまだ家族との線が上手く引けていないんだな、とも気付き それぞれ自分を幸せにできるのは自分自身に他ならない、私も私以外の人間も他人に幸せにしてもらおうと思うことも 幸せにしてあげようとすることも しなくて良いんだなと思える気付きがありました。それぞれがちゃんと自己責任で自分を幸せにすることを理解すれば、罪悪感は本当に存在しないんだなあと思えました。

3.表現についての質問です。尊厳を取り戻すと、子供の頃の純粋な本質的な自己表現がしやすくなりますが、受ける前と受けた後では、表現についてどのように変化しましたか?表現とは言語だけでなく、泣いたり、笑ったり、ムスッとしたりの感情の上限も含まれます。具体例も教えて下さい。

▶ いつもなら淡々と聞いていた音楽に、なぜか心が何かを感じとったような感じがして、自然と書き物をしようと机に向かえた。(↓ここから、表現ではないと思うのですが、それから連動して、その”何か”が、大きすぎる愛だとわかって、以前感じていた恐れが出てきて怖い理由がわかって涙が溢れてきました。)
▶ ユーモアを楽しむ自分がいます。今までもユーモアを持つ人間でしたが、それを表現せずに、胸にしまい込むところがありました。母親がユーモアに溢れた表現者であり、コミュニケーションの天才。また、彼女はお茶で濁さずに意見をズバリという特性なので、否定されたくない気持ちから、表現を躊躇う様になっていました。それが、今ではユーモアをたっぷり利かせて対話する自分がおります。また、相手の顔色を覗わずに意見を率直に話せる自分がおります。話す時の安心感が違う。覗わないので、話のピントが合わせやすい。だから伝えやすい。その様な表現をする事こそがわたしの愛の特性であると、相手が受け取ってくれているのを感じます。もちろん、今までの、言葉を選びながら相手を傷つけない様に…としていた対話のあり方から学ぶものが多かったと感じます。無駄ではなかった。そこの傷ついた者にしか分からない愛を理解し切っているので、率直に述べたところで相手には愛が伝わっていく。私なりの愛が伝わっていくのだと感じます。また、女性性を自己受容するとは、結果、聖母マリアのイメージの様にひたすら他者を受容出来る様になるのとは違いました。勇ましく決断するし、相手の目とその奥の心を然と見つめている自分がおります。原始、女性がマツリゴトを司っていたのがよく理解出来ます。母親と自分との主従関係がラピュタの釜の中の様にガラガラとパズルの組み合わせを変えていく。母もただひたすらに生きていたのだ。愛とは何かという命題を抱えて。今後もより自立した関係性を築いていきたいと強く思います。他に、今まで私は温厚な性格で生きていたので、あまり怒らないし、心の琴線に物事が引っかからずに、まあいいか〜と受け流すタイプでした。そこがよさであったし、これからもそこがわたしの強みである事に変わりはありません。が!これが、ハッ?何だろう?気になる。それは誠実じゃない。対話したい。分かち合いたい。と思う事が増えました。コミュニケーションは場の変化をもたらすための大切なツールです。それを試みながらも、相手が自分で感じる。気づく。自分のタイミングで動くのを見守るスタンスを持ち続けたいと思います。
▶ 子供のような素直な感情が思わず口をついてしまうことがありました。その気持ちの出力が違和感もひっかかりもなかったです。
▶ これまでは本音を騙し騙しやってきましたが、嫌なことをはっきり「嫌だ」と感じるようになりました。
▶ 飲食店に入って接客をされた際に、今までだと自分から積極的に話をすることはなかったが、フランクにお店の人に話しかけることが出来た。
▶ ピュアリスペクト施術時間のあと、ふいに“あなたのせいじゃない。”というメッセージが心に届き、たくさんたくさん涙が溢れました。
▶ ストレートな怒りが出てきて、滅多にしない口論をしました。自分でも、なぜそんなに怒りがわいてくるのかは不思議でしたが。。尊厳を取り戻したことによって、インナーチャイルドが表に出てきてくれたのかもしれません。
▶ 歩いている子供とか見ていると、昔の自分はあんなに無邪気だったことを思い出し、内側から無邪気さが溢れてきた。
▶ 感情的な自分になってもいいと思える。嫌な部分も、今までなら違う 私じゃないと否定し排除しようとしていたが、それも自分だと思えるようになった気がする。
▶ あります。自分らしい素の表現がしやすく、特に表現がなくともまたそのままでいられます。今日は仕事中に涙が溢れました。
▶ わたしは、親に、個人でいる事、感じること体感すること、を責められ否定され個人の感覚があること自体を責めている痛みがあるのですが、ピュアリスペクトのあと人間同士のやりとりを通して自分の体感への責めに気づき自分の感覚を受けとめる感覚がより深くでわかるようになりました。
▶ 家族が大事、と思っていても、素直に表現できずに空回りしていましたが、考えて伝えようと思えるようになり、家族間の関係が少しずつ良くなってきた気がします。反抗期の息子が、あまり嫌がらなくなったことも、とても嬉しいです。
▶ 他人に頼る事が苦手なのにちょっとしたことで他人に頼る、甘えるという事が出来ました。
▶ 先日、複数の上司とかなり乗り気ではない関連会社の問題なのにもかかわらず、下手をすると夫だけが赤字を被らされるような仕事についての打ち合わせがあったそうです。1年前にも似たようなことがあり権力や年功序列的なことで、自分の思いや力を主張することができず、長年理解力が全くない頭の悪い、年配や先輩方に嫌な役割を押し付けられとても辛そうでした。しかし今回の打ち合わせでは 『その仕事は乗り気ではありません』『やりたくありません』『やる気ありません』と飄々と 答えたそうで 激怒する上司もいたそうですが 夫はなんだか スッキリできたそうです。
▶ ふざけ合ったり、思ったことを素直に口にしたり出来ています。相手の反応や顔色を伺わず、思ったことを思った時に行動していました。その中のいくつかは、大人になるにつれてやらなくなったこと(やらないようにしていたこと)があったので、これが本来の自分だったんだなぁと改めて気づかされた感じが面白かったです。
▶ 変わった人と言われても平気です。むしろ、誰が変わってない人なのか教えて欲しいくらい…(笑)そのような場面を想像してみたら、「あなたが普通の人なの?」と質問してそうな気がします。
▶ 例えばヨガの先生の真似をして、ポーズを取った場合、施術前は、「先生からどう見られるか、間違っていて指摘を受けるのではないか」という気持ちがどこかにあり本当のリラックスは出来てなかった。施術後は、自分自身の身体に任せて気持ち良い所までリラックスして伸ばせて自分も満足、レッスン後にヨガの先生が「上手に伸ばせてましたよ」と仰る状況で自分に自信がついた。
▶ 今まで、周りの雰囲気をよくするため、人に好かれるため、無理して明るく振る舞ったり、笑顔でいたりしていたが、そうしなくなった。媚びることをやめた。
▶ これ返事したくない、と思っても以前なら返事をしていましたが、無理に返事をしないという自分が自然と出てきています。
▶ 7歳の子供と遊ぶのが楽しくなりました。今までは、付き合うのが大変でしたが、気楽に一緒に遊べます。子供番組を見ながら一緒に笑えるようになり、不思議です。
▶ 今まで、怒りに対して抑圧している自分がいたのですが、前よりも怒りが出やすくなった様に思います。
▶ 「自分の嬉しくないことにはNOと言っていい」という感覚が、初めて腑に落ちた感じです。ずっと、他者の期待に応えないことはいけないことだと、無意識に囚われていて、自分はどう思っているかを感じたり伝えたりすることに漠然とした恐れがありました。ワークを受けて以来、過去の、自分の思いを受け入れられず、親や相手を優先させられてきた(していた)記憶がポツリポツリと思い出され、その度にその時の自分を俯瞰しては「別に応えなくてもよかったんだな、応えることだけが愛じゃなかったんだな」と、記憶に対するネガティブなイメージを払拭していっている感じです。自分を出すことに対する罪悪感が、少しずつなくなっていっているのを感じています。
▶ 私の体型のことで嫌なことを繰り返し言う相手に対してハッキリと、でも笑いながら「何回も言わなくてもいいよ。」といいました。以前ならずっと我慢していたのですが…。
▶ 何と言ったらいいのかわかりませんが、表現の仕方が素直になってきました。
▶ 自分の感情を表に出すことを許容できるようになったと思います。誰かに何かを言われて嫌な気持ちが沸いてきたら、それを隠さずに言葉や態度で表現するようになりました。そしてそのことに対して罪悪感をもたなくなったと感じます。また私には6歳の姪っ子がいるのですが、一緒に遊んでいて楽しいなあと素直に感じることが多くなったと思います。彼女が自由に存在している姿は、もともと私たちは笑ったり泣いたり怒ったり、制限なく自己表現できる存在なのだということを思い出させてくれます。
▶ 今日はあの映画が観たい!観に行く!と、思いたったと思ったらすぐに行動に移していました。私だって楽しんでもいいんじゃない?と、一人で見に行きました。あの駐車場開けといて!落ち着く席に案内して!と龍を使いまくりました。本当に?と思ってしまうほどいい場所を開けておいてくれて、龍との絆が深まったように感じます。ポップコーン食べきれないけど頼んじゃおとか、 そんな子供みたいに楽しんでいる自分が可愛らしいと思いました。観に行ったあとは罪悪感が湧くこともなく、行って良かった!!と見終わった後もワクワクしていました。楽しむことが許されたんだと、感想を書いていて気が付きました(感涙)。ありがとうございました。
▶ だいぶ力を抜いて、自分の感じるまま表現できるようにはなっていましたが、もっともっと魂のよろこびを子供みたいに表現したいという気持ちになっています。
▶ 自分の中の無邪気さが戻ってきた気がします。人生の時間を重ねるにつれ、より起きることへの取り組みはハードさを増し、先には進んでいると思えるものの重さや疲れと先が見えない取り組みのような果てしなさを感じていました。施術後、忘れていた無邪気に笑えている軽さがよみがえって来た気がします。
▶ 家族に対して不快感を頭でなかったことにしてしまうことがありますが、そのまま表現するようになり、我慢せず罪悪感を持たず、自分の気持ちを伝えるようになりました。そうすると、自分ばかり損している気持ちが何でも言い合える心を許せる家族に思えました。
▶ 仕方ないから、我慢したくない気持ちが高まり、自分に対して我儘な気持ちになりました。
▶ 自分の好きな世界を隠すことなく表現したい、という気持ちが強くなりました。
▶ もっと自然体でいてもいいのかもと思えるようになりました。ちょっと気を抜くと、無防備な自分の変なところが出てしまって、周りの人から変な目で見られるんじゃないかと怯えているところがありましたが、自然体でいる私が、どんなに変な人、人によっては狂ってる人、と思われることがあったとしても、それでも自分だけはその自然体の自分を受け入れてあげようと思いました。
▶ 表現が素直にできるようになった!卑屈な表現がなくなった!
