【Freedom Destiny】Noble Alexandrite ノーブルアレキサンドライト講習

  • HOME »
  • 【Freedom Destiny】Noble Alexandrite ノーブルアレキサンドライト講習

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019LOVING文字
 

昨今の世界的な状況下の中

 

社会的信用を失ったと感じるような現象や
社会的貢献が減少したと
感じるような出来事を体験する方が
非常に増えています。

 

例えば、給与が減った、解雇になった
仕事が減ったというのはもちろんのこと

 

元々、対面でないと
発揮できないような仕事であるために
現在役に立てることができない、愛を打ち出す場所が無い

 

自分を発揮出来ないという悩みを抱えている場合や
自分を発揮するための取り組みにも
限定した形でないと着手することが出来ないでいます。

 

また、人との触れ合いの欠如や社会との断絶が起こっています。

 

人と人とが触れ合い、
コミュニケーションすることができていたところから
一定の距離を保たないとならなかったり

 

非常に一部の人としか触れ合うことができなかったり
ビニール越しにしか、人と接することが出来ないという
非常に尋常じゃない状況下ですから

今はこういう時期なんだと
一生懸命、心の奥底で納得して
前向きに生きようとしていたとしても

 

触れ合うことが出来ない現在の社会
社会や人と人との断絶に対しての絶望を
誰もが心の奥底で感じています。

 

そうした社会や人間に対する断絶の癒しと
愛を発揮することが叶わない状況においても
その人自身が、愛そのものであることには変わらない。

 

ノーブル アレキサンドライトは
今は光ることが出来なくとも

 

変わらず、あなたは光である
今は触れ合うことが出来なくても

 

変わらず、あなたは愛である
ということを覚醒します。

 

人は触れ合う愛の中で
生きがいを見出す生き物です。

 

さり気ない日常の中に
とても小さな、
それでいてとても大切な触れ合いが
幾つも散りばめられていて

 

わたしたちが知らず知らずの間に
その触れ合いが、わたしたちを生かしているのです。

 

人間の触れ合いには特別な意味があります。

 

人間は『自分』という認識を持ち
分離的感覚を持つ宇宙の中でも
大変レアで変わった存在なのですが

 

言い換えるならば、生きている人間以外は
皆、すべてと一体化している自己しか
感じられないということなのです。

 

人間は、三つの要素の
コラボレーションから成り立っています。
魂、スピリット、肉体。この三つです。

 

人は死ぬとスピリットのみとなり
ワンネスの感覚になります。

 

地球上の全体の人間意識は
ワンネスの状態と分離の状態を繰り返していますが
自分という存在がある、分離意識の状態の時に
もっとも他者という存在がいることを感じられます。

 

他者という存在がいる分離意識自体が
あらゆる諸問題を起こしているのも事実ですが
同時に、自分以外の存在がいるという
圧倒的な癒しにもなっていて

 

触れ合う愛というのは
その最高潮の極みであり
分離意識と肉体という物質を持つ
人間だからこそ味わえる体験なのです。

 

ところが、こうした最中
昨今の世界的な状況下の中
人との触れ合いの欠如や
社会との断絶が起こっています。

 

人と人とが触れ合い
コミュニケーションが
できていたところから
一定の距離を保たないとならなかったり
非常に一部の人としか触れ合うことができなかったり
ビニール越しにしか、人と接することが出来ないという
非常に尋常じゃない状況下にいます。

 

今はこういう時期なんだと
一生懸命、心の奥底で納得して
前向きに生きようとしていたとしても
触れ合うことが出来ない現在の社会
社会や人と人との断絶に対しての絶望を
誰もが心の奥底で感じています。

 

『目の前の、この人から、病気が移らないだろうか』

 

見ず知らずの人に対して
今までは、考えもしなかった
伝染への恐れがよぎり

 

人間は愛し合い
触れ合うものではなく
人間から予防するもので
自然と身構えてしまうことが
人々の意識に
自然と起こってしまっています。

 