▶ 表現力は高まっているというか、自然に表現できている感があります。
▶ 私の場合、家族に対して気を遣う場面がとにかく多く、気をつけているにも関わらず自分の意図と違う形で相手に受け取られて、理不尽に怒られたり不快な気分になることも珍しくありません。そのため言いたいことも言えず、あるいはあえて言わないことも多くあります。ワークを受けた後は、自分の言いたいことを抑える頻度が減ったように感じています。自分の気持ちや考えを表現することが少しずつ増えてきたと思います。
▶ 息子が録画していた美空ひばりAI再現の番組で、声を出して泣いてしまいました。美空ひばりのファンだったわけではありませんが、AIで再現されたひばりさんが「良く頑張りましたね」と言ったセリフ。自分を存在として愛してくれた亡き父と重なり、今もどこかで守ってくれているような気がしました。
▶ 不快な思いをした時、ムスッとしたことに対して、後悔を感じなくなった気がします。
▶ 変わった自分をだせる相手の前でだしていこうと思います。
▶ どんな時も、どんな感情も正直に表現できるようになりました。飼い犬が亡くなって悲しい気持ちでふとしたきっかけで涙が出ることを自分に許可出来ました。曲を聴きながら歌い、さらに踊ることも出来るようになりました。発達障害傾向をもっている自分をありのままに、より表現できるようになりました。
▶ マジメで、黙ってやりすごして、コミュニケーションしていましたが、相手に興味を持って、やりとりできるようになり、前よりオープンに、なりました。
▶ もともと感情が表に出てしまいやすい性質ですが、それでも人や場所に合わせて多く抑えていたんだなと感じます。本当に。。受けた後では子どもみたいにムッと感じたらその場で怒って、楽しかったらいつまでもニヤニヤしたりしています。
▶ 今までの喜怒哀楽が、どこか作っていたことに気づきました。記号のようだったなと思います。そして表現に戸惑うことがあります。
▶ 仕事で依頼者がしくじっても、自分で今まで処理していましたが、最近はちゃんと返せるようになりました。また、やたらと依存してくる会社関係の人に仕事を断る事が出来ました。
▶ そこまで大きな変化はわかりませんが、心に響く漫画の台詞を読んだ時に急に涙がたくさん溢れてきて、前よりもちゃんと泣けるようになった気がしました。その漫画も丁度、「子どもが親を幸せにしようなんて、喜ばせようなんて考えるな」という父親の愛のある台詞でした。浄化に必要な物語が、目の前に現れてくれていました。
▶ 自分の尊厳を傷つける人や失礼な事に対しての怒り、「No!」という態度が自然と出るようになった。
▶ 表現は、2019年の間は、子供時代の頃を再現したようになり、どう表現したら良いかわからなくなって、悲しくなりました。2020年に入ってからは、怒りに関しては、鋭くストレートに表現してしまうのですが、それ以外ですとわき上がる気持ちを感じつつ、一拍置いてからゆっくりと相手に話すようになりました。言葉のキャッチボールと共に、エネルギーのキャッチボールも感じるようにすると、ゆっくりの表現が心地好いです。
▶ 子供と義務感で遊んでいたが、子供の発送って面白いなぁと感じ、笑う事が多くなった。
▶ 子供の頃の、遣ることが遅い、愚図、バカっ丁寧すぎる、人と変わっている、直ぐ飽きっぽいなどなど、たくさんの表現を受けていましたが、不思議とこれら全ての表現や行動は見方を変えて言葉を変えると、私の特性特色で個性なのだと今強く思います。大分前から感受性が強いと思っていましたが、少し前からは五感に響く感じです。表現する言葉がクリアーになり今まで使っていない言葉や表現を出してきてます。これが私が本来感じたものを言い表す力だと受け取れています。何故ならエネルギーを言葉に感じるからです。意外に明るい性格じゃん!そうなんです、私は明るいのです!そんな正月を過ごしています。
▶ 主人とのちょっとした口喧嘩で、いつもは抑えてしまうところを、抑えずに言いたいことを言ったので驚きました。
▶ 言いにくかった事が話しやすくなりました。
▶ 急に自分の痛みが出てきて今まで我慢してきたことや、頑張ってきたこと、報われていないと思っていることなどが出て号泣した。理由ははっきりわからないが子ども時代のもののような感じがした。
▶ 受ける前、今の自分を認めるために、人間関係やパワハラに、発言する勇気が無くて気弱に訴える事しか出来なかった。勇気を出して発言しても、感情に流されそうになったり冷静な会話が出来なかったり言葉が出なかったり。行った後、体が震えてきたり、落ち着かなかったり気が上がってしまい逆に落ち込んだり鬱っぽくなっていました。施術後は、相手の言葉に流されたり震えたりしなくなった。発言する・しないに関わらず、どっしり落ち着いて来た。自分でいられる様になって居る。例えば、パワハラに耐えて居る自分から、やられたら露骨に嫌な顔してその場を去ったり、相手にも同じ事で仕返ししたりできる様になった。パワハラや権力で操縦してくる言動には嫌な顔して平然とシカトできる様になった。
▶ 0才の子供がいますが、子供をあやすときに前よりおどけてみせたり、オムツ替えなど小さなことを、前は抵抗していたのが少しずつ手伝ってくれるようになりました。
▶ 怒りを言葉で表現できるようになりました。振り返ると、他人にネガティブな感じを与えてはいけないと、物凄く気を使っていたのだなぁと思います。社会が変わっていくために、人に伝わってゆくべき様々な視点や価値観は絶対あって、それが怒りを伴っていたとしてもどんどん表現されて、いろんな価値観が出てくるべきだと思うのですが、私はそれをすべきでないと思い込んでいました。何かそのような制限が取れて、表現すべきこと、言いたいことは、どのような形であっても表現して良い、と自分に許可ができた感じです。
▶ 普段から割と周りの空気を読んで発言や反応をすることが多かったのですが、ピュアリスペクトを受けて、思ったことを素直にアウトプットできるようになってきました。とにかく、飾らない、そのままの自分で大丈夫と思えます。
▶ 気付いたら自然とその時そのままの気持ち、思っていることを表現している気がします。頭でこれは表現しない方がいいなど、そういったジャッジや判断せず、自然と素直な気持ちを溜めるのではなく、ナチュラルに表現できていて、その結果、自分の感じていることを穏やかに伝えられて、コミュニケーションがスムーズになったように感じています。
▶ 今まで言わなかったことが言えるようになった気がするのですが、その事で、以前より笑う回数が多くなったような気がします。
▶ 素直に自分を表現するようになって来た。
▶ 気持ちを出すこと、伝えることが、自由になりました。感受性も子供の頃のように、よりピュアになったと思います。母や妹との会話も自然に楽しめるようになりました。
▶ もともと感情豊かでしたので本当の自分を全開にすると他者との違いが浮き彫りになり良くないと思い込み感情表現を抑え目にしていましたが、もう全開でしか過ごせなくなったようで、素でいることが自然になり抑え目でいることの方が難しいくらいになりました。我が家の感情豊かな5歳児と共に感情に蓋をすることなく喜怒哀楽を表現しているので更に騒がしい家庭となっています!笑
▶ 1回目:人と接しやすくなった気がします。親に対していつも言い難いありがとうが自然と言えたり、素直になれていると思います。2回目:いい歳してと思いながら、訳もなく童心が湧いてきて遊んではしゃぎたいと感じました(笑)そういう部分を抑えてしまってる自分がいたかなと思います。テレビなどを見ている時、なんでもない所で感動したり、純粋な物に触れると涙が出てくる質なのですが、家族の誰かがいる時は恥ずかしいので自分を隠してしまう癖があって、気付かれないように泣いたりしていますが、先日は家族がそばにいても気にならず普通に泣いてしまっていました。
▶ 表現などではないのですが、親に対してありがたいなあと思うことが増えました。
▶ 母と姉の関係からの愛情と憎しみの蜘蛛の糸がもつれた姉との関係で、いつも気を使ってしまい傷つけないように何を言われても我慢してきたのですが、何年たってもネックなのですが、一回目の施術を受けた後で、姉に自分の意見をはっきり言えたことでスッキリしました。姉に言い返されましたが、この人はこう言う人なんだと、以前より受け入れるようになりました。
▶ 怒りを罪悪感なく表現できた。人からどう思われるかなんて関係ない!と。
▶ 元々おしゃべりだったのですが、より自由に制限なく話したいことを話したい時に話せていて、楽になりました。
▶ 以前は他人と比べて自分が変わっていている事を隠したくて、目立たないように壁を張り巡らせて周りに合わせたりしていたので、腹が立ったり悔しかったり泣きたくてもひたすら我慢している感じでした。受けた後は、自分を抑えて周りに合わせるのは逆に失礼な事だと思うようになり、我慢せずに自分の感情を少しずつ出せるようになりましたし、自分の考えや思いを伝える事が出来てきました。
▶ いつも気がかりで頭の中がいっぱいで、笑う余裕がなくなっていましたが、ユーモアや笑いで家族との時間を過ごせています。また、子どもが「〇〇がしたい、〇〇が欲しい」と言うとき、叶えてやれない自分に罪悪感や情けなさを感じていましたが(子ども本人はもしかしたら、希望をただ口に出しているだけなのかもしれませんが)、「(親である)私にはできないこともあること」、「したいことがあれば、それを子ども自身で叶えるよう、考えてやってみて」と、そう声をあげている自分がいました。
▶ 私がやりたいことをやると怒られる。私は変わっている。みんなと同じにならなきゃ。と、本当の自分が感じていることを隠して目立たないように生きてきました。施術後は、私は個性を全面にだして生きていこう。人の顔色をうかがって生きるのはやめよう。という思いがわいてきました。美しく堂々と、私の輝きを放って生きたい!と思えるようになりました。服やアクセサリーも自分の着たいものつけたいものがすんなりと選べるようになっています。
▶ 表現については、変化がまだよくわかりませんが、心の中のつぶやきは、以前よりも感情的になっていることがあります。それを言葉で表すには至っていませんが。
▶ 嫌だな、と思う事に無理に理解をしてもらおうと思わなくなりました。理不尽だと思う事に怒ることも出来ましたし、怒ることより難しかったのは泣くことでしたが…とても辛いのに泣かないようにしようと我慢しなくていいんだと思え大泣きすることができました。
▶ 感じていることを素直に表現するのが普通になり、自分が、まるで無邪気な子どもになったような気がする時があります。そして、それを楽しめています。
▶ 受ける前はとにかく人の機嫌をとり、人の機嫌に振り回されていました。受けた後は嫌なことにはムスッとしてもいいんだと感じ出来るようになりました。
▶ 職場で泣くことなんてなかったのに、あったとしてもすぐに引っ込めるのに、上司や同僚の前で思いっきり泣いてしまった。母親と衝突をしたときも、思いきり泣いて、「悲しい、悲しい」と子供のようにその頃言えなかった言葉を発して、それから自分を許せるようになったのか、気持ちが楽になりました。
▶ 著しい変化は、年が明けてからよく笑うようになったことと、ここ数年自分がほとんど笑ったことがなかったことに気付いたことでしょうか。番組のギャグに、息子のユーモラスないたずら書きに…、日常の中にいっぱい転がっているはずの楽しいことを素通りしてきたなんて、何てもったいない(笑)!いつもなら運転中に話しかけられるだけでも嫌なはずなのに、気付いたら、帰省の車中は家族とのギャグの応酬で盛り上がってました(ちゃんと前は見てましたよ!)。
▶ 自分が新しい行動をすることを許せた気がします。
▶ 説明をしなければいけないという思いが減った。誰かに状況説明をしようと必死になっていたことを、周りに理解されなくてもいい。分かって貰わなくてもいい。と、関係ない人にまで説明をしようとしていた事を、そのまま微笑んでいられるようになった。
▶ 今まで自分を表現することに拒否感が強く、できるだけ目立たないように、感情を表に出さないようにしてきました。そうして封じこめる事で溜まってしまった怒りや悲しみの感情が爆発してしまい、あとで後悔するという事を繰り返してきましたが、最近では感情が爆発することがなくなりました。溜めることなく、出していたということでしょうか。具体例が思いつかなかったのですが、そういえば、子供の頃から好きなお菓子があり、今では地域限定で手に入らないものを、わざわざ叔母に送ってもらいました。3つあったので、2つを子供と分け合いましたが、1つはどうしても我慢できずに一人で食べてしまったところ、子供に非難され軽く言い合いになったのですが、最後は「そもそもママのために送ってくれたものだからママのものだ」と言い放った私に、大人気ないと呆れられました。お菓子ひとつで確かに大人気なかったです。。
▶ 不快だなぁ、嫌だなぁ、嫌いだなぁ、恥ずかしい、という感情を感じる私を認めるのが嫌で抵抗してきました。子どもからマイナスの感情を表現することで家庭が荒れたり、怒られたり等々あったせいかと思っていました。でも、「現在の私が感じているのはこれなんだから、しょうがない!!よし、感じきろう!!」と思って感情を意識的に感じるスイッチができたような気がします。職場で苦手な上司達とお仕事を一緒にしなければならず、心が大大大荒れ状態でした。。受ける前は、「悪い人じゃない」という言葉で心の中のモヤモヤをごまかして、いい子・いい人でいようとしていました。受けた後は、言葉を選ばずに表現するならば、「ああ、私はこの人たちが嫌いなんだなぁ・・・」と素直に認められるようになりました。嫌いと認められたからか、私は笑顔で対応できている自分がいました。そんな自分をほめてあげようと思えました。どんな感情でも出てくるものは出てきていいんだなぁ。。としみじみ思っています。

4.新しい創造性の変化についての質問です。尊厳を取り戻すと、自分にとってより楽しい環境や人生となるような新しいアイディアが浮かんだり、新しい自分へ押し進んでいきたい前向きな気持ちなどが湧いてきます。受ける前と受けた後では新しいアイディアが浮かんできたり、もしくは前向きな気持ちになれたりすることはありましたか?

▶ 年末というタイミングもあるかもしれませんが、苦手な掃除に少しずつ取り組めるようになりました。今までは、どうせやっても変わらない、時間がない、と思っていましたが、今日はキッチンのここをやろう、今日はお風呂の床を磨こう、というふうに、考えが浮かびました。すると、主人も手伝ってくれたり、褒めてくれたりしました。時間があるときに場所を決めて無理のない範囲で、と掃除を始めたら、快適になって気持ちがよくなりました!
▶ これまでの不自由さや制限に気づき自由さを求める感覚が加速しました。いま自分がなにを求めているかわかりやすくなり、行動に直結しやすくなりました。 自分にとって、こだわりのない場合はこだわらなくても良いとゆう感覚も芽生えました。
▶ ちょっと変な言い方になりますが、気軽に前向きです。気負いがなくとも、まあ軽くいけるでしょ、悪いことはわざわざフォーカスしない、何はなくとも結構幸せ、なんて思えています。
▶ 瞑想、イメージなど、浮かんでくるイメージが自分の空想のもの、自分の作った考えと疑っていたけど、受け取るメッセージも まぐれと思わず素直に受け止められるようになった。瞑想も苦手だったが、出来ない出来ないと思わず、これでいいんだ、出来てるんだと思えるようになった。自分の直感も 疑わずに信頼できるようになってきたような気がする。
▶ ここ数ヶ月はひきこもりアイデンティティ不信なのか、インスピレーションに確信が持てなかったり、アイディアがあっても自信に繋がらなかったことが、急に自分のアイディアやインスピレーションを肯定する気持ちが湧いてきたり、評価できるようになってきた。
▶ ちょうど施術の時間にクリスマスパーティーをしていたのですが、そこでの友人たちとの会話を通して、「自分にいろんな体験をさせてあげたい」と思えるようになりました。幼い頃から父親に抑圧されてきたせいか、完璧主義で失敗を悔やんでしまう性格だったのですが、「現状に深刻にならなくてもいい」「もっと気軽にチャレンジを楽しもう」と思えました。
▶ 考え込むだけで行動できない足枷が悩みでしたが、施術後、行動が軽やかになりました。例にあってびっくりし笑ったのですが、部屋の模様替え!まさに今しています。笑 前向きになれ、やってみたいなーと思っていたことを始めたりしました。とにかく、行動に移すのが早くなり、楽になっています。
▶ 夫婦関係で悩んでいたが、「なるようになる!」といい意味で開き直り、前向きになれた。
▶ これまで無理だと諦めていた資格、環境に挑戦したくなりました。
▶ 今までやりたかったけど、そこに行けなかったことがこれやりたい!やろう!とクリアに明確に思えるようになっているかも。
▶ まず週末の怒涛の断捨離(笑)スッキリしましたが、もっと断捨離出来そうです。
▶ 元々考えすぎるところがあるので、なかなか湧きにくいのかもしれませんが、受けた翌日は前向きだったと思います。書き物にしても、ちょっとやってみようかなと思えたのもそれは自分でも不思議な感覚でした。
▶ 部屋に物が多く、前々からどういう順番で処分していこうかと悩み、またその面倒くささから尻込みしていましたが、まずはあそこを処分して、次は、と前向きに、処分が終わった後を楽しみに思えるようになりました。
▶ 傍から見て ピンチなことも俺なら大丈夫だろ!! !と自分を信じ楽観視することができるようになりました。
▶ ここの効果がめちゃくちゃ凄かったなと感じています。本当に、全く違う人間になってしまったような感覚です。私は表現に関する仕事をしているフリーランスなのですが、期待されていることを形にして提供することばかりしていて、自分がどうしても表現したいこと、強く思いを乗せられることを全くしてこなかったことに気づきました。無意識に顧客におもねっていることを、自分の才能のなさや表現力の無さと勘違いしていました。ずっと自分の中にあったのに、受け手のことばかり気にして、自分の中を全く探していなかった。もう今まで見たいな働き方、生き方は絶対にできないと感じます。自分の中の情熱が溢れてきて、表現せずにはいられない、という気持ちでいます。
▶ 来年は仕事で「大きな目標にチャレンジしたい!」と素直に思える様になりました。
▶ 人をより惹きつける魅力をもちたいと思うようになりました。人前にでる機会が今後増えそうです。今までそんな事は思わなかったので不思議です。
▶ 今の仕事をずっと続けなくてもよい、と思えるようになった。お金を稼いだり、豊かに幸せに暮らすには、今の会社に無理して、自分を犠牲にしてまで居続けなくてもいい、と思えるようになった。
▶ もうすぐ水瓶座 風の時代が来ると言われても、どう自分を変化させていって良いか不安だったが、ピュアリスペクトを施術して頂いたことで、あやさんのお蔭で、自分を自分のオーダーで変化させているという満足感があり、何か変わっていけそうな感じがした。
▶ 来年は、ちょっとスケジュール的に大変な課題をかかえていて、重くどんよりした気持ちになっていましたが、「毎日、少しずつでも前に進めば大丈夫!」という気持ちになれました。その課題では、人前にでなければならず、正直言って、興味の対象(悪く言えば嘲笑の対象)になりかねないのですが、笑いたい人は笑えばいいんじゃないかな、くらいの気持ちも。他人の意地悪な気持ちに気づきながらも、こんな風に思えるのは、今までにない、とても大きなことです。
▶ 物事への考え方がシンプルになった気がします。とても楽です。具体的には、悩んでいた食べ物の組み合わせや食べたいものがすぐにわかるようになりました。
▶ 2020年に向けてどんな一年になるのか?不安がありましたが、いまココの私が幸せや穏やかさを感じ外側がどうであれ揺るがない感覚があるから…きっと大丈夫!と思えましたし結果を気にすることなく新しいことに意識を向けたい!やってみよう!といま感じています。
▶ 今の環境から逃げることばかり考えていました。でも、今この場で自分にしか出来ないことがある。それを全うしてから動いても遅くはないんじゃないか、と思うようになりました。
▶ 子どもの頃、自分のお部屋を本当に自分の心地よくいられる場所であるように心を込めて整えていた時の記憶と、その中に身を置いたときの嬉しさ、感情が鮮やかに蘇りました。家族がいても、自分の心地よさを追求したい、してもいいと思うととても前向きで楽しい気持ちになれました。
▶ どうせ~ダメだ!とか悲観的な見方が減り工夫しようというアイディアが浮かぶようになり、ゆとりが、できました。