触れ合いという
人間ならではの大きな目的の遮断によって
人間意識の根底の部分が
深く傷ついてしまっています。

 

こういう状況だから、仕方ない。
こういう時代だから、仕方ない。
みんなが我慢しているのだから、仕方ない。

 

そうして、頭で納得させていたとしても
触れ合い自体が、人間の共通の
根源的目的と根本的な願いですから

 

それが絶たれている世の中に
自然と絶望しているのです。

 

絶望は、自分自身で自覚できるものと
自分自身で自覚できずに
深い部分で静かに絶望している場合があります。

 

今回の場合は、多くの人々が
無自覚で静かに絶望する形で
発生することが予測されます。

 

ノーブルアレキサンドライトは
人間という存在形態における
根源的目的と根本的な願いが
断絶されていることに対して

スピリットの癒しと覚醒、
どんな状況下においても
変わらぬ愛である自己の覚醒を行うLOVINGです。

 

スピリットの癒しと覚醒は
アセンションでも大変重要な要素です。

 

よって、スピリットの目覚めが
アセンションしていきたい人にとって
非常に重要になっていきます。

 

人間である自分を受け止められたり
人間であるゆえの痛みを癒していき
人間としての喜びや幸せを諦めずに実現していくことで
スピリットの覚醒が起こり
純粋な愛の状態になっていきます。

 

今回の件だけでなく
触れ合うことが出来なかった過去の痛みや
自分だけが触れ合うことが出来ず孤独を感じている方
触れ合う喜びを充分に感じることが出来ていない方などにも

人間の根本的目的と願いを叶えることの許可を入れていますので
この先の人生においての触れ合いを高めていきます。

 

また、社会との関わり、
社会的信用や社会的役割
自らの愛を発揮することが
急に出来なくなった方などにも
非常に有効なLOVINGとなっています。

 

触れ合えないことへの悲しみと絶望が
深く深く癒されますように。

~ LOVING体験者の声 ~

ノーブルアレキサンドライトのLOVING施術を
実際に受けられた方々から頂いた生の声です。
ご感想アンケートを元に集計しました。
多くの方々が効果を実感されています。


・スピリットの癒しと覚醒を促していきます
・触れ合えないことへの絶望と悲しみを癒していきます
・分離の時代を生きてきたことへの癒しを促していきます
・触れ合うことが出来ない孤独を癒していきます
・触れ合いと愛を求めている自己に許可を起こしていきます
・存在自体への自己肯定感が増します
・人間という自分に対しての自己価値が上がります
・人生においての愛と触れ合いの領域を広げていきます
・人間であることを受け止められるようになります
・人間ならではの素晴らしさに気付きが起こります
・純粋な愛の覚醒を促していきます
・人間という存在自体に対しての劣等感を解消します
・社会的信用を得ることの恐れが減少します
・社会的信用を失ったことへの癒しが起こります


・輪廻を終えてアセンションしていかれたい方
・スピリットの覚醒に取り組まれたい方
・人間の愛の新境地に向かわれたい方
・人間であることの自己受容を増したい方
・触れ合いの断絶を癒したい方
・孤独を感じていたり、深い孤独を人生で体験した方
・自分をもっと信頼したい方
・自己肯定感を上げたい方
・自分の価値を見出したい方
・社会的な自分の立ち位置に誇りが持てない方
・社会的信用を得たい方

 

ノーブルアレキサンドライト2020講習

ノーブルアレキサンドライトの施術を
ご本人と二親等の家族に対して施術ができるようになる講習です
(プロとして第三者に提供をされたい方は、
別途LOVINGプロヒーラー講習、
またはアセンションライトワーカー覚醒プログラムの受講が必要です)

 

   ~ ノーブルアレキサンドライト2020講習の概要 ~

 

1.ノーブルアレキサンドライト施術
(施術者の方が、ご自身で出来るようになる部分です)