▶ 私はそもそもアーティストとして生きていて、これまでもアイディアが尽きることなくわいてきて、アイディアを実行することが追いつかないくらいで、どこか自分のアイディアに追い立てられるように製作していました。しかし、施術を受けてからは自分をいたわりながら、無理ないペースでアイディアを一つ一つ形にしていく方向へ変わってきています。自分に合わせた生き方で生きていこう、と気持ちを新たにしました。それを家族だけではなく、さらに外側にも少しずつ広げていく覚悟ができました。
▶ ぱっとはわかりませんが、いらないものを処分して、気持ちが切り替えられたらと思います。
▶ 転職するにあたって不安が大きかったのですが、不安が減少し、前向きな気持ちになれました。
▶ 自分にお金を投資する事にかなりの罪悪感がありました。最近は、自分への投資をする事に抵抗が減っています。また、初めてこの正月に酵素ダイエットをする事になりました!
▶ ずっとやりたかったことに本格的に取り組んでいきたいと思った。
▶ これまで「母に愛されたかった」という思いが強く、悲しさや悔しさを消し去ることができませんでしたが、そういう思いが無くなりました。諦めたのでもありません。執着していた自分を解放できたのだと思います。
▶ 不安から安定に変わったため、ネガティブや不安感の方へ偏っていたのが中庸に変化したように感じます。アイディアが浮かんだり前向きな気持ちになるところまでの変化は私は感じられませんでした。しかしこの変化によって心に余裕が少し出てきて、いつもより少しできることが増えたように感じています。例えると、いつもの家事にプラスしてもう一つ作業ができるというイメージです。
▶ どうしよー的な曖昧な未来ではなく、こうなりたい、だから、こうする、と明らかに出来ている自分がいます。エネルギー療法に劇的変化を求め過ぎていた自分も発見しました。変化は微々たるものであり、感じ取る自分の感性も必要なのかもしれないと感じました。
▶ 仕事がちょうど何もないところから何かをクリエイトするものなのですが、サクサク表現できるようになった!仕事が早くなった!
▶ 変な人と思われても、もっとぐんぐん自分らしく進んでいこうと思えるようになりました。一つの失敗でつまずかず、これがダメなら次はこれ、と柔軟に考えられるようになりました。
▶ どうすることが効率的か、という視点から、自分を表現して、周りに伝えるために、どのアイディアが面白いか、どうしたらこの感動が伝わるかという視点になりました。
▶ 来年からの自分のあり方について向き合えました。
▶ 自分の部屋が収納しきれないものを置く部屋になっていたのに、自分がくつろげる部屋に模様替えしたい気分になりました。SNSで発信するのが楽しくなりました。
▶ 2020年に向かうこの年末、どんどんやりたいことが浮かんできます。それも過去の自分を認め祝福し、手を携えて一緒に進むという気持ちになれています。創造のための安心感は、自分とのつながりがしっかりと結ばれたときに自分の内側からやってくるものなんだと体感しています。
▶ 今までインスピレーションは来ていたけれど実際にやっていなかった新しいことをどんどんやっていきたいと思い、実際少しずつ進めています。
▶ 前向きな気持ちにだんだんなってきています。今日(大晦日)は、体の歪みを解消する整体に行き、思いたった事や目の前のやる事を淡々とこなしていきました。体が軽くなったように感じます。
▶ ここ数年ずっと、新しい自分を表現していきたい、自分の手で幸せを掴んでいきたいという思いがありましたが、その思いが一層強くなりました。時には本当に自分にそんなことができるのかなど、未来の不安が沸いてくることがありますが、そういう自分も拒否しないで受け入れられていると思います。また、年末の大掃除の時期ということもあるのかもしれませんが、無性に身の回りを綺麗にしたくなり、キッチン、お風呂場、トイレ、リビングなど家のあらゆるところを何日かかけて掃除しました。おかげで空間も気分もすっきりしました。
▶ もっと自分にとって、「これは楽しい」と思えることを見つけていきたいと思えるようになりました。
▶ 自分にもいろいろなチャンスがあってもいいと思えるようになりました。会いたい人に会って、誘いたい人を誘って、一緒にいたい人と一緒にいる、楽しみたいことを楽しむ、そんなことが私にもあっていいし、私の人生にも「ある」んだなぁと思えました。受けた後は、こういう色のお洋服いいなぁと憧れていた淡い色のファッションを取り入れられるようになりました。私はパートナーやあたたかい家庭がほしい!!と今まで以上に強く思えるようになりました。また、気になっている人に対して、彼と一緒に幸せになれるには、私には何ができるかな。。と考えるようになりました。
▶ 自分にとって楽しいと思えることが色々と浮かんでくるようになりました。やってみたいこと、行ってみたい場所、食べてみたいものなど些細なことがあれこれと浮かんできます。たくさんありすぎでどれを実行するかが悩ましいくらいです。また、こうだと考えていた事が、ある時全く違う切り口での考えが浮かんできて、「なんだ、簡単じゃない」と気が楽になりました。自分ではわからない思考のクセがあったんだと、しみじみ思いました。
▶ 今年は大掃除をある程度進める事ができました。
▶ 普段ならば考えてしまって行動出来ないことを行動出来ました。
▶ 創造性の変化というような大きなものではありませんが、今まで自分が楽しむことに何故か罪悪感を感じていて、やろうと思えばできたのに人生を楽しんで来なかったこと、そしてたとえ些細なことであっても自分が心から楽しむことは周りの(見ず知らずの方も含んで)多くの人の幸せにもつながること、等に気付いて、残り約3分の1となった人生をどうやったら楽しめるかを本気で考え始めたのが、それに近い変化かもしれません。
▶ ずっと「まだだ」と思っていたある方のセッションに、思いきって申し込みました。「今なら」とそういう気持ちになれました。
▶ 受ける前は部屋がどんどん散らかっていき、周りの環境や自分にも疲れていました。受けた後は部屋の片付けが進み、したかったことがサクサク出来るようになりました。
▶ これから、やってみたいことがどんどん浮かんでくるようになりました。仕事の企画のアイデアも、ワクワクしながら、どんどん湧き出てくるような感じです。
▶ 数名の身内や友人と続いてきた関係を終わらせる気持ちになりました。縁を切るとかではなく、お互いの行きたい道へ、お互いの存在ありきの関係はやめて。新しい年をすごしたいな、と。
▶ 模様替えを少しずつ始めています。間接照明を取り入れたり、新しい家具を買ったり。もっと、自分仕様に変えていきたい欲求が湧いています。一ヶ所を変えると、他も変えざるを得なくなるので、この先しばらくは、断捨離しながら模様替えにハマると思います。
▶ 今まで描いていた絵の描き方と新たなアイテムを融合して描いてみたくなりました。今は試行錯誤で試し描きを楽しんでいます。私は空・宇宙が描きたい!と描きたい世界がだんだんとはっきりしてきています。
▶ いつもおそれや気がかり(病気、不調、経済的なこと、将来)が頭にあり、なかなか進めなかったけれど、施術後、心の中の余計なものが削がれてシンプルになり、「できるかも・・・?むつかしいことではないかも・・・?」「まずは、安心して暮らせるようになろう」という気持ちになりました。
▶ ちょうど仕事と家族の事でこの先どうなるか不安な状況になったりしたのですが、悲観的にはならなくて無理せずやれる範囲でやれば大丈夫だと開き直り、前向きな気持ちになりました。以前の自分だったらやる気をなくしてた筈だったので驚きです。
▶ 自分の人生に前向きになれています。家族の変化も抵抗なく受け入れる事が出来ています。
▶ やってみたかったことを片っ端からやってみよう、という気持ちでいっぱいです。
▶ 母との関係で、今もいろんなコミュニティーで同じようなことを繰り返してしまうのですが、何をしても私が最後まで続かないことで、母の言葉が「こう言うことをする人は必ず同じことを繰り返す。」とよく思い出していたのですが、一回目、二回目の自分を受けて、寄り添ってもらいたいから寄り添ってもらってもよいと思えるようになり、もっと、自由にイメージできるようになり、創造性が以前より、期待に応えたり、過去世からの罪悪感や重圧感が少しやわらぎ、以前より自然なイメージができるようになってきています。
▶ 自分やまわりに対してのゆるさやゆとりができた気がします。
▶ 1回目:もっと変わりたい、前に進みたいと思えた。2回目:自分を知ってもっと表現したいとか自分の光を輝かせたいと思いました。自分のやってみたいことが次々と出てきて思うだけじゃなくて行動しようと思えたり、今いる環境への悩みや辛さを感じていてはどうにもならないから楽しいことを考えようと思えました。また、ぼーっとしていると枠にはまった生き方ってつまらないなと感じ、もっと自由に楽しく生きたいなーという考えが浮かびました。
▶ 以前でしたら、自分の意に沿わない物事をネガティヴに捉えたりネガティヴ予測を立て行きたくない気分・気持ちにわざわざさせていましたが、そういうことしなくなっています。今はむしろ楽しくなる方向に思考が向いていきますし、ネガティヴな方に傾いてもすぐに気づき執着せずに前向きな方に修正できています。冬休み中に初冬キャンプに挑戦、大人気のキャンプ場に行きたがる夫、私はいろんなネガティヴ予測がやってきましたが、きっと楽しいに違いない、自分の思いに拘らず相手にお任せしてみようと決めキャンプ決行!結果、楽しいものとなりました。
▶ 今をありのままに捉えて、純粋に楽しめる、前向きな気持ちになれました。今後に向けてのものが浮かんで、それに向けて動いたり、不要なのに抱えていたものが整理できたりも。それらも、自分にも優しく、楽しく、実行できています。
▶ 彼の飼っているアロワナの水槽について、二人で改善点を話していて、色々なアイデアを提案した。
▶ お客さんを気持ちよく迎え入れたいという気持ちになり、人生初の生け花をすることになりました。想像もしてなかった事なので、ビックリしています。
▶ 最近、自分の方向性について考えあぐねていて、どうしていいかわからず行き詰まっていましたが、アイディアがポンポン湧いてくるようになり、また自分の方向性についても、頭で考えた「こうした方がいい」ではなく、心が本当はしたい方へ進むことを抵抗なく、受け入れられた感じがしています。より純粋な感覚で、選択や判断ができるようになっている感じがして、嬉しいです!
▶ 今の職場で私があまり自分らしさを生かせていないことを悩んで、心がずっともやもやしていたのですが、今のままでも完璧だし、もし今より楽しいことや好きなことが見つかれば、それにチャレンジしても大丈夫だと思えて、前向きな気持ちになれました。
▶ 私は、自分がこんなに拘りが強くて細かくて、強情な人間だったのだと初めて知りました(笑)。でも、表現者として生きていきたいと思っていたので、自分独自のセンスが確固としてあったことが、とても嬉しいです。自分を貫いて生きるために必要なエネルギーの蓋が一気に開いて、一気に溢れ出してきた感覚です。
▶ ジムに通い始めることを提案され、夫婦で運動を始めることになりました。
▶ この4、5年は人間関係やパワハラに悩み転職を数回して来ています。年末も仕事納めの日に最後の最後で憂鬱を引きずり年始を迎えていました。決していい年の瀬年明けではなかった。でも今年は、年末年始といい時間を過ごせて居る。良かったぁ、幸せだなぁ心豊かに過ごせてるよねとゆとりを持って過ごせています。幸せ、豊かさに意識がフォーカスできている。やっている事は何ら変わらないけど、意識が前向きに変化しているので、自分の気持ちに素直に従おうと思える様になっているので心のゆとりを感じられる事が増えていると感じています。自分をいたわることにも気持ちが向いているので自己犠牲から解放されている感じがします。ありがとうございます。
▶ 新しい段階に入るのに不安が減りました。
▶ 前向きな気持ちにはなれました。
▶ 進んでゆきたい気持ちが、かなり高まりました。
▶ 相当前から、怖れと不安が強い生き方をしてきました。極端を言うと、怖れと不安のバリアーで覆われた中を生きてきたようです。今が苦しいから現実から未来を見てしまう(逃避ですが)癖が強かったです。受けてからは、体が軽くなって、膜が取れたような感じです。強かった怖れや不安の感情先に有りきは、明らかに後退しています。無くなりはしませんが、人生を楽しく生きるためにはどうするか、今取り組みたい事、遣りたいことを優先しながら、心地良く過ごす工夫が優先し湧いてきています。
▶ 断捨離は以前から取り組んでいたが、殺風景になってしまっていた。もっと、好きなもの(お花やキレイな絵など)を飾ったりしたいと思えた。
▶ 「創造性は、自分にもある」と信じている状態です。2019年の年末は、気持ちが塞ぎ込んでいました。2020年に入ったら、「去年の物は捨てるように」とか「古きを捨てて新しき物を迎えるように」というメッセージを何度か受け取りました。馴染みのあるものや、大切に思えるものが沢山ある自分にとっては、捨てるというのは自分を切るようで辛いですが…手放すことをすると心身が軽くなり、新しい可能性にわくわくする気持ちが湧いて来ています。
▶ 人生・環境の新しいアイデアや創造性とまではいっていない。年末の大掃除をやる気になってやったり、身近な事を自然体で能動的に進めるような力が湧くのはあると思う。
▶ 前向きな気持ちとして、私は長らく物が多く散らかった実家に暮らしていたのですが、貧しい環境で暮らすのが当たり前の感覚がありました。最近になり、自分は広くてきれいな、モデルルームのような家が好きなんだな、と気が付けるようになりました。昔は、豊かな住居環境は遠いものだという感覚があり、望むことすらしていなかったのです。今住んでいるマンションでも、散らかったり水回りが汚いのが好きではないので、元々綺麗好きだったのに長く我慢して、ストレスを感じていたんだな、と気がつけました。受けた後では、より一層 高層マンションやタワーマンションなどの間取りや写真を見ては、こういうところに住みたい、住もう!と自然に思えるようになっています。自分が住んで良い場所だと、以前よりずっと思えています。
▶ 発する言葉や態度から変化が感じられました。その他には、お義母さんの態度や雰囲気が以前より柔らかく優しさを感じられました。

5.ピュアリスペクトを受けようとご検討している方に向けて、一言メッセージをお願い致します。

▶ 心が何を感じたか、に自然と動かされる気がします。感じて、ふと、もう体が動いている。それを、何だろう?と不思議に思いながらも、余計な考えが入らずに動いてしまうので、表現することに諦めてしまいたい人や、動けなくなっている人は、受けると少し不思議な感覚で動けるかもしれません。
▶ ピュアリスペクトは、フリーダムディスティニーのお試し版との事ですが、お試し版でこんなにも欲しいところに手が届く癒やしは他にないかも?と思います。俄然、フリーダムディスティニーを受けたくなります。次は家族をお願いしたいと思いました。もう、血縁による因縁は私たちの世代でさっさと終わりにして、次の世代を生きる子どもたちが伸びやかに自由と尊厳の中で生きられる様にしてあげたいです。
▶ 自分を生きるって、しばられず、解放されて、のびのび気持ちいいし、愛おしいです。自分を大切にいきることができたら、相手の違いも認められて大切にできて、どんな自分で生きても喜びの世界になると思います。
▶ 世の中への理不尽さからピュアリスペクトを受けました。分かったことは、最終的には自分が選択したことで、いくらでも見方、在り方は変えられるし、変えて行こうと思いました。過去は過去と考えられたら、わたしたちはまだ色々な可能性があるのでしょうね。
▶ 一度お受けになることをお勧めいたします。
▶ ほんとうに楽になるので、安心して受けてください。
▶ 背負っている荷物をおろして、軽やかにのびやかになれるLOVINGです。家族との関係に悩み、あれこれ試したけれどなかなか前進できず、そんな自分を責めてさらにこんがらがって、、というループにはまっていらっしゃる方がいたら、ぜひ一度受けてみてください。きっと絡まっていたものが解けていくはずです。
▶ 思った以上に効果があったので、特に自尊心の低い方、自己評価の低い方に自信を持っておすすめします。いつも自信もっておすすめなんてしないです。これもピュアリスペクト効果かかと思われます。
▶ 機能不全な家庭で育って 自分がわからない方、自信のない方、無価値感などある方に受けてほしいと思います。
▶ おすすめします。生きること、ただあることがすごーく楽になりましたので。思った以上の変化がありましたし、自分では手の届かないところへの施術だと思います。今回は、素晴らしいワーク、本当に受けて良かったです!どうもありがとうございました。
▶ 赤ちゃんに戻るような優しくて安心するエネルギーです。自分の尊厳の位置と尊厳が“ある”感覚がわかり、とても安らぎました。深く癒されました!自分を責めて苦しかったりなかなか人からの愛をうけとれなくて苦しい、、って状態を打破してくれました(^。^)自分の中の自然体=自分の愛 なにもしなくても自分の中にある、その体感しました。勿論ブレたりすることもありますが、そこにいたらいいのか、って戻る場所がわかった感じです。受けられてよかったです。おすすめします。
▶ 自分を好きになりたいという人に特におすすめではないかと思います。私のように、いつも焦っている、自分は劣っている(仕事が遅いなど)といった感情が強い人にもおすすめだと思います。そのような感情が和らいで、少しずつ楽に過ごせるのではと思います。
▶ 小さいころを思い出して、あの頃は楽しかったな、良かったなと溜息をつくのではなく、今だってそれまで以上に楽しい気持ちになれるという事を思い出させてくれるような名前の通りピュアな気持ちを思い起こさせてくれるワークだと思います。
▶ 幼少期、親や兄弟の勝手な都合や劣等感によって封じられてしまった能力や愛が蘇ります。生きながらにして、まっさらに再誕生できるそんなワークです。ピュアリスペクトは、まるで子供の頃から私たちが受けることを待ち望んでいたような 恵みの雨のようなLOVINGでした。両親よりも 母親のような深いあたたかさで祈り、導いてくださることに心より感謝申し上げます。
▶ 自然と馴染んでいて受けた感覚がないにも関わらず、しっかり効果が出ていて面白かったです。純粋な自分を思い出したみたいで、子供の頃に戻れた部分があり嬉しかったです。
▶ 最後に、今の自分に無理のない範囲で施術を受けさせていただいています。「必要な人の目にとまるようにしている」というような文をあやさんがFBに書いていらっしゃったのをとてもよく覚えていて、このピュアリスペクトは、何度も何度も目の前に現れました。受付の締切直前にも記事が流れてきて、やはり私に必要な施術なのだなと思い、お申込みをしました。必要なことは解っていたし、受けたかったのですが、色んな理由からお申込できていなくて、最後の最後に状況が整い滑り込めた感じです。不思議なことに、感想を記入している間にどんどん自分への愛が高まっていくようです。とても感謝しています。ありがとうございます。
▶ 以前あやさんの元へ通っていた時に、あやさんに随分整えて→?もらっていたので、劇的な変化はありませんが、より一層私は私でいいのだという思いは強くなりました。また、イライラしたり、怒りの感情はコントロールはしますが、以前はそういう感情を持つことに罪悪感を感じてましたが、それも無くなりました。腹黒い自分もそれも私の一部だと受け入れ、まるごと自分を認められるようになったように思います。また、自分を表現したいという思いも強くなって来たように思います。それは絵を描くことでも文章を書くことでもなんでもいいのですが、何か自分の中にある物を表現していきたいと思ってます。因みにインスタをやってますが、ピュアリスペクトを受けてからフォロワーさんが増えました(笑)以前よりインスタ用の写真を撮ってる時は楽しく感じますが何か写真に変化でもあるんでしょうか?自分では分かりませんがわたしの楽しいという気持ちが漏れ出てるのかもしれません。自分を出すことがなかなかできず、苦手な方にはとてもよいと思います。ありがとうございます。
▶ あやさんの会社ではない他のセッションを受けた時、好転反応が出て、違う面の自分が反動で出て、手に負えない部分も出たことがあり驚いたが、あやさんの施術は好転反応が出ないので、大きな波に溺れることもなく、内観したら変わっていた、内観しないとそのまま気づかずに過ぎてしまう、そんな感じがある。自分へのご褒美はスイーツ以外にもピュアリスペクトの施術がありますよ!