ノーブルアレキサンドライトの施術がご自身で出来るようになります。
施術は無制限に幾らでも、ご自身と二親等のご家族に行っていただくことができます。

 

エネルギーを取り扱ったことがない方でも
事前に必須講習である、ラブプロテクション講習をお受けになられてから、他の講習を受ける流れになりますので、確実にエネルギーを取り扱えるようになります。

 

すべての受講者が、確実にノーブルアレキサンドライトのエネルギーが取り扱えるように、ノーブルアレキサンドライトを伝授して、取り扱い方を指導しますので施術できるかどうかの不安は無用です。

 

*講 習 代 金 132,000円
*事前LOVING開発準備ワーク 4日間
*講 習 時 間 90分(人数によっては時間が多少伸びることがあります)
*受 講 資 格 ラブプロテクション講習★2020年5月からは、遠隔Zoomでの開催となっております。

 

【 銀行振込をご希望の方 】

【 クレジットカード支払いをご希望の方 】


ご感想
ご感想枠2上ブルー

1.社会との関わりの断絶についての質問です。ノーブルアレキサンドライトの施術を受けると、社会との断絶の癒しが起こります。昨今の世界的な状況の中で、人や社会との断絶による絶望や悲しみは、ノーブルアレキサンドライトを受ける前と後ではどのように変化しましたか?

▶一緒に施術を受けた義母のことです。物盗られ妄想があります。自分の部屋の戸を閉め切っています。匂いも酷いですし、寝具を夏用に交換して、洗濯や掃除を久しぶりにしました。それ以降天気の良い日は部屋の戸を開けて風を通す様にしております。以前ほど抵抗感を示さなくなっているので良かったです。
▶どこに居ても居心地の悪さだったり、居場所の無さのようなものを感じていました。それが、今はここに居てもいいのかな。と、あらゆる場面で思えるようになり意識が変化しています。
▶社会との関わりについて、受ける前までは元々がいろんな課題がごちゃ混ぜにあり、断絶しているのが当たり前過ぎて気にもならない感じでした。受けた後は、心の奥に暖かさが蘇ってきたような感じになりました。深い悲しみが癒されたのかなと思いました。
▶昨年からあやさんのワークを受けてきたおかげで、コロナ騒動に対しては影響を受けずに日々を過ごせています。ですが、ノーブルアレキサンドライトの詳細の案内メールを読んだとき、自分が親に甘えることを、ある時点であきらめ絶望していることに気づきました。
▶違う惑星に来ちゃったような絶望感がありましたが、確かに繋がっている、繋がりに形はないと体感出来て逆に軽やかになりました。
▶まだ、絶望を感じる時がありますが、以前より減少しました。
▶お店に行く度に、購入時、待つときの間隔を空けて待つこと、透明なシートによる、お店のスタッフとの距離、お釣りを渡すとき、トレーにのせて直接手に触れないように対応されること、感染防止のためにしていることだと、頭では理解しているけれど、ずっと違和感を感じていたけれど、施術の後、気にならなくなりました。
▶在宅勤務が長引く中、子どもと過ごす時間が増えて、これはこれで貴重な時間だと思う一方、社会から孤立している寂しさが拭えなかったが、そのような気持ちがなくなっていった。
▶私、とても食が細くて一人前を食べられることが少ないのです。それで、ずっと人と食事に行くのが苦手だったのです。折角食べに連れて行ってもらってるのに盛大に残したりして相手に嫌な思いをさせてしまったり、ごちそうしてもらってなくても食べ物を残すことに不快感を感じる人が結構いて、不快な思いをさせたりして。最近も一緒に昼食を食べに行っている人に不快感を与えていたのは知っていたのですが無理に食べるのが嫌で、肩身の狭い思いを続けていたんです。ワークを受けた後、その人と二人でご飯に行った際に、自分の食べ方について不快感を感じさせている事は理解しているし、今までも色んな人を不快にさせた経験がある事、でも努力ではどうしようもない事を普通に話すことが出来て、わだかまりが解けた感じがありました。思えば私は他人とは分かり合えないと思っているフシがありありで、他人と自分の事について話し合うというのがすごく苦手だったのが、克服できているように思います!嬉しいです。
▶もともとそれなりに一人でいることも好きなので、自分が孤独を感じていたことに気づいていなかったが、気づくことができ癒された。
▶絶望感は少し和らいだ感じはします。