▶ まだ変容のプロセス中ですが、変わりたい、と強く思えるようになったし、傷つけたりけなしたりしてくる親や、例えば自分より権力のあるポジションにいる人が、世の中全体でも素晴らしいわけではない、もっと広い世界があるんだ、と気づけました。
▶ 仕事である程度キャリアを積んでいると、特に仕事で尊厳に関わる部分は相当実感できると思います。
▶ 子供の頃の夢を思い出して、叶えたい、叶えるためにリベンジしたいと考えている人におススメではないかと思います!子育てをもっと楽しみたい方にも是非!
▶ チャレンジする事に、素直にワクワク出来る自分になれた事が嬉しいです。受けて良かったです。ありがとうございました!
▶ これからの時代は、自分にしかできないことを仕事にしていく時代だと思いますが、自分を素直に出していくことを自分に許可できていない人が、許可できていないことに気づいてさえいない人が、とてもたくさんいると思います。自分を現すことにおいて、何か一つ突き抜けられないと感じる部分があるなら、迷わず受けてもらいたい素晴らしいワークだなと感じます。
▶ 遠隔ヒーリングは体感もその後の実感も人それぞれだと思いますが…私が◯◯になりたい!とより良い変化を自ら意図した時に、マッチする施術を受けられると、絶大な効果を発揮するのだと思います。あやさんの遠隔ヒーリングは、たくさんある遠隔ヒーリングの中でも、群を抜いて体感や実感があるものだと私は感じています。ですから…ここぞ!という時に申し込みました。(確か…これで4回目です。)施術の内容を読み思い当たることがあって今の自分により良い変化を起こしたい!と思われている方に、あやさんの遠隔ヒーリングをオススメしたいです。
▶ 親から否定されたり、概念を押し付けられて、想像以上に傷ついています。多くの方に受けていただきたいLOVINGです。
▶ 自分の光もそうでない部分もすべてを受け入れたくて色々なことを試していても、なかなか成果が出ないという人には、本当におすすめのLOVINGだと感じました。私はヒーリング等のエネルギーワークを受けて何か変化を感じたということは今までほとんどなかったのですが、ピュアリスペクトに関しては一夜にして劇的な変化を感じました。受けてよかったと心から思っています。
▶ 大切な自分のために、自分で施術できるようになりたいワークだなと思いました。それだけ尊厳がぺしゃんこに潰れていた事に改めて気がつきました。
▶ まず全体の感想としてですが、今回、ピュアリスペクトの案内文を読んだ時、ちょうど母親との関係で感じてきたイヤな思いを手放すときだ、私の魂はもうこの思いを持っていたくないのだ!という感覚があったので、すぐにお申込みさせていただきました。申込み後、まだ施術前でしたが、母から見た母の世界観が一瞬でわかるという出来事がありました。その出来事をきっかけに、母は母なりに自分で設定してきた魂のテーマにチャレンジしていたのだと、母の魂に対して、敬意を感じられるようになりました。おそらく私がそんな風に変わったからなのでしょう。母の態度がやわらかくなり、私の言うことを素直に受け入れてくれることがスゴク増えました。ここ数ヶ月の流れの中で、母へのイヤな思いを手放し、自分の尊厳を取り戻す流れにいたと思うので、下記1~4の項目について、劇的な変化があったというわけではありませんが、私が感じた一番大きな変化は、上記の母の態度の変化でした。そして、母自身も今まですべて家族優先で自分にムリさせてきたのを、自分自身にやさしくして、疲れたらサボることができるようになってきたような気がします。
▶ より自分の本質に戻れる。そのための、いろんな気づきやきっかけとなる出来事が起こったような気がします。新しいステージで新しい自分を生き始めたい人にいいような気がします。
▶ 記憶の中に押し込められて、失っていたことすら気づかない自分への尊厳。自分自身と繋がることが切断されているような感じや、自分がナチュラルに自分でいられる安心感がないと感じている方には、ぜひ自分と繋がりながら軽いという感じを体感していただけたらと思います。
▶ 忘れていた感覚を思い出したような感じです。なんでも作れる気がしてきました。
▶ 純粋な自分で生きて行きたい方や自信をなくして前に踏み出せない方に受けてみて頂きたいと思います。
▶ 受けて2、3日すると自分も忘れていた幼少期の私の気持ちなんて無視して頭ごなしに叱られたり、叩かれた記憶が沸き起こりハートがグワーって苦しくなりました。二回共に。ハイヤーセルフの私が苦しかった幼少の私の立ちはだかり幼少の私を守ってくれました。又韓国ドラマで、兄弟が居て、兄が優秀で兄ばかり可愛いがられていた。その兄が不慮の事故で亡くなり親に何でお前が残り兄さんが死ぬんだ!と弟に罪悪感を植え付けます。数年して、あるきっかけから親が気づき息子に罪悪感を抱かせた。お前なせいじゃない!すまん!と父親が謝るんです。それ観て、あー勝手に親が私は悪くないのに、刷り込まれたと腑に落ちまして、自分をこのまま愛してあげたーい。モー愛だけで私は良いのだ!と自覚。親も愛を知らないのだと認識しました。受けて良かったです。親から無条件に愛された記憶がなかった。周りの顔色ばかり気にして犠牲になって生きてきましたから。条件付きの愛は卒業ですね。ありがとうございました。
▶ より自然な、オリジナルな自分に戻れると思います。
▶ 昨年は、数々の一斉LOVINGの施術をありがとうございました。その時々ですぐに効果がわからなかったものでも、時間が経った今、心身ともにずいぶん楽に変わってきていると感じます。(特に、覚醒のLOVINGなど)自分だけの取り組みではどうにもならない深い部分を、好転反応もなく楽にしていただけるのは、本当にありがたいです。私は、これまでの取り組みの中で、好転反応の苦しみの中で得られた気づきや、もとはといえば現世や過去世での自分自身に起因していたことだったという自覚を持てたことで、もう二度と繰り返さないと心から懲りることができた経験などから、好転反応の恩恵を感じているところもあります。なので、闇雲に痛みだけをとってしまうだけの手法が蔓延していることへの懸念もありましたが、先日のあやさんのブログを拝見して、それさえももう好みで選んでいいんだと、新たな気づきがありました。好転反応を否定するわけでもなく、そういう好みもあっていいとした上で、それでもなお、もうこれ以上苦しまなくていいじゃない、と新しい道を示してくださるあやさんに施術していただけるのは、とても安心感があります。いつもありがとうございます。
▶ 小さい頃、自分にとってはごく普通のこと、当たり前のことを言ったりしたりしただけで、怒られたり、変な目で見られたり、抑えつけられていたと感じる経験が多かった人は、ぜひ受けてみてください。自分で思っている以上に、ギュッと小さくなっていた自分に気づけると思います。
▶ 堅苦しい環境にいる人にすごくオススメです!楽になれます。あと、さっさと動けるようになります。
▶ 自分を手離しで受け入れてもらえなかったという思いはずっとありました。だから自分に制限をつけて他人の目を気にして自分らしい人生が何なのかすら分からずにここまで来たような気がしていました。ピュアリスペクトの内容を読んだ時、絶対に必要であると感じました、一方でエネルギーの領域に100%の信頼も置いて居ないのも事実でした。
▶ 家族関連の悩みがある方、特に同居家族との悩みがある方は一度受けられてみると良いと思います。私の場合は劇的な変化はありませんでしたが、日々の生活がしやすくなったように感じます。さりげない変化ですが、過ごしやすい生活になりストレスが軽減されたように思います。
▶ 辛く出口を探している人は是非受けて欲しいと思います。スピリチュアルは沢山の道があり、現実に反映するまでに時間がかかる道もあります。でも、このピュアリスペクトは即効性があります。遠回りをせずに楽に自分を取り戻すことができます。不思議なんですが、12月に入って、頑なだった兄から連絡が入りました。母が具合が良くないこともあるのですが、これまでは何があっても連絡が来たことはありませんでした。少しずつ現実が変わっています。有難うございます。
▶ ありのままの自分を大切にしたいと、自分のことを自然と認めてあげられるようになると思います。
▶ 自分のベースを取り戻す事ができる素晴らしいヒーリングです。オススメです!