2.人間という存在形態についての質問です。ノーブルアレキサンドライトはスピリットの癒しと覚醒を促します。人間は、魂、スピリット、肉体の三つの要素から成り立っています。人間として分離の世界を生きていること、スピリットとしての自分についての感覚は、施術を受ける前と後ではどのように変化しましたか?

▶与えられた命だから、最後まで、全うするべきだと、少し感じでいます。
▶どこまでが人間としての自分で、どこまでがスピリットなのかということが、もともと分かりませんが、内側から溢れる愛が増して、覚醒が促された感じがあります。
▶スピリット、という事をあまり気にして生きてきておりませんでしたが、会社の周りの人と和やかになってきています。スピリットが癒された分、そうなってきているのかなと思いました。触れ合いを許せるようになったんですね。
▶色々と疲れてきていたが、ドラマなどで描かれる青春時代の輝きなどを見て、こういうことを体験しに来ているんだなと、人間としての日々もいとおしいものだと思えるようになった。
▶人間として、この世界に身体を持って生きていることへの感謝の気持ち、愛し愛されることの喜び、自分を大切にしようという気持ちを、しっかり感じられるようになりました。
▶自分の中にある愛をより感じられるようになりました。
▶今ここにいる。ただ存在している。今生きられてる強運を強く感じると共に、家族友人はもちろんですが、今だから出会える方々のとても重要な導きでスピリットの目覚めを強烈に感じています。
▶このところ見る夢のことなのですが、登場人物がいつも大勢で、そして昔の友達や、好きだった男の子たちがよく出てきます。ふと、「なにかが私を喜ばせようとしてくれているのかな」と思いました。(孤独を感じている自分を癒そうとしてくれている、という感覚です。)
▶人間として分離の世界を生きる事は、辛い事や苦しい事が多くて大変だと感じていました。受けた後は、今までの大変だったいろんな出来事も、人間だから経験できるんだよなぁと俯瞰したような感覚に変化したように感じます。愛し合うってどんな感じなんだろうとか、触れ合う喜びってどんなんだろうとか、そっちの方に向かう意識が増えてきたように感じます。
▶人間として存在していることが長い間苦しく、なんで私は生まれてきたのだろう。という問いが常にあり、まだ問続けています。
人間だからできる体験をしに来たとしたら、自分自身をまず受け入れられるようになりたいことと、人と心通わせ愛し合いたいことなどが思い浮かび、生活のために必死で働くことや経済活動に対してエネルギーを注ぐことなどに対する興味関心が現在非常に薄れてしまいました。人間は誰かや何かを愛しながら存在しているだけで生きていてはいけないのだろうか。と、自分の人間としての存在形態についての在り方をもう一度問い直そうとしています。自分じゃないものになろうと、ずっと無理してきたのかな、と感じています。そう思えるようになっていることが、スピリットとしての自分をより大切に生きようと意識が変化しているんだなと感じています。
▶魂やスピリットがまだよくわからないので的外れかもしれません。3~4年前から空腹感が異常な感じになっておりました。特に去年から空腹感=飢餓感というか精神的な不快感が強くありました。この間に体重が6~7㎏増えました。最近は、空腹感を覚えてもただ単にお腹が空いたことの知らせと捉えられるようになりました。体重の増加が止まると嬉しいです。

3.触れ合うことのできなかった過去の痛みについての質問です。ノーブルアレキサンドライトは過去に起こった断絶の癒しを起こします。触れ合うことが出来なかった過去の孤独や痛みは、施術を受ける前と後ではどのように変化しましたか?

▶過去の出来事から胸部に頑固に圧縮されて溜め込まれていた、かなりの量の寂しさや傷ついた気持ちなどに、大きな癒しや解放が起きて体から出て行きました。
▶一緒に施術を受けた義母のことです。義母はお酒ばかりで「自分は甘いものや果物は食べない」と長年言っておりました。嫌いではなさそうなのに、なぜそう言うのかは、わかりません。私は普通に家事の休憩でお茶の時間をとりたいけど、同居以降我慢しておりました。我慢の限界に気付いたので、正直に家事に疲れた時はお茶をしたいと義母に言うと「我慢することはない」と言われました。我慢比べのような生活は止めたいと思います。
▶触れ合うことへの切望と、触れ合うことへの絶望と諦めが入り混じって生きていました。コロナ流行が始まる前、孤独と痛みの世界で生きていました。コロナ時代の断絶の現在、他者との関係の中できなくなった触れ合いは日常の中数多くありました。それも痛みのように感じていたのですが、ノーブルアレキサンドライトを受けたあと感じるのは、できるようになった触れ合いも日常の中数多くあるということでした。それは対社会的ではなく、ごく身近な親しい関係の中で起こり、より一層自分自身に安心を与えてくれるものでした。この触れ合いによって、自分にとって必要な触れ合いのできる人間関係を改めて再認識することができました。自分が求めている触れ合いについて、もっと意識を向け追求してもいいんだと思えるようになり、孤独感や痛みは随分と癒されています。
▶子供の頃、楽しそうな女の子のグループに入れて欲しくて声を掛けたけど、入れてくれなかった事を思い出していました。あの時は悲しかったし傷ついていたよなぁと思っていましたが、ふと我に気がつくというか、人間としての初期設定があんなに酷い設定だったんだからしょうがないよなぁという感じで、ただの過去の出来事に変化したように感じます。深い孤独や傷が癒されたように感じます。
▶グッとこらえてきてしまった気持ちを口に出すのは苦手ですが、(ほんとうは苦しいけれど、どう声にしたらいいのかわからなくなってしまっている状態です。)ふと、まずは心の中で叫んでみよう、と思いました。「助けてください。困っています。」と心で繰り返してみたところ、その日、畑でばったり出会った貸主さんが、「一服しようよ」とお茶を持ってきて声を掛けて下さり、知り合ってからこれまでで一番長くおしゃべりしました。そして、その日午後は、横になっていると(体調が優れなかったのですが、よくあることなので子供にはそう告げずに)、高校生の子供が(なにかスマホをしながらですが)ずっと寄り添ってとなりにいました。
▶過去に作り出された深い闇や諦めの重い紺色なエネルギーが、藤色の優しいエネルギーに変わりました。自然体で触れ合いたい繋がりたいと愛がこみ上げてきます。
▶孤独や過去の痛みが癒された感じがします。触れ合いを大切にしていきたいと思うようになりました。
▶幼少時、家族や親戚からは、くっつき虫というニックネームが付くほど、人や動物に触れあうことが好きでした。誰かがいないと寂しい、孤独を強く感じていた頃があったことを思い出しました。実際にくっついていなくても、愛されていたんだ、愛はずっとあったと気づくことができました。実際に施術を受けてから、新しい人たちとの繋がりが、これでもかというくらい、急に増えてきました。
▶子どもの頃毎年イベントに祖母をよんでいたのに、ある年から孫である私達が大きくなったからと、母がよばなくなり、思い出すと悲しくずっと心残りだった。しかし大分淡々と思い出せるようになった。
▶自分にとって、孤独は自分のトレードマークのような感じでした。でもそれは過去の記憶がそうさせているだけで、過去にこだわっていた自分に気づきました。また、この苦しい記憶があったからこそ、自分の進化を願い、精進して、「自分、頑張った、偉い!」と思える自分が存在しています。カルマが豊かであると心から理解出来て幸せです。勿論、人間関係も好転しておりますよ!和やかなふれあいってとても心地よいです。ありがとうございます。
▶過去の出来事から感じていた孤独が癒され、愛で満たされた。本当は触れ合いを高めたいんだな、でも やっぱり一人でいることも好きだし、自分のところに人がドバっときたらどうしよう?だとか、自分のペースが侵される感じを感じてしまい、積極的に高めようとは思えないのが悲しいんだなとは思えました。その悲しいと感じられるところが、変わったところだと思います。
▶みんな誰もが、愛を中心にして生きていると思い出した気がします。