▶ 自己否定してしまう人などには、自己肯定感が増し、自分自身にも優しくなれるのでおすすめです。
▶ ゆったりした自分でいいんだなと思いました。
▶ 本当はみんな自分の源と繋がれば素晴らしい自分が現れてくるけれど、子どもの頃に自分らしさを否定されたり抑えつけられることで、本当の自分で輝くことができなくなっています。その抑えつけられて、自分でも抑えつけてしまった自分らしく輝いて生きる自分を取り戻したい方にオススメです。
▶ 両親が厳しかった方、インナーチャイルドが傷ついている方、自分が理解されず、否定されることが、多かった方、イジメにあった方、アダルトチルドレンの方、苦労と困難の多い方~などなど、ぜひ、ぜひ、受けてください?どんな人にも、このヒーリングは、絶対受けてほしいっ!!めっちゃ、魂が、軽やかになり、楽に自由に自分らしくいれるように、なります。絶対お勧めします。
▶ 子どもながらに、たくさんの我慢をしてきた自分がとても健気で愛しく感じます。
▶ 自分を作り上げすぎてわからなくなっているということに気づきました。今回の施術をきっかけに、これからもっと本来もっている部分が出てくるような気がします。
▶ 娘(20代)娘は幼少のころから、この子は地球経験が少ないスターシードなのかなと感じることが多かったのですが、他と違っている雰囲気が学校でいじめの対象になってしまうことが多く、私と夫は普通に生きることを長いこと強制してしまいました。彼女にはかなり生きづらい思いをさせてしまったので、ピュアリスペクトを申し込ませて頂きました。まだ施術中の時間に、娘が私のそばにやってきて、(急にこんなことを改めて言うと変に聞こえるかもしれないけれど、ママ、いままで大事に育ててきてくれてありがとう)といきなり話しかけてきたので、ちょっと驚いてしまいました。娘は今、医療機関で働いていますが、毎日いろいろな親子と接するなかで深く思うことがあると言っていました。時々、特に母子関係が心配になるような親子を見かけることがあるそうです。あの家族大丈夫かなと、数か月間来院するたびに観察していると、子どもの心身が成長するとともに、お母さんの心も次第に成長するんだなと嬉しく感じることが多々あるそうです。(考えてみたら、子どもの病気を治したいと思って病院に連れてくること自体子どもを大事にしていることだし、どの親御さんも子供を愛している、愛そうとしているんだなって気づいたら、急にママに感謝したくなった)と娘から言われて、私はちょっと恥ずかしかったです。また、施術後から、娘がスターウォーズに興味を持ち始めました。娘は小さい頃から宇宙戦争をテーマにした映画やアニメなどが苦手で避けてきたのですが、今回完結編がちょうど上映されていることもあって、完結編を見るためには今までの映画を見ようとグーグルプレイで見始めました。(SF映画を見ていると、意識が大きくなって、地球での出来事が俯瞰して見えるから、地球でのこまごましたことが気にならなくていいね!)と楽しそうに視聴していました。また、年末年始、親族で集まることが多くなりますが、(私はもう親戚の集まりで良い子、良い人でいるのをやめようと思う)と宣言していました。
▶ 施術後翌朝、夫も娘もなんだかキラキラ輝いているのです!オーラか魂か何が輝いているのか私には詳しくわかりませんが、本来のあり様になると、人ってこんなに美しく輝くものなのだと感じました。そして、二人ともずっと笑顔を絶やさず、まとっているエネルギーが軽やかなのです。無垢な生まれたばかりの赤ちゃんのエネルギーに似たものがあって、あらためて二人のことが心から愛おしいと感じました。私と娘でスターウォーズの話で盛り上がっていると、夫も一緒に見たいと仲間入りしました。日本で初めてスターウォーズが公開されたとき、ちょうど高校受験生だったので、本当は興味があったけれど我慢していて、そのうちシリーズがどんどん続くから、もういいや、となって見る機会がなかったと言っていました。年末、夫の父親と夫、娘と私で会食をしました。90歳近くになっても元気で子ども(夫)や孫(娘)に自分の考えを押し付ける義父ですが、今回は二人の話を楽しそうに素直に聞いていました。皆、自然体で会話も弾み、楽しい会食となりました。誰か(夫と娘)が本来の輝きを取り戻すと周囲(義父と私)まで幸せが伝わってきて、周囲まで癒された気持ちになるのだなと感じました。ピュアリスペクトは親子で、できれば祖父母、両親、子どもと一緒に受けるととても効果的なのではと感じました。是非、私も受けてみたいと思いました。ピュアリスペクトのお陰で家族で楽しいお正月が過ごせそうです。
▶ 夫(50代)私の夫は大正時代の祖母(故人)からいつも礼儀正しく優等生であること(大人から見て良い子でいること)を、父親からは男はたくましく強くなくてはいけないことをたたきこまれて育ったように感じました。その影響がいまだに残っているような気がしていて、もっと自由になってほしいと思い、ピュアリスペクトを申し込ませて頂きました。施術後翌日、20年間鼻の下に生やしていた髭を思い切って剃っていました。急に気分を変えてみたくなったと言っていました。本人は手入れも楽になるし、さっぱりしたと喜んでいました。これは私の深読みかもしれませんが、今まで髭は彼にとって男性としての強さを見せる象徴だったのが、自分本来の表現を許したからこそ髭が必要なくなったのかなと感じました。また夫の洋服の買い物を一緒にしているときに、いつも通り黒や紺などの暗い色を選ぶのだろうなと思っていたら、珍しく明るい色を選んでいました。思いのほか明るい色が夫に似合っていました。彼は(ちょっと自分を変えたいと思った)と言っていましたが、私はきっと本来の自分が戻ってきたんだなと思いました。
▶ 私はエネルギー体感などがあまりないのでその点では具体的な感想がいえないのですが、施術前後でベストな気付きが連続で起こり、心を縛る罪悪感が軽減しました。気付きをしっかり感じて、泣けるならしっかり泣いて、気づいていなかった自分を理解することで楽になっていけるのだと思います。自分に必要だ、と思った方はぜひに、と思います。
▶ 尊厳の回復ワーク、私にとっては他者との対等・健全な関係性が得られるものでした。ありがとうございました。
▶ 私はピュアリスペクトを一回受けました。そして、自分の場合は好転反応が起きました。一旦、過去の調子の良くない状態に戻ったのですが、過去の自分を見つめる自分も同時に存在していました。辛い思いの再現の方に意識が傾くのですが、距離を置いて見つめる自分の視点は、労るような受け入れるような温かい感覚を持っていました。2020年に入り、脱皮していくような感じになり、楽になっていっています。私の場合は、変化がゆっくりなのかもしれませんが、自由と創造性に向かって心が開いている感覚がありますので、子供時代に出来てしまったブロックがあるという方は、ピュアリスペクトはとても良いと思います。
▶ 自分だけではない分からない変化もあるので、受けてみることをオススメします。
▶ 実は受けた後にこんな感情が湧きました。子育てが初めてだった親も、私を一生懸命育ててくれたんだと穏やかに感謝する自分がいました。さらに自分が両親へ影響を与えてきているのだ、とも思う自分がいます。自分を幸せにすることが出来るのは、自分です。どうぞ今を大事に生きてまいりましょう。
▶ 感情が楽になります。
▶ 子どもの時に否定されることって誰でもありがちなことだと思います。それが無意識にでも今に影響しているとしたら、さらに力を発揮できるようになっていいことだなぁと思います。
▶ 忘れていた何かを弔うことが出来たような気がします。しっかりと純粋でパワーに満ちあふれていた頃に繋がりたい方にオススメです。
▶ 私は良く相手の気持ちなのか自分の気持ちなのか分からなくなる体質、エンパスです。一言では難しいですが、ピュアリスペクトを受けてからは僅か数週間で楽にそんなの気にしなくなって来ました。子供の頃の自分の気持ち、尊厳をとりもどせたから気にならなくなったと思います。へぇ、そうなんダァと流せる様になって来た。例えどんな境遇でもどんな状況でも自分を信じてじぶんでいられる事が出来るからだと感じます。それすらに気がついていなくても無意識が尊厳を取り戻しだと記憶したのか癒された事で暗い闇の人生や心から解放されると思います。大袈裟では無く、何もかも諦めていたドン底の自分から、良い兆しが見えていても掴めない、それすら分からない時でも幾つになっても年齢を関係無く自分軸を土台を作り直し、人生やり直せる勇気が湧きます。自力も必要です。頑張らなくて全然良い、でも努力はどんな人でも必要です。それさえ自分で分かれば例え他力本願であっても効果は引き出せる。それすらも考えなくてもいいかもしれません。努力はこの地上で人間である以上最低限生きる上で自力で空気を吸う様な感覚に私は思います。自分では解決出来なかった、出来ないことを施術で癒して頂けるなら。本気で尊厳取り戻せます。チャンスを受け取って欲しい。きっと人生好転すると思います。
▶ そばにいる人の変化は自分自身ではないからわかりづらいこともありますが、確実に変化はしていますのでおすすめですよ。
▶ 1回目でもかなり効果を感じていましたが、2回受けると本当に凄かったです。本当に2回受けてみることができて良かったなと感じています。私にとっては、一番押し込めていた部分だったので、その分抑圧も抵抗もすごくあったのですが、越えることができて本当に良かったなと感じています。やっと自分の人生が始まったような、そんな安堵の中にいます。素晴らしい施術をしていただき、本当にありがとうございました。この効果を大切に生きます。
▶ 私は生まれた家庭がとても保守的で、生活するのが精一杯な経済状況といった環境だったので、小さい時から自分には力がない、私の家族も私の人生もこんなもんだろうと諦めることに慣れてしまっていました。小さい頃から望むことに上限を設けてしまい、そのまま大人になりました。でも今は何を望んでも大丈夫だと思えるし、自由で前向きな気持ちになっています。私には無限の可能性があるし、今後たくさんの新しい世界を見ることができると思うと楽しみで仕方ありません。
▶ 子どもの頃の自由な自分ワールドを思い出すような、何かがなくても、ウキウキただ存在を楽しんでいるような、そんな感覚になりました!自然と自分の尊厳を大切にできるようになれる感じで、楽しいです!