4.社会的信用についての質問です。ノーブルアレキサンドライトは自己肯定感を上げて自分の価値を見出します。社会的信用や社会的役割が変化して行く中で、社会的信用を失うことへの恐れや、ご自身の愛を発揮することについてどのような変化がありましたか?

▶自分自身が中心になった感じが少し強まったように感じます。
▶社会的な自分の価値を感じられるようになったし、自分の仕事や活動に自信を持てるようになった。
▶孤独とは他人に対する不信感をとても持っている状態だとも思えます。そこをぬぐってもらえたので、自己肯定感が高まりました。社会に対する不信感が減ると、自分から自分の考えを発信するという事に対する恐れは減るのだろうなと予想してます。2回目の施術がとても楽しみです。
▶仕事については他者の評価を気にする性格だが、安心して自然体で対応することが増えてきたと思う。
▶緊急事態宣言により、勤めているお店は、営業自粛しました。すでに自己肯定感はあって、仕事、活動に自信もあったけれども、4月5月と仕事は休みになり、外出を自粛して日を重ねているうちに、それが弱まっていることに気づきました。施術後に、いつの間にか弱まってしまっていた自己肯定感、存在価値を取り戻すことができました。
▶自分に出来ることがあれば、どんどんやっていきたいと思うようになりました。
▶このご時世で仕事が出来ない状況に陥り、どれほど社会的信用にばかり依存し、大切な役割を軽んじていたかがわかりました。私の分野で本当に伝えないといけないこと、本当に社会に役立つこと、ぼやかして承認されることへの迎合へ別れを告げ、愛をもって本心で処していこうと覚悟が出来ました。
▶自分のダメと思える性質を、「そういう特徴があるだけで、ダメなわけではない。『いい』も『悪い』もない」とジャッジなくシンプルに思えました。それをどう折り合いをつけ、気持ちを切り替えるかが大事では?と思いました。
▶仕事をしている時に、人にどう思われようと自分の言い分をしっかりと話す事が大事なんだ!という、今までにない感じになって驚いています。何であんなに人目を気にしていたんだろう?とか。人目が気にならなくなりました。これが自分を奪還したということでしょうか。しっかり最後までやり遂げる事が出来ました。気負っているわけではなく、淡々とした感じです。いろんな事が一度に出てきたんですが、不思議と出来る気がしてました。周りの人も何故か?とても協力的でした。良い意味でどっしりとした感じで、取り戻した感があります。
▶「世の中の役に立っていない。」コロナの流行が始まるもっともっと以前、幼少期から感じていたことでした。コロナ前、何とか世の中の役に立ちたいと、自力でもがいていました。コロナが流行りだし、仕事の上ではさらに自信が無くなり、求められていることに応えられていない自分のことを役立たずとしか思えなくなりました。ノーブルアレキサンドライトを受けてから、不器用なりにも自分にはその方たちに対する愛は確かにあって、それだけは信じても大丈夫だと思えるようになりました。
▶同居家族はお酒好きで食事もお酒中心に食べています。とにかく味へのこだわりが強く、気に入らないと拒絶しがちです。朝食の味噌汁は、去年の定年退職以降、夫が作っておりました。「味が味が…」ばかり言っておりました。しかし不衛生な調理器具を平然と使うことを改めないので、私と交代しました。初めの頃は味のことを言われましたが、最近は言われなくなりました。
▶自分を表現するときに、他人からの評価を気に病む度合いが以前より軽減して、意欲が出ています。とはいえ、元々最近だんだんとそうなってきているところで受けているので、このワークの効果でよりそうなったのかわからないのですけれど。

5.ノーブルアレキサンドライトを受けようとご検討している方に向けて、一言メッセージをお願い致します。

▶本日、新しいご縁がさらに繋がっていきました。コロナの影響で、お休みしていた仕事を、2ヶ月ぶりに営業を再開したとき、待ってくださっていたお客様がたくさんいることも知り、仕事がある喜びを何倍も大きく感じました。この喜びを、自分の持てるすべての経験とスキルをフル活用して、社会貢献に励みます。
▶私は過去の断絶のトラウマに関して大幅な癒しが起きたので、そうした心身の痛みのある方にとてもおすすめです。
▶LOVINGを受けるとよくあることなのですが、自分にとって当たり前になっていたことを、施術後に偏っていたり歪んでいた事として認識できて、良い方向性が生まれます。気づきの中での自分の選択も大事なところだと思います。
▶私は世の中の役に立てておらず、存在している価値がない。という苦しみから抜け出したくて、この施術を受けることを決めました。受けた後、その自分の存在意義は他人評価の世界観であり、誰かの期待や希望に応えたいという思いの元これまでを歩んで来たとすると、これからは誰かの期待や希望ではなく、本当の自分自身の望みを選び取り、誰かのためでなく、自分の幸せを追い求めてもいいのかもしれないと思えるようになりました。いつまで経っても自分に自信が持てないのは、他人評価をいくら得たとしても自分でそう思えてないから一向に満たされることが無かったのかもしれないと感じています。自分を発揮して生きるということがまだできていないし、どうしたらできるようになるのか、まだ未知ではありますが、きっとそんな生き方ができるようになると思えるようになっています。コロナが流行し価値観の変化する今、自分の在り方の問い直しが起こっているすべての方にオススメだと感じるLOVINGです。また苦しみが楽になっています。いつもありがとうございます。
▶不平等設定が解放されたように感じました。根拠のない自分への信頼感が、やっと戻って来たんだ!という感じです。受けるかどうか迷っていましたが、スタッフの方のブログを読んで、これは!と思い受けました。剥がれた感よりも取り戻した感の方が大きいです。ありがとうございました。
▶自分のなかに、あきらめて絶望していることがある、と気づき、その気持ちを癒したい、と今回のワークを受けました。2回目のワークも楽しみです。ありがとうございました!
▶傷つくとは、痛いから分かると思っていました。でも、傷つかないように身構える消耗の方がずっと自分を痛めていた。自覚する事で深い癒しが染み渡り、治癒してゆきます。あっという間に。なんだか分からないけどモヤモヤ重いという方オススメします!ありがとうございました♡
▶この時期、どなたにもオススメです。
▶私は大丈夫。いつもと変わらず元気です。と、思っていても、気づかないうちに、気力、体力、エネルギーが消耗されていることもあります。社会から離れていると感じられる方、人に触れあえないことの寂しさ、孤独感を感じられる方には、おすすめです。
▶それほど必要ないかなと思っていたが、受けると思った以上に必要としていたのだと気付きます。
▶スピリットの癒し、と言われると理解しにくいと思いますが、ただただ心が軽くなり、周りに人と上手くやっていけるようになるワークだと思います。それだけ傷ついていたものが癒されたのだと思います。癒されると他人の愛(組織のために一生懸命やっている人など)にも気付けるようになり、視野も広がります。お勧めします!
▶こんなにも変われるものなのだ!と思いました。愛をもって、自信をもって社会的活動をやっていけそうなので、とても満足しています。
▶自分自身を大切にするきっかけの1つになると思います。

ご感想枠2下ブルー

*以上の文章の著作権は、Freedom Destinyに帰属します。こちらの内容を一部引用でも転載する場合は、必ずFreedom DestinyのHPリンクを貼り、引用部分、引用元を明記してください。
PAGETOP