▶ 主人の方で施術を申し込みしました。(主人は両親との不仲があります。)主人はヒーリングなど目に見えないものに対してはあまり興味をもたないため、感想としては、特に体感はなかった、との事でした。ですが、施術後に受験生の娘に対して時として口うるさい主人ですが、生まれてきて育ってくれただけでも本当にすごい事で嬉しく思うしありがたい事なんだよ、だから何をして何を選んで生きてもいいんだよ、という様な事を語っていました。主人は2月に 自営業を廃業し、新たに仕事を探す立場になるのですが、好きだった仕事を辞めざるを得ない事と今の年齢からの 職探しに先のみえない不安を感じていましたが、気持ちの面で展望が見えたようで前向きな言葉もきけるようになりました。
▶ まさかと思うような、自分では想像も出来なった楽しみを見つける事が出来ました。新しい自分を発見するには、良いヒーリングだと思います。
▶ このヒーリングで、自分と向き合い、素直に自分を出せるようになりました。自己肯定感も上がったと思います。受ける前と比べて、気持ちが軽くなり、とても楽になりました。
▶ 自分に必要だと気付けたこと自体、ラッキーなことだったと思います。そして受けてスッキリ。良くなって嬉しいです!
▶ 自分自身で押さえつけていたものからの解放、自分回帰を望まれる方にお薦めします。
▶ 子どもの頃、あれはダメ、これはダメとこうしなさいと押し付けられ、考えや表現の幅が狭くなり、そこから限界や諦めが出来、傷ついたところがたくさんあったのですが、その部分で傷ついたところがすごく癒されました。親からの否定を受けられた方や押し付けられてきた方で純粋な部分の失った自分を取り戻して自信を持ちたい方、自由に生きたい方やもっと自分を開かれて生きたい方に是非受けて欲しいです。
▶ 理想の親像に執着して自分が辛くなってしまっている方におすすめと思います!
▶ 気づいたら、自然に自分を以前より肯定できたり、両親との関係からの深いものも和らいで、日常を穏やかに過ごせるようになり、人の関係も身構えず楽になっていっているので、施術を受けて、人それぞれの受け取りかたはあると思うのですが、生きること、日常が軽やかになるのでお薦めです。
▶ 自分の中の子どもを丸ごと解放できたように思います。
▶ 受けた後の自分に変化を感じています。自然になじんでいて、そこもすごい事だなぁと思います。
▶ 自己肯定感や自信を失っていた私でも、1度受けただけでも変化を感じられました。オススメのLOVINGです。
▶ このワークのご案内が出る直前、ずっとなんとなく機嫌が悪かったのです。鬱っぽい感じもあるけれどなんだか寝る前にぐずる子供のような感じでした。そして全てが嫌になり、シクシクと泣いて出てきた言葉が「みんな大嫌い」でした。本来の自分ではないなとわかったのですがどうしようもなくそんな時にこのワークの案内がブログにUPされたのでインナーチャイルドが訴えていることに気付きました。あやさんのご案内と自分の状況がリンクすることは非常に多いです。効果はとても早く、申し込んだ翌日には自分の中の子供はとても穏やかになっていました。悲鳴のような声を振り絞ってくれたことに感謝しました。とても小さな出来事があり、(私にはとても大きな事でした)父親との関係が修繕されました。両親との関係が悪かったという事はそんなにないのですがだからこそ自覚がなくて自分に我慢させてしまったところはあると思いました。仲の良い親子関係だったとしても何かしら我慢してきた事は誰しもあると思うので一度は受ける事をお勧めします。
▶ 自分も大人になり、当時の大人の事情がわかっても、自分が何に傷ついたかが分かり、癒されたつもりでも、それでも、その時の傷って、影響が残るのかも・・・。と思いました。今回、施術を受けて、余計なものが削がれてシンプルになったことでそう感じました。呼吸もしやすくなりました。みぞおち、胸まで息が入りやすくなりました。他にもあります。2回目の施術後の朝、仕事の急な予定変更が何度も続いたのですが、ただそのことに対処している自分に驚きました。これまでだったら、気持ちが揺れたりイライラしていたと思います。それが一切ありませんでした。淡々と物事ができるようになった、というのでしょうか。また、こちらも2回目の施術後ですが、新サイキックプロテクションを自分にかけるとき、ペットボトル大の自分がキラキラしている感じがしました。2回目の施術はすごかったです。「背中にカイロ貼っていたっけ?」と思うくらい、ぽかぽか温かかったです。そして、1回目よりも更に、胸まで息が入りやすくなりました。12月19日夕方のピュアリスペクトの案内文を読んだときは、思わず涙が出てしまいました。申し込んで本当によかったです。
▶ 自分の世界にあったけど見えていなかった愛がたくさん見えるようになりました。そして、自分のことも大好きだと自信をもって言えるようになりました。見える世界が感じられる世界が変わりますよ。祖父と母は弟がかわいい。祖母は世間体が大事。父には逆らえない。私は愛さない。私は価値がない。という思い込みを何とかしようと色々試してきましたが、なかなか根っこが取れませんでした。ピュアリスペクトを受けて、家族が私に注いでくれていた愛に気づく瞬間が何度もありました。私は愛されていたんだ。と気づく度に心が穏やかになっていっています。1回だけでもすごく変化を感じましたが、2回目受けた後はよりいっそう今までもらっていた愛に気づけて、自分に自信が持てました。45年目にして、初めての感覚!自分のことが大好きになりました。ありがとうございました。
▶ 自分が忘れていた自分自身に還っていけるLOVINGだと思います。お勧めです。
▶ より自由になった気がしています。自分の考えや気持ちを、誰に評価されることも関係なく気にすることがなく、当たり前のように話したり表現することができる気持ち良さ!是非、味わってほしいと思います^^
▶ ピュアリスペクトの施術を受けてから、自分に対して、静かな尊厳と優しい気持ち、更に、自身のオリジナリティなども感じられるようになりました。仕事や何かの企画でも、いろいろなアイデアがどんどん浮かんできたり、物事を、無邪気な子どものように楽しんでいる自分を感じています。ピュアリスペクトで、自分の尊厳を取り戻すことは、ありのままの自分をより深く愛すること、また、自分のオリジナリティや創造性を、世界に対して発信することに繋がると思います。
▶ 本当の自分に会いたい方は是非受けていただけたらと思います。
▶ 受けてみたい、と思われたら受けてみると良いと思います。起こる現象が良いこととは限りませんが、前に進めると思います。
▶ 自分はこのような施術を受けた経験がほとんどなく、また、施術を受けてから日が浅いので、超オススメですよ~的コメントは差し控えたいと思いますが、自分としては、施術を受けた後に、良い方への変化がしっかりと感じられたことは事実です。
▶ 受けようかどうか迷っていたら、断然受けることをオススメしたいと思います。効果の感じ方は人それぞれと思いますが、魂の向かいたい方向に行きやすくしてくれるようなエネルギーの変化を感じられました。
▶ ニュートラルな自分を受け止められるようになります。
▶ 子供のころから、「しっかりしてるね。大人しいね。落ち着いてるね」などと、大人っぽい在り方を期待され受け入れてきたように思います。大人になってますます磨きがかかり、ガチガチに凝り固まっていた「ザ・大人」の思考が、気づかないうちに自分をがんじがらめにしていたのかもしれません。そう気づかせてくれたのが、ピュアリスペクトです。ふっと気持ちが解れて軽くなるような感覚。。とてもおすすめです!
▶ 今回はアンケートを書くにあたり、結構悩みました。尊厳ってなんだろう?受ける前と受けた後で何が違うんだろう?と見つけるのに時間がかかりました。でも、それくらい本当は人間が生きていく上での基礎の基礎、土台だから隠れてて見つけにくいんじゃないかなと思いました。なので、私には必要ないかなぁ。。。という感じならば、ぜひ受けていただきたいです。「あ、私は私で大丈夫なんだ。」と思えるかもしれません。

ご感想枠2下ブルー

*以上の文章の著作権は、Freedom Destinyに帰属します。こちらの内容を一部引用でも転載する場合は、必ずFreedom DestinyのHPリンクを貼り、引用部分、引用元を明記してください。
PAGETOP